六本木オフィスに引っ越してきました!

インフラ部隊も大手町オフィスから六本木に引っ越してきました。
#残っているチームもいます♪

移動してまだ数日ですが、六本木オフィスは新しくて気持ちがわくわくします。
駅直結のビルなので、通勤時に雨に濡れることがなくなりましたし、
窓が大きく光が入るのでとても過ごしやすいです。

窓の外には、東京タワーやレインボーブリッジという景色が広がっています。
大手町ではすぐそこに見えていたスカイツリーは少し遠くなってしまいました。

 

#窓ガラスが緑色なので青みがかった写真ですみません。

入り口にたくさんのお花が飾られているのですが、そのなかに気になるお花がありました。

お花の中に手作りのチーノ君がいます!!

可愛らしいお花とチーノ君に胸キュンです。
席の近くにお花を移動させてもらいました。うれしい。

作業スペースは仕切りがなくフラットな作りになっています。

机の大きさは大手町オフィスよりも若干大きくなりました。
机の仕様上、4Kモニタにアームが付けられなくなってしまったのは、残念。

フロアのあちこちにフリースペースが用意されており、ミーティングやランチ時に利用できます。

 

一人掛けのスペースもあるので、作業に集中したいときはここに籠ることも可能!

 

今週の金曜日にはJANOG39.5ミーティングをフリースペースで行います。
ストリーミング配信のお手伝いをすることになったので、こちらも今から楽しみです。

 

参加人数を増やしたようですので、ご興味のある方はぜひ足をお運びください!

最後に、DMM.comラボエンジニアブログで紹介されましたが、オライリー全巻が六本木オフィスに導入されました(パチパチ
エンジニアからの要望が多かったので導入されてうれしい!
オフィスもきれいになって働きやすい環境が整うとありがたい限りです。

予備のスタッフパーカーを社内のメンバーにプレゼントした話

早いもので3月になりました。
スギ花粉が飛び始めた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

1月に開催したJANOG39ミーティングで作成したスタッフパーカーを社内にプレゼントしました。

はじめに

何かあった時のためにと作っておいた予備のスタッフパーカーを、社内のメンバーにプレゼントしよう~♪

と、お気軽に社内のSlackで募集をかけました。

 

募集から3分で100件を超える応募

今回プレゼントに出したのはこちらの2種類のパーカー。

 

JANOG39のスタッフパーカーとツチノコNOCのパーカーです。
それぞれLが4枚と、ツチノコNOCのみXLが1枚の計9枚。

Let’s抽選からの勝者の笑顔

http://sifue.hatenablog.com/entry/2015/09/24/163030

こちらのページを参考にさせていただき、抽選を行いました。
厳選なる抽選の結果、この9名が当選しました!(モザイクですみません。)

 

 

パーカーをラッピングして、箱詰めして、発送ー!

同じ事業所内に当選者がいたので手渡ししました!

当選した皆さんたくさん着てくださいねー♪

酉の日なのでUTPケーブルで熊手を作ってみた

今日はポッキーの日ですが、酉の市の日でもあります。

酉の市
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%89%E3%81%AE%E5%B8%82

今年の酉の市は11月11日と23日、深夜0時から24時間続きます。

昨晩新宿の花園神社に行ってきました。
沢山の提灯が吊られ、縁起物である熊手が沢山売られていました。

img_4364

小さいのを1つ買ってみましたが、自分でも作ってみたくなりますよね。

img_4368

ということで、みんなの手元にあるUTPケーブルを使って熊手を自作してみます。

素材、道具

  • UTPケーブル
  • ニッパー
  • ケーブルストリッパー
  • 細径電動ドリル

img_4373

ケーブルを剥く

ケーブルストリッパーで 被膜を剥きます。

img_4374

img_4376

被膜を加工

開いて、ドリルで穴を開けていきます。
安全のためダンボール箱に養生テープで固定しつつ作業をしています。

img_4382

img_4383

ケーブルを整形

より線をほどいて、まっすぐにして、いつもの順番に揃えます。

img_4386

img_4389

パーツを組み合わせて整形

被覆の穴にケーブルを通して整形します。

img_4391

img_4393

飾って完成

とりあえずディスプレイに貼ってみました。

img_4395

 

30分ほどで作れます。

みなさんも作ってみてはいかがでしょうか?

もの作りは楽しいです。

DMM.make AKIBA も今日で2周年です。

ICTSC6で数学の話をしてきた

8月末に大阪で行なわれた、第6回ICT トラブルシューティングコンテストに今回もお邪魔してきました。

ICTSC – ICTトラブルシューティングコンテスト
http://icttoracon.net/

2日間の戦いの後は、運営側の採点が行なわれるのですが、その採点時間の間、参加者の学生達にイイ話をして場を繋がなければいけません。
学生も大変ですが、大人も意外と大変です。
前回のICTSC5のときは、大人っぽくお金の話をしたのですが、2回続けてお金の話はヤらしいよなあ、と思って数学の話をしてみましたよ。

発表前に、数学好きな人ー?、と聴衆の学生さんに聞いたところ、挙手は皆無。
お金の話のほうが聞きたかった人ー?、と聞いたら、挙手がちらほら。
ありゃあ、はずしちゃったかあ、と思ったけど、発表後に、数学を勉強してみたいと思った人ー?、にちらほらと手が挙がったので、まあ喋って良かったかのなあ。
でも最近の若者は気を使ってくれるんだよねえ。ありがとう。
前回のICTSC5のときに喋った資料もついでに吊っておきます。出すのを忘れてました。

DEC 21140 (tulip.c)のおもいで

注意: 読んでも時間の無駄、思い出話です。35歳未満の方はそっと閉じていただければ幸いです。

15年前 「まぁまぁ」定番のNIC

 10年、いや15年以上前の Linux。コンピュータ屋さん以外にもやっと Linux というものが認知されはじめ、流行のディストリビューションは Slackware から Red Hat Linux へ。「どうやら最近の Linux は結構ちゃんと動くらしいね」という巷での噂 …そんな頃を思い出すモノが会社の廃棄物置き場で発見され、思わず救出しました。

dec21140
DEC 21140

 もしかしてこれは DMM が東京進出した際にはじめて導入されたサーバに入っていたNICかも…?

 これは DEC の 21140 というチップが載った 100BASE-TX の NIC です。tulip というコード名のほうが通りがよいでしょうか。当時 Linux での NIC といえば、カニ(Realtek RTL8139シリーズ), 3com 3c905シリーズ、Intel PRO/100(8255x), そしてこの DEC の 2114x 系列 (tulip/de4x5) がポピュラーでした。他にもあることにはありましたが、Linux においての選択肢は多くありませんでした。

  1. Intel eepro100, 3com 3c905: 高級、ちゃんと動く
  2. DEC 21140: そんなに高価じゃない(6,000円程度と記憶) まあまあちゃんと動く
  3. RTL8139C or lator: 安価(2,000円?), やたらCPUを食う、運が悪いとNICが止まってOS再起動、カーネル刺さる
  4. それ以外: 安価、動くかわからない、カーネル刺さる

 この中で “まぁまぁ” の NIC は DEC 21140, これが定番でした。

安いNICはよくカーネルがpanicした

 安いNICはろくなことがありませんでした。CPUを食う、kernel panic で死ぬのは高負荷時とも限らず再現性が謎、速度が超遅くなる、NICの存在ごと沈黙、たまたま動いていてもカーネルをアップデートするとおかしくなるなどなど。珍しいパターンでは ネットワークに何かしら流れていないとCPUが食われてしまう(トラフィックのグラフと CPU使用率のグラフが対称っぽい形を描く)、などなど、さまざまな珍現象に見舞われました。

 FreeBSDの rl, RTL8139 ドライバのソースに「史上最低のひどいチップだ」のようなコメントが書かれていたことも話題になりました。

dec21140_2
DEC 21140 裏 (ぷらっとホーム)

 なんと、ぷらっとホームのシールが貼られています。DMM が東京進出した際のサーバがぷらっとホームの3Uのものだと聞き及んでおりますので、それに入っていた NIC でしょうか。

 tulip 互換をうたうチップはいくつか存在し(NETGEAR, ADMtek, なんかがあったような), ドライバのソースは互換チップのバグ ワークアラウンドで肥大化していた記憶があります。でも互換チップもちゃんと動かなかったような…

 この頃の PC-UNIX はメジャーな製品(≒ブランド品)しか動かず、貧乏学生のお財布には厳しかったものです。今日 2016 年 では Linux でもだいたいドライバはあるし、カーネルを巻き込んで死ぬようなものはとても少なくなりました。仮想化もあるし。何かハードウェアを買おうとする前に、Linux で動くのかどうか調べまくる人も減ったでしょう。


 ――なんて話を同年代の方々にしたら「チューリップ? そんなのあったなー」「俺は BSD だったし 21140 に特に思いdeはない」など しょっぱい反応……。そんな方々にも以下のカードはお気に召していただけたようです。

adaptec AHA-2940U2W
adaptec AHA-2940U2W

写真を撮ったあとそっと廃棄物置き場へ戻しました…。Interop 2016 でインターネットの未来を見たあと、ちょっと昔の思い出に耽っていました。
「歴史って、人類や生命全体の “おもいで” に違いないのよ」