Lightweight Language of Things(LLoT)に行ってきました

過去の関連記事:今週末(8/23)はお台場(LL Diver)に行こう

Lightweight Language of Things
http://ll.jus.or.jp/2016/

8月27日(土)に日本電子専門学校で行われた、真夏のプログラミング言語イベントこと、LLイベントのお手伝いに行ってきました。入り口で受付のお手伝いをしたのですが Peatix とっても便利ですね。イベント参加者として使用したことはあったのですが、イベント運営側で使用するのが初めてだったのでちょっとテンションが上がりました。QRコードをかざすだけで、さくっとイベント申込者を確認できる仕様、便利でしたー!

LLイベントとは

Lightweight Language (軽量プログラミング言語)をテーマとして1年に1回開催しているイベントです。
今年は、Lightweight Language of Thingsというタイトルに掲げ、LLらしい言語、LLらしいプログラミングとは何かを議論するカンファレンスでした。

これまでのイベントについてはこちらをご覧ください。
http://ll.jus.or.jp/2016/history

個人的に面白かったセッション

IMG_8729

LL言語の話でないところをフォーカスして大変恐縮ですが、キーボードにこだわろうについて書きます。

今回のセッションでは、Happy Hacking Keyboard、Realforceのメーカの方、ErgoDox、Kinesis愛用者さんが登壇して、キーボードについて熱い議論が繰り広げられていました。
私は、ThinkPad X1 CarbonのノートPCのキーボードを利用している所謂「キーボード0円勢」ですが、会場アンケートで2万円以上のキーボードを使用している方が多くてびっくりしました。

印象に残っている話をざっくりと

・Happy Hacking Keyboardを当時、秋葉原の小売店で販売したら32000円であっという間に売れた、無刻印キーボードはエンジニアの自尊心をくすぐった。当初、イベント販売だった物が定番商品になった。
・ErgoDoxは、ろくろを回す姿勢は疲れないので、近いポーズでキーボードが打てるように作った。
・東プレの静電容量無接点キーボードは接点がないので摩耗せず、壊れにくい。
・アームレストにはバナナの高さがちょうどよい。バナナが悪くなる前に食べて次のバナナに交換するオペレーションが必要。

展示ブースにて

展示会場では、各キーボードが展示してあり、個人的には東プレの静電容量無接点キーボードがすごくしっくりきて欲しい!となりました。Happy Hacking Keyboardは総漆塗りの試作機から、実際に発売された50万円のキーボードも!漆塗りでもキーの打ち具合はHappy Hacking Keyboardそのものでした。大変お高いのですが、漆塗りは耐久性が高くコーディングがはげることもないとのことでしっかりしたお品でした…!触れて感動!(現在、購入することはできません!)
IMG_8732

本当にすこしだけ言語の話

Dynamic Typing再考を聞いて、印象的だった発言を少しだけ。ちなみに、最高と再考をかけているそうです…。

・6月は毎年来る!クリスマスとは違う!(毎年6月にES20xxとしてリリース)
・型がなくても動くのに型をかくのは冗長
・本当はテストも書きたくない

”型がなくても動くのに型をかくのは冗長”というお話を、まつもとゆきひろさんが何度もお話しされていたのがとても印象的でした。これを心から理解できるように言語の勉強を少し始めようと思います。

 

最後に

JTF2016の懇親会にてひょんなことから、今回お手伝いに行くことになりました。いつもとは異なる界隈の話が聞けて有意義でした。個人的なこととしては3Fの控室兼展示ブースで、前田さんに見せていただいたTコード芸(芸ではないですね、失礼しました。)が素晴らしすぎました。変換なしですらすらと漢字を入力する様を見せつけられました。常人にはまねができない。

ご興味のある方はこちらをお読みください。
Tコードについて

Illustrator初心者がツチノコブログステッカーを作成してみた

SONY DSC

ドーモ、arimoです。

このたびステッカー作成大使に任命されまして、IllustratorというAdobeのソフトを駆使して発注するまでのまとめをつづります。

今回発注した商品はこれです。http://www.graphic.jp/lineup/ondemand/sticker.php
入稿から5営業日で発送してくれるのですごいです。
作り方の注意はhttp://www.graphic.jp/technical/data_goods/sticker.phpに書いてありますがよくわからない。

0,準備編

スクリーンショット 2016-06-29 16.03.19

まずステッカーにしたいロゴのaiデータがあります。ない場合はどうしようもないのでがんばって発掘するか、ご自身で作ってください。

スクリーンショット 2016-06-29 16.03.57

ウィンドウ>レイヤーでレイヤーウィンドウを表示させて、右下のゴミ箱の隣の新規レイヤー作成ボタンを2回押してレイヤーを2つ作ります。

レイヤー名のところをダブルクリックして、デザイン(元のai)、ホワイト版、カットパスと名前を変えてわかりやすくします。

透明塩ビのステッカーを作る際にホワイト版というものがないと、白くしたいところが透明になってしまうので作る必要があります。たとえばチーノくんの目玉とかです。チーノくんの目玉が透明になると貼ったときにかなり恐ろしい仕上がりになります。ホワイト版といいつつ黒いシルエットのような画像のレイヤーです。

カットパスというのはシールをはがすときの切り込み線です。

1,ホワイト版レイヤーにロゴをコピーします

スクリーンショット 2016-06-29 16.06.53

デザインレイヤーにいる状態で、command+Aで全選択するか、左上の黒い矢印(選択ツール)をクリックして全体を囲うようにドラッグします。
すると全部のオブジェクトが選択されている状態になるので、command+Cまたは編集>コピーでコピーします。

レイヤーパネルで「ホワイト版」をクリックして、編集>同じ位置にペーストをすると、同じ位置にロゴがコピーされます。

2,ごちゃごちゃしたところをくっつけて、黒くしてホワイト版を作る

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.09

ごちゃごちゃしたチーノくんのところを黒い矢印(選択ツール)で選択します。

線とか色とかがいっぱいあってわけがわからないところはとりあえず選択します。shiftを押しながらクリックすると選択が追加されたり、選択が解除されたりします。

スクリーンショット 2016-06-29 17.46.01

ウィンドウ>パスファインダーでパスファインダーパネルを表示させて、一番左上の四角が2個くっついているアイコンをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.42

選択したところがくっつきました。色を黒にしなければならないので左下の色四角と白斜線があるところの色四角(ここではピンク)の部分をダブルクリックします。カラーピッカーで黒にします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.56

「ツチノコブログ」の部分も選択ツールで選択して先ほどと同じようにカラーピッカーから黒にします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.16.22

3,ホワイト版をグレースケールに変換して確認します

グレースケールでないとダメだとサイトに書いてあったのでいちおうグレースケールに変換します。
黒い部分を全部選択した状態で、編集>カラーを編集>グレースケールに変換

スクリーンショット 2016-06-29 16.17.43

ウィンドウ>カラーでカラーウィンドウを表示させ、

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.06

カラーの下の四角が斜線と黒と白のみになっていることを確認します。

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.15

レイヤーの順番をカットパス、デザイン、ホワイト版の順にします。ドラッグで重なり順が変えられます。

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.46

チーノくんとロゴを別々に処理しないで、最初から全部選択してパスファインダーでくっつければいいじゃんと思っていたのですが、そうするとDMMのDの穴とブログのロの穴も埋まってしまうので、分けています。(Dとロの穴は透明にしたいためホワイト版がいらない)

4,地道にカットパスを作ってシールの切れ込みを指定する

スクリーンショット 2016-06-29 16.19.22

手順1と同様に、「カットパス」レイヤーに「ホワイト版」レイヤーを全選択したものをコピー、同じ位置にペーストをします。

わかりやすいように「デザイン」と「ホワイト版」のレイヤーの左側にある目玉アイコンをクリックして、非表示にしておきます。

スクリーンショット 2016-06-29 18.03.34

オブジェクト>パス>パスのオフセットを選択し、

スクリーンショット 2016-06-29 16.25.45

オフセット2mm(ロゴの位置から2mmぐらいのところを切り取り線にしたいため。用途に応じて変えてください)

角の形状をラウンドにしてOKを押します。

スクリーンショット 2016-06-29 16.25.53

モコモコしたのができます。

左下の色四角と白斜線があるところの入れ替え矢印を押します。

スクリーンショット 2016-06-29 18.08.15

モコモコの何かが線と中身に分かれます。再度選択ツールで全選択して、オブジェクト>グループ解除をします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.26.23

中身だけを選択ツールで選択し、deleteボタンで削除していきます。

スクリーンショット 2016-06-29 16.27.00

ポチポチ消していって、こんなかんじでモコモコの線だけになります。線は削除しないように気をつけてください。

線だけになったら全選択して、パスファインダーで一番左上の四角が2個くっついているアイコンをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-29 17.46.01

スクリーンショット 2016-06-29 16.27.44

カットパスの原型ができました。

5,カットパスの整形をする

Dのところに余分な線があるので「アンカーポイントの削除ツール」で削除します。

選択ツールの2つ下にあるペンツールを長押しするとマイナスのついたペン先が出てくるのでそれでアンカーポイントをクリックして消していきます。

image1

白い四角を探して、ポチポチ。いずれ消えます。

 

スクリーンショット 2016-06-29 16.29.59

こういう鋭利なところや込み入ったところがあると、うまくカットできないのでアンカーポイントの削除ツールでなめらかにします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.30.19

数個アンカーポイントを削除するとこんな感じでなめらかになります。

気になる部分を削除してきれいにします。

スクリーンショット 2016-06-29 18.27.31

「デザイン」レイヤーと「ホワイト版」レイヤーの左にある目玉を表示させて保存して、完成です!

 

Hardening100 Value × Value はとてもタフな戦いだった件

久しぶりにツチノコBLOG書いてみたとうまつです。こんにちは。

先日、セキュリティ競技イベントである「Hardening 100 Value x Value」 に参加・協賛してきましたので、その様子を紹介いたします。

DSC_1531

 

Hardening ってなに?

Hardeningとは、セキュリティを軸にしたECサイトのディフェンスに特化の競技です。

ひとことで言うと・・・
「仮想の資金と脆弱性てんこ盛りなECサイトを渡されたチームが、そのECサイトのシステムを8時間の競技時間内に堅牢化(Hardening)してECサイトの売上を競い合う」
となります。

このため、単なるセキュリティの競技ではなく、ECサイト運営で如何にして売上を上げていくかにフォーカスされるので以下を要領よく処理していかなければなりません。

単に脆弱性対策をするだけでなく、以下への対応が求められるため、テンヤワンヤするというタフな競技内容となっています。

  • チームマネジメント
    • メンバーをタスクにアサイン
    • 意思決定
  • 販売
    • 売上管理
    • 在庫管理・発注
    • 商品価格設定
    • クレーム対応
  • ECサイトの堅牢化
    • ECサイト のOSやDaemonの管理
    • 各システムのバックアップ
    • パスワード管理
    • 定期的に実施される「kuromame6」というセキュリティの専門家チームによる容赦無いサイバー攻撃への対応
    • 攻撃された際にはJPCERTへの報告(本格的ですよね!)

などなど・・・・・

DSC_1791
競技中に無慈悲な暗躍をしていた kuromame6 のみなさん

競技内容

開催1日目は競技日です。殆どのチームが競技日までにチームビルディングを行い、作戦を練って競技に挑んでいる様子。興味深かったのは各チームごとのタスク管理で、たいていのチームは付箋(ポストイット等)を用いたアナログな管理を実践していました。

DSC_1545
奮闘中の各チーム

また、会場に設置されたディスプレイにてリアルタイムで各チームの健闘状況が表示されており、各チームの状態が一目瞭然でした。

各チームの成績が一目瞭然
各チームの成績が一目瞭然

 

足らないものは買え!

チームで足らないもの、例えばサービスや製品、そして各分野のエキスパートエンジニアを仮想の資金で調達できるマーケットプレイスが設置されています。
これにより、チームに足らないものを補うことができます。特に面白いかったのはエンジニアを時間単位で購入する制度で、ハイレベルなエンジニアを競技中に買うことが可能です。
というわけで、様々なチームが必要な物をどんどんアウトソースしていました。また、マーケットプレイスで調達できるエンジニアは有限であるため、戦略的にエンジニアを長時間確保して他チームに関わらせないような作戦も展開されたこともあったとか。

DSC_1530
マーケットプレイスに並ぶ「商品」のみなさま

会場全体を巻き込んでいく・・・

エンジニア調達の手段として、マーケットプレイスだけで良いのかとおもいきや、実は競技観覧者にコネがある人はそれを駆使して観覧者をエンジニアとして狩りだすことが可能だそうです。かくいう自分も、DNS周りの設定を何件かお手伝いさせていただきました。

DSC_1535
競技観覧者も巻き込んでいくの図

タフな勝負を勝ち抜いたのはTeam8の「No.Bee」

無慈悲なkuromame6の攻撃に耐え続けつつ売上をグイグイ伸ばしてグランプリを勝ち取ったのは チーム8「No.Bee」でした。

売上金額としては2億円以上を達成しており、他のチームを大きく引き離していました。No.Beeのチームメンバーには副賞としてDMM.comポイントカードを贈らせて頂きました。

DSC_1708
グランプリを勝ち取った超タフチームの No.Bee

全体を通して

Hardeningはチームメンバーのスキルが勝敗を大きく左右すると思いきや、実はスキルドリブンではなく、チームの結束力と意思決定の競技であるような印象を持ちました。というのも足らないスキルはマーケットプレイスで購入できるため、「スキルがないから・・・」といって尻込みする必要は無いという印象を持ちましたので興味ある方は遠慮せずHardening競技者に応募してみてはどうでしょう?

引き続き、11月に開催されるHardeningもDMM.comラボが協賛いたします。冬の沖縄でまたお会いしましょう。

DSC_1766
奮闘後の参加者

 

読書会のすゝめ

ゴールデンウィーク目前!
今日から10連休という方も多いのでしょうか。
お天気もよさそうで、お出かけ日和になりそうですね(*^-^*)

さてさて、先日、社内で読書会を開催しました。
社内での評判がよかったのでこちらでも共有させていただきます!

 

読書会とは?

まず、読書会をはじめるにあたりどんな読書会にしようかな?というところで悩みました。
インターネットで読書会について調べ、3つのやり方に絞りました。

  • 読む本を決めて、各々が読みこんでレジュメを用意し、意見を出しあう形式
  • 難しい技術書をメンバーで分担して読み解く、輪読形式
  • 著者や先生になる人を立てて本を読む、講義形式

はじめから小難しいことをやっても、メンバーも入りにくいかな?
そもそも、カロリーが高すぎると業務に支障が出て、参加してくれる人が限られてしまう!と思い、

読む本を決めて、各々が読みこんでレジュメを用意し、意見を出しあう形式

を選択しました。

まずは、やってみよー!ということでお菓子やお茶を用意して、
のんびりと本について語り合える場を提供しようと考えました。

 

読書会で取り扱う本について

いくつかの候補本をあげて、参加者に選んでもおうと、数冊の本を候補として挙げました。
候補に挙がった本をご紹介します。

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Brian W. Fitzpatrick (著), Ben Collins-Sussman (著), 及川 卓也 (解説)

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

2016年度、チームの組織目標に「評判の良いチーム」を掲げています。
その元ネタになったのがこの本です。
Geekとタイトルに入っていますが、チーム運営や目標達成するために必要なことが書かれた本です。
組織目標の元ネタにもなっているし、挿絵やジョーク交じりに話が進み、
読みやすいなと思いチョイスしました。

アカマイ―知られざるインターネットの巨人

小川 晃通 (著)

アカマイ―知られざるインターネットの巨人
ツチノコブログに寄稿してくださった、あきみちさんが書かれた本です。
あきみちさんが書かれた記事はこちら
ツチノコブログでもGoogleとAkamaiは仲良し?で話題にしています。
インターネットの仕組みから、アカマイがどういう役割をはたしているのかがわかり、
技術書よりハードルが低くて読みやすいかな?という理由でチョイスしました。

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

三上 ナナエ (著)

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

インターネットのイの字もないですが。
チームで仕事を進めるうえで、人への接し方は切り離せないものだなと考えました。
伝え方が足りなくて相手にマイナスな印象を与えてしまうのは、個人にとっても、チームにとっても、
勿体ないと感じ、他社に対して気遣いをもって接せられるきっかけになればと思い、チョイスしました。

 

ほかにも、
ネットワークはなぜつながるのかたった1日で即戦力になるExcelの教科書一日がしあわせになる朝ごはん
を候補にあげました。

 

(‘ω’)ノ<読書会やりたいから本を買ってください!

上司さん<いいよー

 

この位のやりとりで本を買ってもらえるのはDMM.com ラボで働いてよかったーと思うところの1つですね。
と、会社上げをしてみる。

 

準備!

本の候補が決まったので、まず、社内向けにアンケートを取りました。

Q. 読書会に参加したいか、否か、興味があるか。

Q. 選定したどの本に興味があるか。

Q. どんなジャンルで読書会をやって欲しいか。

アンケートに答えてくれたメンバーは概ね、参加したいまたは興味があるという回答でした。
そのなかで1番投票数が多かったのが、Team Geek!
部門目標の元ネタになった本だから読んでみたい!という意見がとても多かったです。

次点が、仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン。
こちらも部門目標に紐づけられそうな本で、チームとして向いてる方向性が統一されている!
と、うれしい気持ちになりました。

アンケートが終わったら次は、参加者選定です。
アンケートで「参加したい」、「興味がある」 を選択してくれたメンバーかつ、興味のある本にTeam Geek を選択した人に声をかけました。

調整の結果、最終的には、15名が参加してくれることになりました。

準備!準備!

読む本と参加者が決まったら、当日に向かってまっしぐら。

「必ず!最後まで本を読んで、簡単なレジュメを作ってきてね。
では、2週間後に会いましょう。」
といった感じで、メンバーに本を配って歩きました。

200ページ程の本ですが、みんな業務もあるし、本当に読んで来てくれるかな?と不安を感じながら2週間待ちました。

 いざ、当日!

業務都合で残念ながら参加でなかったメンバーがいたものの、
12人が集まってくれました。

5人と7人にチームを分けて、読書会を実施しました。

当日のざっくりとしたタイムスケジュールは下記です。

19:20 – 19:40 自己紹介

名前、所属、趣味、仕事内容etc

19:40 – 20:20 各自発表

5分/人 × 人数

20:20 – 20:50 ディスカッション

5分/人 × 人数

20:50 – 21:00 まとめ

 

 

同じ部署内で読書会を開きましたが、はじめに各々に簡単に自己紹介をしてもらいました。
同じ部署ながら、仕事で関わらない人も増えてきたので、こういう機会に交流できるのも、
読書会のいいところ!ではないかと思いました。

読書会という言葉に構え気味で、少し緊張した面持ちのメンバーもいたので、
自己紹介でリラックスできたのではないでしょうか。

自己紹介、大事。

和やかな空気になったところで、レジュメをもとに各々がTeam Geekについて、発表します。

・面白かった箇所
・理解できなかった箇所
・仕事に活かせそうな知識、活かせそうな状況と活かし方
・そのほか気になったところ

レジュメを作るときのヒントにと思い上記4点を含めて好き勝手に書いてねとお願いしました。

ふたを開けてびっくり!
メンバーのレジュメがきちんとしまくっていました。

私のレジュメ…薄っぺら過ぎる…orz

【面白かった箇所】
ナーフのくだり。
なぜ、私の隣の人が撃たれるのかがわかって面白かったw

 

【理解できなかった箇所】
なし

 

【仕事に活かせそうな知識、活かせそうな状況と活かし方】

・H(謙虚)・R(尊敬)・T(信頼)
・エゴをなくす

・メーリングリスト・コンフルを活用する
・最近あまりないのかもしれないけど、skypeで議論してそのまま流れちゃうことが多いので、メーリングリストなり、コンフルなりにまとめるという習慣はつけたほうがいいと思う。
・同じような質問を個別のskypeでもらうことがあるので、オープンに会話できる場所があって、それもどこかにまとめる習慣がつくといいと思う。

・オープンに仕事をすること
・全部かくして、あとからどやーってされても、同じことしてる人がいれば協力できるし時間がもったいない。

 

【そのほか気になったところ】
・みんなこの本を読んだらいいのに!!

1回目は参加人数が5人と少なかったので、1人が発表してそのままディスカッションという流れにしました。
2回目は各自が発表していき、最後にディスカッションにしたのですが、1人が発表して、ディスカッションする流れのほうが、盛り上がってよかったなという印象です。

ここは次回実施時に考慮したいところですね。

最後に

参加してくれたメンバーに、事後アンケートを取りました。
自分自身の意見だけでなく、他の人の意見が聞けて新しい見方ができたのがとても参考になった
というコメントがありました。

読む→まとめる→発表する→意見交換
この循環を回していくことで本への理解が深められ、認識が共有できたのは、
とても有意義だったのではないかなと思います。

業務に追われてなかなかゆっくり本を読む時間を取ることも大変だと思うので、
強制的に本を読む時間を作れるように月に1回ペースでゆるっと続けていきたいです。

皆さまも、読書会はじめてみませんか?

第2回インフラエンジニア交流会を実施しました!

先日、インフラエンジニア交流会を行いました!

IMG_7673

お集まりいただいた皆さま、ありがとうございました。
今回もいろいろな会社の方、学生さんなどなど、
たくさんの人が参加してくださいました。

IMG_7674

当日は、
DMMの昔・今・未来のネットワークの話しや、
DMMの最近のサービスの話しなど
を短い時間ですが話させていただきました。

IMG_0274 IMG_0284

 

どちらのテーブルも、わいわいと話が盛り上がっていたようで、
たくさん交流ができたのではないでしょうか?!

はじめたばかりのイベントで準備不足な部分もあったかと思いますが、
また、ご参加いただけると大変ありがたいです。

今回、抽選から漏れてしまった方も、
次の機会があった際は、ぜひ!ご参加くださいね。

こんな事をやって欲しいなど、ご要望あれば教えてくださいー♪