4次元コンテンツサイエンスアゴラ出展の記録

この記事は、数学カフェ_4次元コンテンツ出展の記録 Advent Calendar 2016 の、13日目となる記事です。
こんにちは。バーテンツチノコ(仮) の近藤です。
六本木のBARで夜な夜な、コードは書くけどカクテルは作れないバーテンダーをやっています。

私は今年、数学カフェのメンバーとして、11月5, 6日のサイエンスアゴラに出展をしてきました。
(※個人での参加であり、いかなる所属団体・DMMと関係ありません)
(※当記事は研究された事実を示すものではなく、実験中の試みになります)

こちらが展示の様子です。

何だか椅子に座ってヘッドマウントディスプレイを被っている人がいたり、
「4次元を見てみよう」というタイトルと、ポスターにたくさんの文字が書いてあったり。
ヘッドマウントディスプレイは、被ると立体が目の前に出現したりするのですが、それらだけ1人で見ても「???」ですよね。

コンテンツを展示するにあたっての口頭説明(接客)は必須です。

というわけで、本日は、「サイエンスアゴラ 出展当日の口頭説明」というテーマでブログを書きます。
実際にブースに遊びに来たようなつもりになってお付き合いいただければ幸いです。

====================

まず、「立体視」とは、どういう仕組みでしょうか。

私たちが目でものを見るときは、2次元の像しか見えないにも関わらず、目で見ているものがどんな立体なのかを知覚することが出来ます。

 

以下の像1枚だけを見ると、

赤で囲んだ面を手前と見た「立方体」か、黄色で囲んだ面を手前と見た「ちょっと歪んだ6面体」かの2通りに見えてしまいます。

これを「立方体」に見るためにはどうすれば良いでしょうか。

ものが立体に見える要因はいくつかありますが、影響が大きい要因を紹介します。


■左右の目の視差

試しに、何か物体を目の数十cm前に用意して、右目と左目を片目ずつパチパチつぶって見てみると、目の位置のズレから、同じものを見ているのに違う像が見えるはずです。

たとえばサイコロであったら、同じ場所にあってもそれぞれの目にはこんな風に違う像に見えたのではないでしょうか。

    

(※ちなみに、↑の画像で、「交差法」での立体視ができます)

私たちは、その2つの視点の差から情報を得て、頭の中で奥行きを認識します。

★ポイント: 左目と右目でそれぞれで別の角度から立体の像を見ると、脳内ではひとつの立体に見えます
では、同じように2つの目でものを見るときに。
現実に両目で見た時のように3次元上の距離の視差を作るだけではなく、4次元の方向(!)にも少しだけ視差を作ってものを見たとしたらどうなるでしょうか。

4次元な立体視(!?)が出来るのでは?

そんな仮説も入れ、今回の展示物は作成されました。

======

では、4次元の方向に傾けるというのはどういうことでしょう。

 

まずこちらの折り紙。

壁(2次元)に画鋲ではりつけてくるくると回すと。
角度が変わっていくけど、形は変わらず正方形ですね。

では同じ折り紙を、1次元上げて3次元空間上でくるくる回すとどうなるでしょうか。

正方形だった折紙が、ゆがんで台形になっていきます

(※↑の画像でも、「交差法」での立体視ができます)

 

次に1次元あげてこちらのサイコロ。

3次元上でくるくると回すと。
角度は変わっていくけど、形は変わらず立方体ですね。

では同じサイコロを、1次元あげて4次元空間上でくるくる回すとどうなるでしょうか。

折り紙のときと同じように、
立方体だったサイコロが、ゆがんで四角錐台になっていきます

(※↑の画像のように立体物が並んでいれば、「交差法」での四次元立体視が・・・出来るかも!?)

 

今回の展示物であるOculus Riftは、装着すると3次元の物体と4次元の物体が表示され、そのとき視点があたっている物体をゲームコントローラで操作してぐりぐり回転させることが出来るというものでした。

「回転」とは。先ほどサイコロをくるくる回したような3次元空間上での回転ボタンとは別に、今回は四次元の方向へ回転させるためのボタンと、左目と右目それぞれに見える物体を変化させ、四次元の立体感を出していくためのレバーを準備しました。

レバーは、NINTENDO 3DSの右についている、立体感を調節するためのレバーをご想像いただくと、わかりやすいかと思います。両目の距離を、4次元の方向に離していきます。

レバーを調節することで、従来の立体視とは違い、左目と右目にそれぞれ、「同じ形なんだけど4次元の方向にずれていく物体」が見えます。

4次元の方向にずれる時のサイコロが立方体から四角錐台になるような動きは、3次元仕様の脳をもつ私たちには直感的ではない動きですし、明らかに別の物体である「立方体」と「四角錐台」を両目ばらばらに見ることも大分気持ち悪い感じです。

ですが、その四次元方向にずれた「左目に見える物体」と「右目に見える物体」を無理やり同じ物体と思いこんで見てみることで、四次元のずれはこういうことなんだな、と認識することが出来れば・・・そんな期待を持って開発しました。

実物は、現在どこかに展示しているわけではないので見ることは出来ませんが、また発表の機会がありましたら、是非体験しに来てください。

以上、視覚から4次元を体感してみよう!といった展示での口頭説明でした。
たまたま持っていた小道具(折り紙やルービックキューブ)を使って、なるべく理解しやすく説明するよう努めました。

最後に個人の感想を書きますと、両眼の視差で四次元立体視が本当に出来るのかどうかは、いまだに半信半疑ではありますが、
VRを用いて4次元物体や3次元物体を4次元空間上で眺め続けること、自分で自由に操作することで、高次元への理解がより深まったと感じております。

素敵な企画に関わることが出来てよかったです!

ご協力いただいた方、ご来場くださった方、どうもありがとうございました!!!

Internet Week 2016に参加しています!

Internet Week 2016に参加してます!

15171040_236303366783504_4489887932392932020_n

インターネットの技術者たちが集まり、最新技術から基礎の話しを持ち寄って喧々諤々するイベントです。
DMM.comラボもインターネットを通じてサービスを提供していることもあり、チームメンバーも興味あるセッションを聞いたり、弊社で使用しているネットワークについてお話しをさせていただきました。

・Wi-Fi”再”入門 見えない電波を知識で見抜く~社会的課題も交えて~
登壇者:熊谷暁

slack-for-ios-upload-1slack-for-ios-upload-2

会場は、ほぼ満員!!
電波を光にたとえWi-Fiの基礎知識から、細かいプロトコルの話、本当は怖いWi-Fiセキュリティ知識について話をしてきました。
とてもボリューミーな内容で、話しきれない!といった様子が印象的でした。
登壇後も参加者さんから質問が飛び交い、盛り上がったセッションでした。

・ネットワーク機器の本当のスペックを見抜く
・DNS DAY
登壇者:高嶋 隆一

slack-for-ios-upload-3

こちらもほぼ満席!
弊社のDNS構成について、お話をさせていただきました。
掴みはもちろん、艦これの秋イベントについて。
会場から笑いが沸き、弊社コンテンツの知名度の高さに驚きました。
セッションは、昨今のセキュリティ問題や、オリンピックなども話題に上がり盛り上がりました。

今回は有料セッションということで、発表資料をすぐに公開することができないのが残念ですが、公開可能になった際は、こちらのブログでお知らせさせていただきます。

また、DMM.comラボでは協賛ブースも出しております。
15284053_236303373450170_116789358700428722_n

会場にいらした際には、お立ち寄りください!

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fallに参加してMQの話を聞いてきた

 

こちらのブログでもお知らせしましたが、オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fallで、弊社大山がMQについて、お話をしてきました。
img_0339

ツチノコブログでも話題に上がるMQの話を聞いて私なりにかみ砕いてレポートしようと思います!

そもそもMQとは?

MQはえむきゅーと読みます。not もきゅ(*´ω`*)
アプリケーション上でプロセス間のやりとりをサポートする処理方式のことです。

osc2016-mq-3-638

プロセスAとプロセスBがそれぞれ処理を走らせた際、お互いの処理が終わるのを待たずに処理を終えることができます。
プロセスを放り込めばMQにお任せできるので、システムの裏側でよく使われている手法です。

なぜMQなのか?

osc2016-mq-17-638

分散システムを単純にできる!
システムを作るときにシンプルな構成にできることもポイント。
-高可用性がある
-拡張性がある

 

MQにはいろいろある!

osc2016-mq-19-638

代表的なプロトコル/実装の特徴を紹介

AMQP(RabbitMQ)
MQTT(ActiveMQ)
STOMP(NewtMQ)
Kafka
ZeroMQ

AMQP(RabbitMQ)

Advanced Message Queuing Protocol
柔軟なメッセージルーティングができる。

MQTT(ActiveMQ)

軽量なプログラム。
ヘッダサイズが小さく、確実にメッセージを発行してくれる。

Kafka

順序付け負荷分散の両方を提供できる。
メッセージを格納し、キャッシュするためのファイルシステムに依存している。

まとめ

  • 万能なMQはない!
  • 用途にあった適切なMQを選択するのが大事。
  • Broker-MQ でパフォーマンス出したかったら NATS 使えばいいと思う!
    (但し、諸所の制約 (トランザクションなし、永続化しない、at-most-once な到達保証) を許容できるならば…)

発表資料

【登壇情報】まとめて3本お知らせします♪

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall

http://www.ospn.jp/osc2016-fall/

【開催概要】

日程 11月5日(土) 10:00~18:00(展示:11:00~17:30)
11月6日(日) 10:00~17:30(展示:10:00~16:00)
会場 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
(多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)
内容 オープンソースに関する最新情報の提供
・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー – オープンソースの最新情報を提供
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
大山 裕泰
登壇日時 11月5日(土)13:00~13:45
登壇内容 マイクロサービスを支える MQ を考える
マイクロサービスアーキテクチャに見られるような、分散したシステムを有機的に結びつけ、
一つの大きなサービスを提供するシステムにおいて MessageQueue (MQ) は非常に重要な役割を果たします。
MQ は単なる各システム間のメッセージの仲介役としてだけではなく、負荷平準、可用性の向上、
スケーラビリティを担保するといった役割も同時に果たすことができます。
ただサービスの形態が異なるように、システムも様々な形態が存在し、システムの形態によって
MQ に求められる要件も異なります。例えば、冒頭で述べたような認証や決済、コンテンツサービスなど様々な
システムと連携したアプリケーションや、様々なサービスから送られるログを集計し分析する基盤、または大量の
サーバのメトリクスを集計するパフォーマンス監視基盤など、様々な形態の仕組みにおいて、それぞれ MQ に
共められる要件は異なり、それらの要件を満たす様々な MQ の実装が存在します。
本セッションでは、こうした MQ の実装の一つとして開発した NewtMQ について、
これが一体どういうものかについての紹介と、どういったユースケースで効果を発揮するかについて議論してみたいと思います。

 

 

Scality Japan SDS Day 2016 Tokyo

https://omniattend.com/seminar/scality-jp/sds-day-2016

 

【開催概要】

日程 11月22日10:30-17:30(受付開始 10:00)
会場 コングレスクエア日本橋
内容 国内・海外の事例公演多数。
SDSとオブジェクトストレージの今とこれからが1日で分かる。
主催 スキャリティ・ジャパン株式会社

【登壇情報】

登壇者 配信インフラ構築運用部
渡辺宣彦
登壇日時 11月22日(火)10:30-12:10
登壇内容 国内ユーザー企業様による成功事例講演②
弊社の動画配信で導入した事例を紹介します。

Internet Week 2016

https://internetweek.jp/

【開催概要】

日程 2016年11月29日(火)から12月2日(金)の4日間
会場 ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス
内容 インターネットの発展を推進する
インターネットに関する議論の場・交流の場を提供する
セミナー開催によるインターネット基盤技術の普及を図る
主催 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
高嶋隆一
登壇日時 12月1日(木)11:10 ~ 12:00
登壇内容 ネットワーク機器の本当のスペックを見抜く
ユーザー企業における機器検証とは、

サービスに必要な機器を選定する過程で実施されるケース
それらに先立って情報収集する段階で実施されるケース
等が考えられます。

本セッションではどんなプロセスの中でどんな機器検証が必要になってくるのか、 ユースケースをまじえてお話しできればと思います。

登壇日時 12月1日(木)13:15 ~ 18:45
登壇内容 DNS DAY
コンテンツプロバイダから見た権威DNSサーバ

・想定されるユースケース
・ユースケース毎に用いられる実装
・ユースケース毎の注意点

について共有し、議論できればと思います。

登壇者 ツチノコ企画室
熊谷 暁
登壇日時 12月1日(木)13:15~15:45
登壇内容 Wi-Fi”再”入門 見えない電波を知識で見抜く~社会的課題も交えて~
Wi-Fiの基礎技術と電波の知識
Wi-Fiの応用ノウハウと最新技術トピック
Wi-Fiを取り巻く課題

最後に

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/FallとInternet Week 2016はイベントに協賛しているのでブースを出します!
ぜひ、ブースにも遊びに来てくださいね。

また、phpcon 2016では、会場ネットワークを構築するメンバーに弊社エンジニアも参加しております!
イベントに参加される皆さまは、ぜひ!会場WiFi使用してくださいね(^o^)

 

ツチノコNOCのキックオフミーティングを開催しました

こちらの記事で募集をかけさせていただいたツチノコNOC(仮)のメンバーが決まりました!
ご応募いただいた皆さまありがとうございました٩( ‘ω’ )وツチノコNOCは、来年1月のJANOG39ミーティングの会場ネットワークを構築するために、社内・社外・学生を含めて27名のメンバーで構成されたチームです。

キックオフミーティングを開催しました

先週末、キックオフミーティングが開催されました!
テレビ会議を使用して金沢や仙台からも会議に参加していただきました。

20161006_210722img_9285img_9290

ミーティングでは、JANOG39ミーティングの会場ネットワークをどんなものにしたいかを共有しました。
”すぐ動いて、すぐ壊せるやつを作りたい!” から ”OpenStackでやりたい”
など、たくさんのやりたいこと案が出てきました。

チーム分けをしました

今回は、チームを4つに分けました。
チームの役割について説明をし、自身が携わりたいチームを選んでもらいました。
サーバもネットワークもやりたい!という人は、どちらにも所属していいルールです。

役割 仕事内容
ネットワーク
  • ネットワークの物理設計、論理設計を行なう
  • アドレス管理、VLAN管理を行なう
  • ネットワーク機材の設定を行なう
WiFi
  • 機器(無線AP, スイッチ)の配置場所を決める
  • 会場内の配線図を作成する
  • ケーブルを準備する
  • WLC、AP等のWiFI機器の設定を行なう
サーバ
  • サーバ(DHCP, DNS cache, 監視など) の設計と設定と行なう
サポート
  • 外部との調整を行なう
  • 内部スケジュール調整を行なう
  • ドキュメント管理責任者
  • ツチノコNOCのPR, SNS係, 撮影係

img_9289

どのチームも満遍なく人が振り分けられていい感じ♪
なかなか「サポート」に手が挙がらなかったのはご愛敬です。

暫定リーダを決めてチーム分けは完了し、この日は解散となりました。
続きはオンライン上でチームに分けれて意見を出し合いながら、どんな構成でいくかを決めていいきます。

さいごに

普段の業務はiOSアプリの開発、社内SEといったインフラ寄りではないメンバー、学生、インフラエンジニア
とバラエティ豊かなメンバーで構成されたツチノコNOCがどんな会場ネットワークを作ってくれるのか今から楽しみです!

今後もツチノコNOCについて情報を発信していければと思っております!
どうぞ、ご期待ください。