イベント

先日、開催された「JANOG LT & BoF night #2」でストリーミング中継を担当してきました。

JANOG LT & BoF night #2とは?

JANOG40ミーティングで発表しきれなかったLT(ライトニングトーク)とBoF(バーヅオブアフェザー)をたくさんやろう!という趣旨のイベントです。
また、8月25日に発生した経路障害問題について考えるという特別企画も開催されました。

配信を担当してみて

今回の会場は株式会社ミクシィさんでした。
以前、同会場で配信を行ったことがあったので、これは余裕!と思っていたのですが…。
会場の音響設備が変わったことが当日にわかりヒヤリとしました。
特別企画に注目が集まっていたこともあり、ストリーミング配信はなしですー!は許されない雰囲気。ドキドキしながら設営を開始しました。
今回持ってこなかった機材が必要か!?と、焦る場面もありましたが、持ち込んだ機材のみで配信可能ということがわかり、無事にストリーミング中継を行うことができました。

ストリーミング中継が始まる前から続々と待機ユーザが増えていき、期待度の高さを感じました。
ご視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。

登壇資料について

LTはこちらに資料が上がっています!
https://janog.connpass.com/event/63810/

8月25日に発生した経路障害問題についてはこちらに資料があります。
https://www.attn.jp/maz/p/t/pdf/20170825-routeleakage.pdf

最後に

後ほど、アーカイブ配信を行う予定です!
ライブ配信は見られなかったという方、少々お待ちください。
また、Twitterのハッシュタグ「#janog」を追うとツダりチームがたくさんツイートしてくれているので、当日の雰囲気を味わえるかと思います。

イベント, 勉強会

弊社のイベントスペースで行われた「カンファレンスカメラマンカンファレンス」を、覗いてきました。主催者は弊社インフラエンジニアです。

撮影会からスタート

50名以上が集まったこの勉強会。
有料イベントでカメラマンをしている方から、勉強会やコミュニティでカメラマンをしている方。
未来のカメラマンまで、エンジニアなカメラマンが集結しました!

まずは、弊社IS部よりモデル(被写体)の登場。

参加者の方々が、自前のカメラで撮影をされていました。
さながら、イベント会場の様な光景でした。

Twitterのハッシュタグ #CCC2017 でキレイな写真が見られます!
当日はトレンド入りしていてびっくり♪

LT、LT、LT、LT、LT

LTを聞きながら気になったワードを殴り書きします。

  • 本業をおろそかにしない
  • プレス腕章をGETする
  • プロフィール写真に使われるとうれしい
  • プロフィール写真は、ほどよく晴れた日の12時前後がきれいに撮れる
  • 参加者目線でいやなカメラマンにはならないよう気を付けている(フラッシュに気をつける など)
  • カメラへの感謝を忘れない(メンテを怠らない)
  • 会場の広さや、いかに人が入ってるかが伝わる写真を撮る
  • ステージ側からも撮る
  • 客席も撮る
  • カメラマンは筋肉をつけるべし(筋肉がないと手ぶれしてしまう)
  • カメラマンはモテるらしい

10分という持ち時間いっぱいにカンファレンスカメラマン話が繰り広げられました。
みなさんのカメラ大好きな気持ちが溢れるLTばかりでした。

最後に

「カンファレンスカメラマンカンファレンス」だというのに、iPhone7で乗り込んでしまいました。勉強会で得た知見をもとに、今後のイベント撮影に臨みたいと思います!iPhone7で。

イベント

JANOG40ミーティング早くも最終日ですね。

DMM.comラボでは、Break SponsorsとStreaming Supportersとして協賛しています!

Break Sponsorsとして会場にお越しいただいた皆さまへお菓子を提供しています。

福島の色々なお菓子が揃っているようです。
これはおやつという量ではないですね。現地で食べられた参加者さんがうらやましい!!


※JANOG運営委員もにっこりな生どらやき

また、Streaming Supportersとして映像配信の機材提供をしています。

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog40/streaming

現地に行けなかったという方は、ぜひストリーミング配信をご覧ください!

イベント

日時:2017年08月27日(日) 10:00 〜 18:30
会場:産業技術大学院大学(https://2017.techfesta.jp/Map.pdf
内容:インフラエンジニアのための祭典

DMM Okan(おかん)でインフラを担当している加我が登壇します。
DMM.comラボに入社してからの話をします。

ご興味のある方、ぜひ足を運んでください。

詳細は下記のサイトから確認できます。
https://2017.techfesta.jp/

皆さまのご来場、お待ちしてますー!

イベント

金曜日から3日間に亘りDMM.comのイベントスペースで行われた、スタートアップウィークエンドのストリーミング配信を担当しました。

勉強会やカンファレンスのストリーミング配信を担当したことはありましたが、今回のようなイベントのストリーミング配信ははじめての試みでした。

ドタバタした3日間でしたが、ストリーミング配信について記事にします。

スタートアップウィークエンドとは?

ストリーミング配信の前に今回のイベントについて紹介します。
スタートアップウィークエンドは、起業家を生み出すための世界規模の起業家コミュニティーです。
金曜日の夜から日曜日までの54時間の間に、アイデアを形にする方法を学び、スタートアップをリアルに体験するイベントです。

今回のテーマは「トラベル」。
旅行をテーマに様々なアイデアを出し、チームを組んで進めていく様子を近くで見ることができて勉強になりました。

今回使用した機材

カメラ
ミキサー
 配信機材
 集音マイク (写真を撮り忘れました)

今回は、イベント参加者向けにYoutubeを使って配信を行いました。
機材はいつも使用しているものと変わりません。
(カメラは他所の部署からお借りしました!)

カンファレンスと今回のライブ配信のちがい

カンファレンスは、基本的に動きが静的です。
大きめのビジョンがある、その前にスピーカーが居る、その近くに司会がいる。
スピーカや司会は話ながら体を動かしても位置は固定で会が進むので比較的撮りやすいです。

今回のイベントでは司会者が会場をくるくる移動し、動きがありました。
参加者も会場のなかを前へ後へ移動しながら会が進んでいきます。

カメラの位置を固定し、カメラワークを切り替えながら動く絵を撮るところがカンファレンスのライブ配信との大きな違いでした。
また、場面によっては複数の人がマイク有り・無しが混在して話をすることもあり、音声をMIXさせるのが難しかったです。

やってみて

いつもと色味の違うイベントでライブ配信を行うことで、新しいタイプの方々と仕事ができたのは目新しかったです。
私は音声を担当しましたが、音のMIXが難しい。もっとうまくなりたいと思いました。

また、機会があれば色々なライブ配信にチャレンジしてみたいです!

PAGE TOP