サーバセットアップの強い味方、ノートパソコン接続KVMコンソールの紹介

最近ギックリ腰(筋膜炎)で腰の大切さ、ありがたさを実感したトウマツです。こんにちは。
今回は、便利ツールを見つけましたので、みなさまに紹介したいと思います。

DMM.comラボは、DMM.comのサービスを快適にご利用いただくために、毎日のようにサーバを増設しています。

このサーバ増設には、サーバに対してIPアドレス等の初期設定をする為に、キーボード、ディスプレイ、マウスの3点セットが必要となる場合があります。
しかし、これらは大きく、重く、そしてかさばるので持ち運びに適さず、ギックリ腰の僕には苦行です。また、ディスプレイは電源を必要とするため200V供給のみのラックでは電源の確保も一苦労なのです。

というわけで、そんな悩みを解決してくれそうなツールを探してみたところ、良さげなツールを発見したので実際にどんな使い方が出来るのかを試してみました。

ノートパソコン接続KVMコンソール
http://www.startech.com/jp/Server-Management/KVM-Switches/USB-Crash-Cart-Adapter~NOTECONS02

CrashCartAdapter単体

 

実際にMacBook Pro‎とノートパソコン接続KVMコンソールを接続し、サーバをセットアップしてみるの図

CrashCartAdapter全体

 

このノートパソコン接続KVMコンソールをノートパソコンに接続して専用アプリケーションを起動すると、ノートパソコンのキーボードとマウスの入力信号をサーバにそのまま転送し、サーバから出力されるビデオ出力をノートパソコンの画面上に表示します。
つまり、従来サーバの初期設定に必要であったキーボード、ディスプレイ、マウスは不要となり、ノートパソコン1台とこのノートパソコン接続KVMコンソールのみ持っていけば済むのです。

ノートパソコン接続KVMコンソールの専用アプリケーションは、Mac OS XやWindowsにはもちろん、Linuxにも対応しています。また操作画面の録画機能を搭載していたり、USB CD-ROMに見せかけてISOイメージを読み込ませたりできるなど、「現場」で必要な機能が詰まっており、DMM.comラボのサーバデータセンタチームでも評判のツールの一つです。

というわけで、今後も面白そう、便利そうなツールをどんどん紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

※こちらから購入しました@2015/12/02時点 $323.99
KVM Console to USB 2.0 Portable Laptop Crash Cart Adapter
(もちろんアフェリエイトではありません)


PAGE TOP