ONIEをbuildしました

おはようございます。ライトノベル好きのツチノコです。ヒマワリの季節が近づいてきましたね。

さて、タイトルの通り、ONIEをbuildしました(というか何回かしている)ので日本語で手順をまとめておきます。
公式のドキュメントは https://github.com/opencomputeproject/onie/wiki/Building-ONIE です。

5月のJapan ComCamp meets de:codeでLTした、例のブンチンカッコカリからのリカバリの時にも利用しました(スライド中ではONIE関連は省略)。

前の記事はここです。間があいてしまってもうしわけないです(夏休みの宿題はためるタイプでした)

環境はDockerで作ってしまうことにします。Dockerfileは https://gist.github.com/wataken44/e5e6c7f94b257c15196d50bab9a9a2de にあります。

まずはimageをbuildします。

Dockerfileの中身は以下のようになってます。

コンテナを走らせてbuildします。

<vendor>,<model>のところにはお手元の機種名を入れます。DellのS6000-ONだとそれぞれdell, s6000_s1220になります。一覧は ~/onie/machine 以下にあります。

1時間くらいでbuildが終わり、isoイメージやpxe用のイメージができます。

あとはUSBメモリに焼くなりなんなりしてセットアップすればONIEのインストールができるようになります。
ご活用ください。

BIOS
上はDell S6000-ONのBIOS画面です。AMIのBIOSが動いていて、8GBのメモリが乗っていることがわかります。
シリアル経由ですがツチノコブログの読者には見慣れた画面ではないでしょうか。

S6000のBIOS
Boot orderを変更できる画面です。

ネットワークスイッチのBIOS画面が見れて、そこらへんのPCと同じようにOSをインストールしたりできるようになりました。すごい時代ですね。

p.s. このテンプレ展開のせいで、おれのラブコメが鬼畜難易度がすごい


PAGE TOP