Lightweight Language of Things(LLoT)に行ってきました


過去の関連記事:今週末(8/23)はお台場(LL Diver)に行こう

Lightweight Language of Things
http://ll.jus.or.jp/2016/

8月27日(土)に日本電子専門学校で行われた、真夏のプログラミング言語イベントこと、LLイベントのお手伝いに行ってきました。入り口で受付のお手伝いをしたのですが Peatix とっても便利ですね。イベント参加者として使用したことはあったのですが、イベント運営側で使用するのが初めてだったのでちょっとテンションが上がりました。QRコードをかざすだけで、さくっとイベント申込者を確認できる仕様、便利でしたー!

LLイベントとは

Lightweight Language (軽量プログラミング言語)をテーマとして1年に1回開催しているイベントです。
今年は、Lightweight Language of Thingsというタイトルに掲げ、LLらしい言語、LLらしいプログラミングとは何かを議論するカンファレンスでした。

これまでのイベントについてはこちらをご覧ください。
http://ll.jus.or.jp/2016/history

個人的に面白かったセッション

IMG_8729

LL言語の話でないところをフォーカスして大変恐縮ですが、キーボードにこだわろうについて書きます。

今回のセッションでは、Happy Hacking Keyboard、Realforceのメーカの方、ErgoDox、Kinesis愛用者さんが登壇して、キーボードについて熱い議論が繰り広げられていました。
私は、ThinkPad X1 CarbonのノートPCのキーボードを利用している所謂「キーボード0円勢」ですが、会場アンケートで2万円以上のキーボードを使用している方が多くてびっくりしました。

印象に残っている話をざっくりと

・Happy Hacking Keyboardを当時、秋葉原の小売店で販売したら32000円であっという間に売れた、無刻印キーボードはエンジニアの自尊心をくすぐった。当初、イベント販売だった物が定番商品になった。
・ErgoDoxは、ろくろを回す姿勢は疲れないので、近いポーズでキーボードが打てるように作った。
・東プレの静電容量無接点キーボードは接点がないので摩耗せず、壊れにくい。
・アームレストにはバナナの高さがちょうどよい。バナナが悪くなる前に食べて次のバナナに交換するオペレーションが必要。

展示ブースにて

展示会場では、各キーボードが展示してあり、個人的には東プレの静電容量無接点キーボードがすごくしっくりきて欲しい!となりました。Happy Hacking Keyboardは総漆塗りの試作機から、実際に発売された50万円のキーボードも!漆塗りでもキーの打ち具合はHappy Hacking Keyboardそのものでした。大変お高いのですが、漆塗りは耐久性が高くコーディングがはげることもないとのことでしっかりしたお品でした…!触れて感動!(現在、購入することはできません!)
IMG_8732

本当にすこしだけ言語の話

Dynamic Typing再考を聞いて、印象的だった発言を少しだけ。ちなみに、最高と再考をかけているそうです…。

・6月は毎年来る!クリスマスとは違う!(毎年6月にES20xxとしてリリース)
・型がなくても動くのに型をかくのは冗長
・本当はテストも書きたくない

”型がなくても動くのに型をかくのは冗長”というお話を、まつもとゆきひろさんが何度もお話しされていたのがとても印象的でした。これを心から理解できるように言語の勉強を少し始めようと思います。

 

最後に

JTF2016の懇親会にてひょんなことから、今回お手伝いに行くことになりました。いつもとは異なる界隈の話が聞けて有意義でした。個人的なこととしては3Fの控室兼展示ブースで、前田さんに見せていただいたTコード芸(芸ではないですね、失礼しました。)が素晴らしすぎました。変換なしですらすらと漢字を入力する様を見せつけられました。常人にはまねができない。

ご興味のある方はこちらをお読みください。
Tコードについて

«
»

Comments

    • コメントありがとうございます。

      キーボードについて、記事本文を修正しました!
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)