第6回ICTトラブルシューティングコンテストに参加してきました

お久しぶりです。 2年間の学生延長オプションを申請したツチノコ、@whywaitaです。

1年ぶりにツチノコブログにお邪魔させて頂きますが、今回もICTトラブルシューティングコンテスト(以下、トラコン)のお話をさせて頂きたいと思います。 トラコンそのものにつきましては、過去に何名かが記事を投稿しておりますので、そちらも確認頂ければと思います。

第4回、第5回と運営側として参加してきた私ですが、今回は”運営OB枠”、チーム「traITors」として、参加者側で大会に加わりました。 今回は先日行われた”NTT西日本杯 第6回 ICTトラブルシューティングコンテスト”の 参加 レポートとなります。

到着まで

前日(8/26)の朝、私とメンバーの1人は東京を発ちました。学生にはお金はありませんが体力があります。 ここまで言えば分かる方には分かるかもしれません。青春18きっぷを使った12時間の旅が始まったのです。 我々が通ったルートを地図に書き出してみるとこのようになります。

12時間旅行

道中は浜松で鰻を食べました。特急を乗らずに浮いたお金で美味しい鰻を食べるライフハックとなります。

そんな楽しい(厳しい)旅を乗り越え、我々は大阪に到着し、トラコンに参加しました。

訪れた危機

大会の1日目(8/27)の朝に、チームメンバーが集まりました。チームメンバーが大阪と東京に居た関係で顔を合わせるのは前回大会ぶりでした。運営委員も疲れているだろうという事で、翼を授けるドリンクを差し入れ用に購入しました。

Redbull15本

会場に到着すると慌ただしく最後の詰めの作業をしている運営委員や、昨日遅くまで作業していたのかゆっくりと体を休めながら会場に到着する運営委員が居ました。前々回や前回の我々はあのように見えていたのか、という話をチームメイトとしていると、開場時間になったので我々も会場入り。そんな我々に用意されたテーブルには、他のチームのテーブルには置いてあるLANケーブルが無く、あったのはLANケーブルを作る為の工具類でした。

工具

するとにやけた顔の運営委員がやってきて、「皆さんはL1からお願いしますww」と言って去って行きました。ちくしょう。

まあ仕方が無いとメンバーでLANケーブルを作成します。こういう時に限って大人達は楽しそう写真を撮りにくるのです。ちくしょう。

さて、ようやくLANケーブルが出来上がってルータやスイッチに結線したら、ようやく競技を開始出来ます。

まず、スコアサーバにユーザ登録します。前回まで問題の出題や質問の窓口としてRedmineを用いていたのですが、今回は運営陣が開発したスコアサーバを用いて行いました。

kyontan/ictsc-score-server

個人アカウントの登録には「自分の名前」「自分で決めたパスワード」「運営から渡された登録コード」を用いるようです。登録コードは8文字程とのこと。 じゃあユーザー登録、を…

登録コード

運営委員によると128文字あるとのことでした。

な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった…
ジャン=ピエール・ポルナレフ


運営委員からの愛のプレゼント(単に嫌がらせとも呼びます)は問題にも現れます。

各チームにはそれぞれIP Phoneを渡されていました。 Cisco社から提供されたモデルはPoEによって運用されており、LANケーブル1本で電力とデータを供給出来ます。 しかし我々のチームのIP Phoneはそもそも色々な情報が来ていないようでした。 色々試してみたのですが問題が解決出来ず、ふと使われていた(これは運営陣が用意したLANケーブルです)ものを見てみると…

データ線無しLANケーブル

上が正常なLANケーブル、下がIP Phoneに刺さっていたLANケーブルです。 少し見づらいですが、下のLANケーブルには中の線が少し足りない事にお気づきでしょうか?

なんと運営委員は、PoEの中で電源給電部のみを残したLANケーブルを専用で作成していたのです。 ここまで手の込んだ悪戯をする為には、少なくない労力が必要でしょう。我々は逆に少し感心してしまいました。

さて、結果は…?

多くの運営委員からの嫌がらせ愛を感じながら、競技は終了しました。

結果としては2位相当(我々は招聘チームのため、表彰対象外となっています)で、あと8点足りず1位にはなれなかったようです。 うーん、残念。

前回のDMM.com Laboさんの言葉をお借りして、

『まあ結果はいいじゃないか』

という事で。


大会の翌日(8/29)、我々チームメンバーは会場に再度訪れていました。

大会は2日間で終わりですが、最後に会場からの撤収作業が必要となります。 お借りしたルータ、スイッチ、サーバ、ラックを1つ1つ梱包しながら片付けていきます。 勿論会場もお借りした時の状態に戻します。大会で利用したホワイトボードや机なども元の形に戻します。

東京へ送る荷物全ての発送が終われば、現地での作業は終了です。

まとめ

4日間の参加レポートをお届けしました。

参加者側からの視点で見るトラコンはまた運営側から見る物とは別の物です。 今までもそれは若干感じていたのですが、実際に運営側と参加者側両方を経験してみると、また色々な物が見えて興味深い感想を持ちました。 どういうような感想を抱いたのかなどは、今回の運営委員にフィードバックしていき、よりよい大会運営に役立てていきたいと考えています。

一緒に大会に参加してくださった参加者の皆様、この大会の為に尽力してくださった社会人の皆様、 そしてなにより、今回のトラコン開催にこぎつけた運営委員に感謝申し上げます。

次回大会をお楽しみに。

どのような形で関わるかは、この記事を読んでくださった貴方次第です。


PAGE TOP