PPAP – Printing Performance Achitecture Protocol


そろそろ忘年会シーズンです。
PPAP、練習してますかー?

ちなみにPPAPというのは、HPの独自プロトコルです。
詳細は以下を読んでください。

PPA – HP Printing Performance Architecture
http://www.undocprint.org/formats/page_description_languages/ppa

 

英語は苦手ですよね?
最近パワーアップしたというGoogle翻訳を使ってみました。

PPAPをGoogle翻訳

英語

The PPA protocol is actually composed of two protocols: a lower-level packet protocol called VLink and the Sleek Control Protocol (SCP). The VLink protocol regulates all data transferred back and forth between the printer and the computer. SCP sends command sequences to tell the printer to do things like load a sheet of paper, eject, and print a sweep.

Although PPA is a bi-directional protocol, I have mainly concentrated on its uni-directional component. It is not required for the host to be aware of the bi-directional nature of the device, which makes this easy to do.

All values are stored in big endian format.

日本語

PPAプロトコルは実際には、VLinkと呼ばれる低レベルパケットプロトコルとSCP(Sleek Control Protocol)という2つのプロトコルで構成されています。 VLinkプロトコルは、プリンタとコンピュータ間で転送されるすべてのデータを制御します。 SCPは、コマンドシーケンスを送信して、プリンタに用紙のセット、取り出し、掃引などの処理を指示します。

PPAは双方向プロトコルですが、私は主にその一方向コンポーネントに集中しています。 ホストがデバイスの双方向性を認識することは必須ではありません。このため、これを簡単に行うことができます。

すべての値はビッグエンディアン形式で格納されます。

 

ほぼ完璧な翻訳。
Google翻訳すげー、というネタでした。

忘年会で無駄な小ネタを披露してツルツル滑って欲しいな、と願っています。

«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)