ツチノコNOC 〜ホットステージ大会 LANケーブル作ったよ編〜


こんにちは、普段はDMMでサーバサイドエンジニアをしていますウドラです。

2017年1月18日〜20日に開催された、JANOG39のお手伝いをさせていただきました。ありえないくらい遅くなりましたが、2016年12月13日 〜 15日の3日間で開催されたホットステージ大会の様子をレポです。

ホットステージとは、実際の会場を想定し、 準備した機材でネットワークを構築し動作確認する作業のことです。設定した機材を最終的に、会場にもっていき配置していきます。実は、ホットステージがなにかさえ、わかっておりませんでした(*ノω・*)テヘ

主に3チームにわかれ、以下の作業をしました。
※一部残作業は、各チームがリモートで対応してくださったそうです。お疲れ様です(´;ω;`)

・ネットワーク … IXルータ、PoEスイッチ、APなどの設定作業
・サーバ … DHCPなどのサーバ構築や、監視ツールの導入
・WiFi … ケーブルの準備・チェック、仮組み

現場では、サーバサイドエンジニアの私には縁がない高価なCiscoのAP(中古)がごろごろ転がっていて、ドキドキです。

さて、私はホットステージ大会では、LANケーブルの作成をお手伝いさせていただいました!

事前に 会場下見 をしているので、ルータやAPなどの配置場所をもとに、必要なLANケーブルはリスト済です。今回、短いのは市販のもの、長いものは自分たちで作成しました。その長さ、MAX70m。

1. 既成品のLANケーブルのラベリング

まずは、既成のLANケーブルの長さを確認しながら、ラベリングをします。

ラベリングは、スイッチに大量のLANケーブルをさすので、緊急時にケーブルを抜き間違えを防止するために、必要な作業です。

こんな風にたくさんささっていると、どのケーブルかなんか、すぐさまわかりませんし。

ラベリングが完了したら、袋に戻します。袋にも、番号を書いておきます。
袋に番号があることで、会場設営でケーブルを探す手間を省くことができます。
地味な作業ですが、円滑な運営をするには必須の作業になるのです(`・ω・´)

2. LANケーブルの作成

既製品のラベリングが完了したら、既製品では準備できないLANケーブルの作成に入ります。

2-1. LANケーブルを測り、切る

LANケーブルは切られないものが売られています!

今回は、CAT5e UTP 4P TSUNET-350E 0.5-4P という カテゴリ5e(CAT5e)ケーブルを、ほしい長さに切って作成していきます。

60mオーバーのさを測るのか(;´д`)…と思ったんですが、心配無用。
ケーブルには1mごとに長さが表示されているので、欲しい長さまでひたすら箱からケーブルを出していきます。

ひたすら…

ひたすら…、ひたすら…

とにかく長いので、ケーブルを出す側と、出したケーブルを巻く係の二人一組で行いましょう。
ケーブルを巻くとき、ただまくのではなく、ケーブルをひく時からまないように、 八の字巻きで巻いていく必要があります!

…8の字巻き、…… 8の字巻き……
難しい(´;ω;`) とにかく、難しい(´;ω;`)

言葉では説明できないので図解をしてみました。こんな感じで、順手、逆手を交互に巻いていきます。

必要な長さを箱から出したら、ニッパーでざっくり切ります。

2-2. ケーブルの外皮を剥がす

保護ケーブル(ゴムの部分)の中から芯線をだすため、外皮むき工具などを使って保護ケーブルをはずしていきます。

このあと中の芯線をほぐしたりするので、5~8cmくらいのところで切れ目を入れてしまっていいと思います。
ケーブル自作初めて組なので、失敗を踏まえて少し長めから、外皮をはがしています。

外皮むき工具は、軽めに刃をいれてください!
強めに刃を入れると、中の芯線を傷つけてしまい、再び外皮をむきなおし作業…と、どんどんLANケーブルが短くなってしまいます。外皮むき工具は、軽くやさしく、1回転させて切れ込みをいれましょう。切れ込みをいれたら、ケーブルの端を強めにひっぱったりして、外皮をむきます。

2-3. ケーブルの撚りをほどく

芯線がでれきたら、カラフルな線が各ペアで絡まっているので、撚りをすべてほどいていきます。

ほぐします…

ほぐれーん!!!!!
四苦八苦していると、Wifiチームリーダーさんが、簡単なほぐし方をおしえてくれました!

先端の部分は切ってしまうので、強くぐりぐりして芯線を傷つけても、問題ないとのこと。
遠慮なく折ってトグル状にし、先端をぐるぐるまわして、撚りをほどいていきましょう!

2-4. ケーブルにコネクタを取り付ける

ほぐれたらコネクタに芯線をいれ取付作業を行います。今回準備したコネクタには、 ロードバー(蛍光黄色のやつ)があるタイプです。

芯線の並びは、T568A配線とT568B配線の2種類が存在します。AとBで性能の違いはないのですが、混在させていはいけません!

今回は、一般的なT568B配線で取り付けます。白橙(オレシロ)・橙(オレ) ・白緑(ミドシロ) ・青(アオ) ・白青(アオシロ) ・緑(ミドリ) ・白茶(チャシロ) ・茶(チャ)で並べていきます。

先にロードバーに芯線を、T568B配線順で差し込みます。

芯線がはみ出てる場合は、切って調整しましょう。切り終わったら、コネクタに差し込みます。コネクタ部分に金属があるので、少なくとも、芯線がツメ(金属)に触れる位置までは、ロードバーを押し込みます。爪が芯線に触れないと、ケーブルとして機能しないので注意。

コネクタにさしこんだら、かしめという工具で、圧着します。迷いなく一気にかしめます。これで、LANケーブルの完成!

3. LANケーブルのテスト

LANケーブルが問題なく、動くか検品しましょうー。FLUKE networks のケーブル・テスターを使います。

ちなみに、こちら100万円ほどする高級機械だそうな。とりあえず、拝んでおきましょう。

テスト開始

…見事合格。よかった(∩´∀`)∩ワーイ

損失も問題なかったようです。

今回5本ほどつくりましたが、1本以外は合格でした!
その1本もかしめが失敗しただけで、コネクタを付け直したところ見事合格できました!

逆に市販のケーブルは、2本以外は不合格という状況(´・ω・`)

テスター機械の性能がよすぎるので、数値的には問題なしとのことでしたが、LANケーブルは自作したほうが性能は圧倒的によさそうです。費用もかさみますが。

ということで、みなさんがホットステージを設定している横下でケーブル作成をしてたのでした。

ちょっと時間があまったから、熊手もつくったよ!

最後は仲良く記念撮影

作成したケーブル含めホットステージは、問題なく JANOG39で動作しました(∩´∀`)∩ワーイ
«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)