第二回 StackStorm 勉強会参加報告

 こんにちは、インフラ本部の大山裕泰です。
 2017/03/23 に開催された StackStorm勉強会 第2回 に参加してきました。以下で各セッションの紹介と感想を書かせていただきます。

Event-driven automation, DevOps way


(Speaker: Dmitri Zimine 氏 [Brocade (StackStorm Founder & CTO)])

セッション概要

    * StackStorm は何なのかという話。一言で言うと ‘IFTTT for DevOps’
    * StackStorm のワークフローエンジンの解説。
    * ユースケース・利用事例 (Mirantis, NETFLIX など)。運用プラットフォームとして StackStorm を利用し、更に従来のオペレーションをサービス化した話など

所感

 StackStorm は様々な使い方ができてしまうため、これが一体どういったもので、どういった使い方をするのがベストなのかはっきりとはわかりませんでしたが、各社の利用事例を踏まえ、StackStorm が最大限効果を発揮する使い方について理解できました。

“If 自動化するなら Then StackStorm を使おう!


(Speaker: 小島一憲 氏 [SoftBank])

セッション概要

 従来の運用を StackStorm で一部置き換えた事例と教訓話。人間がオペレーションする前提で組まれたマニュアルをそのまま自動化させると無理が生じるケースがある(ex. “手順:アラートが上がった際の機器の時間と標準時間の誤差を出す” など) ため、自動化を前提とした運用設計を組み直す必要があるかもしれない。
 構成管理システムと連携することでよりパワフルに使える話。イベントに対して構成管理システムを参照して、オペレーションを制御するような使い方など。

所感

 とても実践的で聞き応えのある内容でした。特に構成管理システムとの連携で話では、それぞれのシステムの特性を理解したうえで使い分ける運用技法は参考になりました。

インターネット・エクスチェンジで運用自動化に StackStorm を導入した話


(Speaker: 杉本周 氏 [インターネットマルチフィード])

セッション概要

 以前はマニュアルとスクリプトで機器のオペレーションを行っていた。これを共通のフォーマットで記述されたワークフローで運用手法を定義し、構成管理システムなどの外部システムと連携して、複雑な運用を自動化させるチャレンジを実施。
 StackStorm v1.5 から使用し、最新版 (2.2) まで逐次アップデートを問題なく行って来れた。

所感

 かなり初期から StackStorm を導入し、運用しながらのアップデートを随時行ってきており StackStorm 自体の運用ノウハウは相当溜まっているのではないかと思います。

StackStormを用いたネットワーク機器の制御


(Speaker: 北川裕介 氏 [日商エレクトロニクス])

セッション概要

 Excel で記入された NW 機器設定の指示書を読んで、機器の設定を行う仕組みを StackStorm + Ansible で作った話 (Ansible を利用した理由は、既に機器の構築用の Playbook 資産を活用するためとのこと)。

所感

 斬新な使い方でした。StackStorm のアクション/ワークフローの機能は一切使わずに、単に Excel パラメータを読んで Ansible に渡すだけの処理に StackStorm を使うという妙。

おわりに

 インターネットマルチフィードや SoftBank をはじめ、前回の勉強会で登壇されたリクルートテクノロジーズなど、国内に様々なユーザが居る事実に驚きました。
 我々も StackStorm による運用改善を試みており、こうした取り組みについて OpenStack 最新情報セミナーJANOG39.5 Interim Meeting で発表するので、是非いらしてください。

おまけ

 StackStorm 公式 Slack では、1,300 人以上の StackStorm ユーザが参加し、日々情報が交わされていますが、2017/03/28 から公式の日本語チャンネルが開設されました。

 (写真の ‘dzimine’ が StackStorm CTO のアカウントです)


PAGE TOP