JANOG39.5 Interim Meetingに参加しました

六本木オフィスはじめて♥のイベント

JANOG39.5 Interim Meetingに参加しました。
会場は、先日ご紹介した六本木の新オフィスです!
200人近い参加者がいらっしゃいました。

 

ストリーミング配信を担当しました

当日のストリーミング配信を担当しました。
新オフィスで開催する初めてのイベントでしたので、準備にドキドキ。
大きいスクリーンの一部が映らないトラブルはありましたが、配信については大きなトラブルもなく任務を完遂できました。
見てくださった皆さん、ありがとうございました!

DMM.comラボのエンジニアが登壇しました

今回のJANOG39.5 Interim Meetingでは2名のエンジニアが登壇しました。

StackStorm による統一インターフェイスと運用作業の一元化によるコスト削減の取り組み/大山 裕泰

登壇資料

テーマ:StackStormによる効率化の実現についての話

課題

・システムが増えることはあっても減ることはない→オペレーションが複雑化する→エントロピー増大
・オペレーションが特定のシステムに依存する問題

弊社の解決策

・StackStorm によるシステムの抽象化
・IFTTT x WorkFlow
・人がオペレーションに介在しないで済む
・個別のシステムの置き換えがユーザから見えない

StackStorm で発生する (ことが予想される) 課題

・StackStorm自体の管理・運用コストが発生する
・WorkFlowは書かないといけない
・足りないモジュールを何とかしないといけない
・オペレーションがStackStormに依存する

会場には実際にStackStormを使用しているエンジニアも多くいらっしゃり、盛り上がるセッションとなりました。

JANOG39 会場ネットワークの裏話/熊谷 暁

登壇資料

テーマ:JANOG39会場ネットワーク裏話

ツチノコNOC結成の目的

・会場ネットワーク構築ノウハウの蓄積
・社内・社外の非ネットワークエンジニアとの交流
・社内で会場ネットワークを準備することで費用の削減

今回のテーマ

・手堅くやろう!
・ある程度、誰にでも作れる会場ネットワークを提供するのが目標

ネットワーク構成

・VPNでデータセンタに接続し、サーバなどはデータセンタに配置
・データセンタから位置が遠いと、遅くなることも

Wi-Fiチームについて

・現場配線チーム
・現地で距離の測定、APをどこに設置するか決める
8の字巻について

今後の野望

・オンプレのサーバをパブリッククラウド上に置きたい
・CONBUで、さくらのクラウドを利用した会場ネットワークを提供しました

関連記事:イベント会場ネットワークにさくらのクラウドを活用してみた 第1回 – インターネット接続編

個人的に面白かったセッション

博多駅前の陥没事故で何が起きたか

博多駅前で陥没事故が起きた際、突然の大量アラート発生から復旧までのお話。
想定外は身近で起き、これをやっておけば十分だということはない。
先入観は判断を鈍らせ、分かっていてもいざという時焦ってしまう。
という言葉が、心に残りました。
人的被害が一切発生しなかったのも、タイミングがよかったのだなと。

AWS の IAM 秘密鍵を GitHub に push したあと 1 時間でされたこと

IAMコードの入ったコードをGitHubに上げてはいけません!
579万7028円の請求が!!
多要素認証しているから自分が乗っ取りにあうことはない、自分に非はないと考えるのはよくない。
パニックになるとフォーカスが狭くなる、一人では解決できなかったかもしれない。
婚約者さんマジ天使!(イイハナシダナー
# 婚約者さんが「これでは?」と送ってくれたQiita

最後に

イベント後の懇親会も盛り上がり、大盛況でした。
恵比寿のイベントスペースに比べ収容可能な人数も増え、イベントスペースの使い方も広がりそうです!
何かの際には、ぜひ足を運んでください。


PAGE TOP