六本木オフィスに引っ越してきました!

インフラ部隊も大手町オフィスから六本木に引っ越してきました。
#残っているチームもいます♪

移動してまだ数日ですが、六本木オフィスは新しくて気持ちがわくわくします。
駅直結のビルなので、通勤時に雨に濡れることがなくなりましたし、
窓が大きく光が入るのでとても過ごしやすいです。

窓の外には、東京タワーやレインボーブリッジという景色が広がっています。
大手町ではすぐそこに見えていたスカイツリーは少し遠くなってしまいました。

 

#窓ガラスが緑色なので青みがかった写真ですみません。

入り口にたくさんのお花が飾られているのですが、そのなかに気になるお花がありました。

お花の中に手作りのチーノ君がいます!!

可愛らしいお花とチーノ君に胸キュンです。
席の近くにお花を移動させてもらいました。うれしい。

作業スペースは仕切りがなくフラットな作りになっています。

机の大きさは大手町オフィスよりも若干大きくなりました。
机の仕様上、4Kモニタにアームが付けられなくなってしまったのは、残念。

フロアのあちこちにフリースペースが用意されており、ミーティングやランチ時に利用できます。

 

一人掛けのスペースもあるので、作業に集中したいときはここに籠ることも可能!

 

今週の金曜日にはJANOG39.5ミーティングをフリースペースで行います。
ストリーミング配信のお手伝いをすることになったので、こちらも今から楽しみです。

 

参加人数を増やしたようですので、ご興味のある方はぜひ足をお運びください!

最後に、DMM.comラボエンジニアブログで紹介されましたが、オライリー全巻が六本木オフィスに導入されました(パチパチ
エンジニアからの要望が多かったので導入されてうれしい!
オフィスもきれいになって働きやすい環境が整うとありがたい限りです。

技術を肴にご飯を食べた 〜 SSL/TLS本、技術書典2、DroidKaigi、ElixirConf、IPv6 〜

先日あきみちさん、鹿野さんと一緒にご飯を食べたときの話が面白かったのでブログに残しておきます。

あきみちさん、鹿野さんには、以前ツチノコブログに寄稿をしてもらっていて、どれも人気エントリになっております。

あきみちさんが寄稿してくれた記事一覧
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?author=14

鹿野さんが寄稿してくれた記事
技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=2303

人気エントリになると書くほうも、やったぜ、と感じるんだけど、実際にはそうそうバズることはないんだよねえ。
鹿野さんに、どうすればバズるの?、とつぶらな瞳で聞いたら、「編集者がいたほうが良いですね、ちょっと手直しをするだけで読みやすくなりますよ」と一流の編集者らしい返答。
そ、そうか、なるほど。

 

で、その編集者が出版社を起業して最近出版したばかりの本を見せてもらったら、これがとても良い本なんですわ。


プロフェッショナルSSL/TLS(紙書籍+電子書籍)
https://www.lambdanote.com/collections/frontpage/products/tls

まず、序文がグっとくる。

本書の執筆には2年ほどかかりました。

私が時間をかけた分、読者のみなさんの時間は節約できます。
私がSSL/TLSとPKIの調査に膨大な時間を割くようになってから5年ほどたっていますが、そんな時間を誰もが確保できるわけではありません。
この本には、私が知っていることの中でも特に重要な内容を詰め込んでいるので、読者はわずかな時間で同じ内容で理解してもらえるでしょう。

で、中身をペラペラめくってみたら、理論、基礎、実装、問題点、運用、具体的な設定、が事細かに書かれてる。
これは買うしかないよなあ、と家に帰ってポチりましたよ。
ちょいと高いけど、短縮される時間を考えると、まあペイできるんじゃないかな、と。

ソニーデジタルペーパー DPT-S1という端末で見せてもらったんだけど、これがまた良い端末なんですよ。
薄い、軽い、デカい。
プロはやっぱり良い道具を使っている。

ソニーデジタルペーパー DPT-S1
http://www.sony.jp/digital-paper/products/DPT-S1/

とはいえ、値段が高くて、今は販売終了してるとのこと。
世の中、良いものが売れる、というわけではないね。

(ちなみにでっかい端末じゃなくて手元のKindleでもちゃんと読めました)

 

この本の紙版は4/9に開催される技術書典2でも販売される予定とのこと。
面白そうなので私も顔を出すつもりでいます。

技術書典2
https://techbookfest.org/event/tbf02

技術書典は、TechBoosterと達人出版会の共催で、TechBoosterの代表はDroidKaigiの主催もしている@mhidakaさん。

TechBooster
http://techbooster.org/

DroidKaigi 2017
https://droidkaigi.github.io/2017/

DroidKaigiでは、CONBUがWiFiネットワーク構築を担当させてもらったよー、という話をしたら、鹿野さんもTechBooster関係者だったことが判明。
世の中狭い。
(CONBUはカンファレンスのネットワークを構築する団体でDMMも活動に協力しています)

DroidKaigi & ElixirConf への協力とCONBUプロジェクトメンバ (Droid Kaigi & ElixirConf) 募集のお知らせ
http://conbu.net/info/droid2017/

 

同じメンバーで、4/1(明日!)に開催されるElixirConfでも、WiFiネットワーク構築もすることになっているんだけど、Elixirはマニアックな言語のはずなのに思ったより人が沢山来るみたいで正直ちょっとびっくりしている。

ElixirConf 2017
http://www.elixirconf.jp/

マニアックポイントは以下。

  • ErlangのVM上で動作する(Erlangがマニアック)
  • 関数型言語(関数型ってのもマニアック)
  • 並行処理が得意(並行処理ってのもマニアック)

そんな話をしたら、鹿野さんが、日本のErlang本は全部関わってるんと思う、みたいなことを言うわけですわ。
世の中狭い&すげー。
鹿野さんによると今のElixir人気は、Phoenix人気じゃないか、とのこと。
RubyがRailsでブレイクしたのと同じことが起きているらしい。
なるほどねえ。

参考になりそうなURL
[翻訳] Railsの弟、Phoenix Frameworkで遊ぼう
http://qiita.com/HirofumiTamori/items/316e746948014cfa16e4

 

その鹿野さんがあきみちさんと今度一緒に作ろうとしてるのが、IPv6の教科書。
IPv6はもう実際に使われている技術ではあるんだけど、実際に付き合ってみると、意外と難物なんだよねえ。

  • RFCが沢山ある
  • アップデートが沢山ある。
  • 古くなった情報、間違った情報も残っている
  • デュアルスタックはトラブルシュートがむずかしい
  • IPv4を完全に置換できない
  • 実装がOSによってかなり違っている。
  • DHCPv6サーバとRDNSSサーバを両方用意する必要がある

新しい正しい情報が整理整頓されている本、というだけで手に入れる価値があると思うぞ。
近日中に情報公開されると思うのでそれをお待ちくださいませ。

(4/7追記)
情報公開されました↓
https://www.makuake.com/project/ipv6/

それにしても、Androidが、かたくなにRDNSSだけを使うのはなんとかならないものかしらねえ。
DHCPv6を使いたくない気持ちも理解はできるんだけど、AndroidがDHCPv6を使うようになれば、RDNSSの仕組みを用意しなくても良くなるのに。

 

あとは、DNSがいけてない話とか、身体の動かし方の話とかもしたかな。
いろいろ技術的に面白い話を肴に楽しい時間を過ごせるのは幸せなことだなあと思いました。
花見シーズン到来ですね。
気軽にお誘いくださいませ♪

【登壇情報】JANOG39.5 Interim Meetingに弊社エンジニアが登壇します♪

JANOG39.5 Interim Meeting

日時:2017年04月14日(金) 14:30 〜 20:30
会場:株式会社DMM.com(http://office.sumitomo-rd.co.jp/63/)
内容:インターネットに於ける技術的事項、および、それにまつわるオペレーションに関する事項を議論、検討、紹介する会です。

XaaS部 大山・ツチノコ企画室 熊谷が登壇します!

詳細は下記サイトをご覧ください。
https://janog.connpass.com/event/51445/

現在、ミーティング・懇親会の参加者を受付中です!
六本木に移動したばかりのDMM本社が会場となっておりますので、奮ってご参加ください♪

第二回 StackStorm 勉強会参加報告

 こんにちは、インフラ本部の大山裕泰です。
 2017/03/23 に開催された StackStorm勉強会 第2回 に参加してきました。以下で各セッションの紹介と感想を書かせていただきます。

Event-driven automation, DevOps way


(Speaker: Dmitri Zimine 氏 [Brocade (StackStorm Founder & CTO)])

セッション概要

    * StackStorm は何なのかという話。一言で言うと ‘IFTTT for DevOps’
    * StackStorm のワークフローエンジンの解説。
    * ユースケース・利用事例 (Mirantis, NETFLIX など)。運用プラットフォームとして StackStorm を利用し、更に従来のオペレーションをサービス化した話など

所感

 StackStorm は様々な使い方ができてしまうため、これが一体どういったもので、どういった使い方をするのがベストなのかはっきりとはわかりませんでしたが、各社の利用事例を踏まえ、StackStorm が最大限効果を発揮する使い方について理解できました。

“If 自動化するなら Then StackStorm を使おう!


(Speaker: 小島一憲 氏 [SoftBank])

セッション概要

 従来の運用を StackStorm で一部置き換えた事例と教訓話。人間がオペレーションする前提で組まれたマニュアルをそのまま自動化させると無理が生じるケースがある(ex. “手順:アラートが上がった際の機器の時間と標準時間の誤差を出す” など) ため、自動化を前提とした運用設計を組み直す必要があるかもしれない。
 構成管理システムと連携することでよりパワフルに使える話。イベントに対して構成管理システムを参照して、オペレーションを制御するような使い方など。

所感

 とても実践的で聞き応えのある内容でした。特に構成管理システムとの連携で話では、それぞれのシステムの特性を理解したうえで使い分ける運用技法は参考になりました。

インターネット・エクスチェンジで運用自動化に StackStorm を導入した話


(Speaker: 杉本周 氏 [インターネットマルチフィード])

セッション概要

 以前はマニュアルとスクリプトで機器のオペレーションを行っていた。これを共通のフォーマットで記述されたワークフローで運用手法を定義し、構成管理システムなどの外部システムと連携して、複雑な運用を自動化させるチャレンジを実施。
 StackStorm v1.5 から使用し、最新版 (2.2) まで逐次アップデートを問題なく行って来れた。

所感

 かなり初期から StackStorm を導入し、運用しながらのアップデートを随時行ってきており StackStorm 自体の運用ノウハウは相当溜まっているのではないかと思います。

StackStormを用いたネットワーク機器の制御


(Speaker: 北川裕介 氏 [日商エレクトロニクス])

セッション概要

 Excel で記入された NW 機器設定の指示書を読んで、機器の設定を行う仕組みを StackStorm + Ansible で作った話 (Ansible を利用した理由は、既に機器の構築用の Playbook 資産を活用するためとのこと)。

所感

 斬新な使い方でした。StackStorm のアクション/ワークフローの機能は一切使わずに、単に Excel パラメータを読んで Ansible に渡すだけの処理に StackStorm を使うという妙。

おわりに

 インターネットマルチフィードや SoftBank をはじめ、前回の勉強会で登壇されたリクルートテクノロジーズなど、国内に様々なユーザが居る事実に驚きました。
 我々も StackStorm による運用改善を試みており、こうした取り組みについて OpenStack 最新情報セミナーJANOG39.5 Interim Meeting で発表するので、是非いらしてください。

おまけ

 StackStorm 公式 Slack では、1,300 人以上の StackStorm ユーザが参加し、日々情報が交わされていますが、2017/03/28 から公式の日本語チャンネルが開設されました。

 (写真の ‘dzimine’ が StackStorm CTO のアカウントです)