CONBU, Erlang, IPv6, イベント

先日あきみちさん、鹿野さんと一緒にご飯を食べたときの話が面白かったのでブログに残しておきます。

あきみちさん、鹿野さんには、以前ツチノコブログに寄稿をしてもらっていて、どれも人気エントリになっております。

あきみちさんが寄稿してくれた記事一覧
https://tsuchinoko.dmmlabs.com/?author=14

鹿野さんが寄稿してくれた記事
技術書、それも売れるやつを書きたい人へ、編集者からのアドバイス
https://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=2303

人気エントリになると書くほうも、やったぜ、と感じるんだけど、実際にはそうそうバズることはないんだよねえ。
鹿野さんに、どうすればバズるの?、とつぶらな瞳で聞いたら、「編集者がいたほうが良いですね、ちょっと手直しをするだけで読みやすくなりますよ」と一流の編集者らしい返答。
そ、そうか、なるほど。

 

で、その編集者が出版社を起業して最近出版したばかりの本を見せてもらったら、これがとても良い本なんですわ。


プロフェッショナルSSL/TLS(紙書籍+電子書籍)
https://www.lambdanote.com/collections/frontpage/products/tls

まず、序文がグっとくる。

本書の執筆には2年ほどかかりました。

私が時間をかけた分、読者のみなさんの時間は節約できます。
私がSSL/TLSとPKIの調査に膨大な時間を割くようになってから5年ほどたっていますが、そんな時間を誰もが確保できるわけではありません。
この本には、私が知っていることの中でも特に重要な内容を詰め込んでいるので、読者はわずかな時間で同じ内容で理解してもらえるでしょう。

で、中身をペラペラめくってみたら、理論、基礎、実装、問題点、運用、具体的な設定、が事細かに書かれてる。
これは買うしかないよなあ、と家に帰ってポチりましたよ。
ちょいと高いけど、短縮される時間を考えると、まあペイできるんじゃないかな、と。

ソニーデジタルペーパー DPT-S1という端末で見せてもらったんだけど、これがまた良い端末なんですよ。
薄い、軽い、デカい。
プロはやっぱり良い道具を使っている。

ソニーデジタルペーパー DPT-S1
http://www.sony.jp/digital-paper/products/DPT-S1/

とはいえ、値段が高くて、今は販売終了してるとのこと。
世の中、良いものが売れる、というわけではないね。

(ちなみにでっかい端末じゃなくて手元のKindleでもちゃんと読めました)

 

この本の紙版は4/9に開催される技術書典2でも販売される予定とのこと。
面白そうなので私も顔を出すつもりでいます。

技術書典2
https://techbookfest.org/event/tbf02

技術書典は、TechBoosterと達人出版会の共催で、TechBoosterの代表はDroidKaigiの主催もしている@mhidakaさん。

TechBooster
http://techbooster.org/

DroidKaigi 2017
https://droidkaigi.github.io/2017/

DroidKaigiでは、CONBUがWiFiネットワーク構築を担当させてもらったよー、という話をしたら、鹿野さんもTechBooster関係者だったことが判明。
世の中狭い。
(CONBUはカンファレンスのネットワークを構築する団体でDMMも活動に協力しています)

DroidKaigi & ElixirConf への協力とCONBUプロジェクトメンバ (Droid Kaigi & ElixirConf) 募集のお知らせ
http://conbu.net/info/droid2017/

 

同じメンバーで、4/1(明日!)に開催されるElixirConfでも、WiFiネットワーク構築もすることになっているんだけど、Elixirはマニアックな言語のはずなのに思ったより人が沢山来るみたいで正直ちょっとびっくりしている。

ElixirConf 2017
http://www.elixirconf.jp/

マニアックポイントは以下。

  • ErlangのVM上で動作する(Erlangがマニアック)
  • 関数型言語(関数型ってのもマニアック)
  • 並行処理が得意(並行処理ってのもマニアック)

そんな話をしたら、鹿野さんが、日本のErlang本は全部関わってるんと思う、みたいなことを言うわけですわ。
世の中狭い&すげー。
鹿野さんによると今のElixir人気は、Phoenix人気じゃないか、とのこと。
RubyがRailsでブレイクしたのと同じことが起きているらしい。
なるほどねえ。

参考になりそうなURL
[翻訳] Railsの弟、Phoenix Frameworkで遊ぼう
http://qiita.com/HirofumiTamori/items/316e746948014cfa16e4

 

その鹿野さんがあきみちさんと今度一緒に作ろうとしてるのが、IPv6の教科書。
IPv6はもう実際に使われている技術ではあるんだけど、実際に付き合ってみると、意外と難物なんだよねえ。

  • RFCが沢山ある
  • アップデートが沢山ある。
  • 古くなった情報、間違った情報も残っている
  • デュアルスタックはトラブルシュートがむずかしい
  • IPv4を完全に置換できない
  • 実装がOSによってかなり違っている。
  • DHCPv6サーバとRDNSSサーバを両方用意する必要がある

新しい正しい情報が整理整頓されている本、というだけで手に入れる価値があると思うぞ。
近日中に情報公開されると思うのでそれをお待ちくださいませ。

(4/7追記)
情報公開されました↓
https://www.makuake.com/project/ipv6/

それにしても、Androidが、かたくなにRDNSSだけを使うのはなんとかならないものかしらねえ。
DHCPv6を使いたくない気持ちも理解はできるんだけど、AndroidがDHCPv6を使うようになれば、RDNSSの仕組みを用意しなくても良くなるのに。

 

あとは、DNSがいけてない話とか、身体の動かし方の話とかもしたかな。
いろいろ技術的に面白い話を肴に楽しい時間を過ごせるのは幸せなことだなあと思いました。
花見シーズン到来ですね。
気軽にお誘いくださいませ♪

CONBU, イベント, インフォメーション, コラム, ツール

あけましておめでとうございます。実は今年初のブログです。
本年もよろしくお願いします。

先日CONBUの一員として取材を受けた内容が、日経NETWORKの最新号の「ネット管理のお助けツール」という特集記事で取りあげられています。

日経NETWORK2017年3月号
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NN0203.html

我々が紹介した、手作りネット構築の便利ツール、は以下になります。

  • 譜面台
  • トランシーバーアプリ
  • 静電気で貼り付くホワイトボードシート
  • カーペット用ケーブルガード
  • マグネットフック
  • ゴムシート
  • 六輪台車
  • 隙間用LANケーブル
  • はがしやすいラベルシール
  • 360度カメラ
  • 面ファスナーテープ
  • 深めの折り畳みコンテナー
  • タグ付きのケーブルバンド
  • 外付けのNIC
  • 無線LAN調査機器

ネットワーク技術情報紙とは思えないものが並んでますね。
場違い感半端ない感じです。
でもそれぞれ便利なんですってば!!
便利そうなグッズを街で見かけたら、それどこで買ったの?、その道具の名前は何?、と遠慮せずに聞いちゃうのが情報集めのコツです。
深めの折り畳みコンテナは電車の中で釣りに行くおじさんからアイリスオーヤマで買えることを教えてもらい、スーパーマーケットの中の人に六輪台車の品名を教えてもらいました。

実際にこれらの道具が使われている様子は、CONBUがお手伝いしているイベント会場で見ることができますので、良かったら足を運んでみてくださいませ。

直近だと、DroidKaigi 2017、Elixir Conf Japan 2017 でお手伝いをさせていただきます。

DroidKaigi 2017
https://droidkaigi.github.io/2017/

Elixir Conf Japan 2017
http://www.elixirconf.jp/

 

残念ながら紙面に載ってないけど使うと楽しい道具は他にもあります。
過去のツチノコブログにも登場したモノを2つほど上げておきます。


ガフガン(GAFFGUN)

長いケーブルを一気に床養生できる凄いヤツです。

ケーブル養生の秘密兵器、GAFFGUNを使ってみた
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=1708

CONBU ライブ設営 @ YAPPC:Assia Tokyo 2015
https://www.youtube.com/watch?v=C8KR9W5JPfQ

大きめの会場で長い距離を一気に養生するときにはとても便利なんですよね。

とはいえ問題点がいくつかあるので、今回の紙面からは落選しました。

  • 使うのにちょっとコツがいる。
  • ベタっと貼られちゃうので撤収がしにくい
  • 床養生禁止の会場等もあり、使える場所を選ぶ
  • 面養生が必要なケースはそれほど多くない
  • 人が通るような場所をしっかり養生する場合にはゴムシート等の別の道具で養生するほうが良い
  • 使ってると楽しくなってきちゃって、使うことが目的になってきちゃう。

ウォーキングメジャー

コロコロ転がすと距離が測定できる道具です。

ツチノコNOC JANOG39会場下見に行ってきました
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=4877

ツチノコNOC〜会場ネットワーク構築下見編〜
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=4839

これも以下の理由で今回の紙面からは落選してしまいました。

  • 会場から提供される図面に距離がきちんと入っていることが多く測定が必要ないことが多い
  • 使ってると楽しくなってきちゃって、測定に夢中になって他の大事なことを見落としちゃうことがある。

使って楽しい道具のほうがもちろん良いのですが、楽しすぎて手段が目的化しちゃうのは良くない、ってことですねえ。
我々は使って楽しい便利な道具を引き続き募集中です。

コラム, 小ネタ

そろそろ忘年会シーズンです。
PPAP、練習してますかー?

ちなみにPPAPというのは、HPの独自プロトコルです。
詳細は以下を読んでください。

PPA – HP Printing Performance Architecture
http://www.undocprint.org/formats/page_description_languages/ppa

 

英語は苦手ですよね?
最近パワーアップしたというGoogle翻訳を使ってみました。

PPAPをGoogle翻訳

英語

The PPA protocol is actually composed of two protocols: a lower-level packet protocol called VLink and the Sleek Control Protocol (SCP). The VLink protocol regulates all data transferred back and forth between the printer and the computer. SCP sends command sequences to tell the printer to do things like load a sheet of paper, eject, and print a sweep.

Although PPA is a bi-directional protocol, I have mainly concentrated on its uni-directional component. It is not required for the host to be aware of the bi-directional nature of the device, which makes this easy to do.

All values are stored in big endian format.

日本語

PPAプロトコルは実際には、VLinkと呼ばれる低レベルパケットプロトコルとSCP(Sleek Control Protocol)という2つのプロトコルで構成されています。 VLinkプロトコルは、プリンタとコンピュータ間で転送されるすべてのデータを制御します。 SCPは、コマンドシーケンスを送信して、プリンタに用紙のセット、取り出し、掃引などの処理を指示します。

PPAは双方向プロトコルですが、私は主にその一方向コンポーネントに集中しています。 ホストがデバイスの双方向性を認識することは必須ではありません。このため、これを簡単に行うことができます。

すべての値はビッグエンディアン形式で格納されます。

 

ほぼ完璧な翻訳。
Google翻訳すげー、というネタでした。

忘年会で無駄な小ネタを披露してツルツル滑って欲しいな、と願っています。

小ネタ, 趣味, 雑談

今日はポッキーの日ですが、酉の市の日でもあります。

酉の市
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%89%E3%81%AE%E5%B8%82

今年の酉の市は11月11日と23日、深夜0時から24時間続きます。

昨晩新宿の花園神社に行ってきました。
沢山の提灯が吊られ、縁起物である熊手が沢山売られていました。

img_4364

小さいのを1つ買ってみましたが、自分でも作ってみたくなりますよね。

img_4368

ということで、みんなの手元にあるUTPケーブルを使って熊手を自作してみます。

素材、道具

  • UTPケーブル
  • ニッパー
  • ケーブルストリッパー
  • 細径電動ドリル

img_4373

ケーブルを剥く

ケーブルストリッパーで 被膜を剥きます。

img_4374

img_4376

被膜を加工

開いて、ドリルで穴を開けていきます。
安全のためダンボール箱に養生テープで固定しつつ作業をしています。

img_4382

img_4383

ケーブルを整形

より線をほどいて、まっすぐにして、いつもの順番に揃えます。

img_4386

img_4389

パーツを組み合わせて整形

被覆の穴にケーブルを通して整形します。

img_4391

img_4393

飾って完成

とりあえずディスプレイに貼ってみました。

img_4395

 

30分ほどで作れます。

みなさんも作ってみてはいかがでしょうか?

もの作りは楽しいです。

DMM.make AKIBA も今日で2周年です。

ICTSC, イベント, 雑談

8月末に大阪で行なわれた、第6回ICT トラブルシューティングコンテストに今回もお邪魔してきました。

ICTSC – ICTトラブルシューティングコンテスト
http://icttoracon.net/

2日間の戦いの後は、運営側の採点が行なわれるのですが、その採点時間の間、参加者の学生達にイイ話をして場を繋がなければいけません。
学生も大変ですが、大人も意外と大変です。
前回のICTSC5のときは、大人っぽくお金の話をしたのですが、2回続けてお金の話はヤらしいよなあ、と思って数学の話をしてみましたよ。

発表前に、数学好きな人ー?、と聴衆の学生さんに聞いたところ、挙手は皆無。
お金の話のほうが聞きたかった人ー?、と聞いたら、挙手がちらほら。
ありゃあ、はずしちゃったかあ、と思ったけど、発表後に、数学を勉強してみたいと思った人ー?、にちらほらと手が挙がったので、まあ喋って良かったかのなあ。
でも最近の若者は気を使ってくれるんだよねえ。ありがとう。
前回のICTSC5のときに喋った資料もついでに吊っておきます。出すのを忘れてました。

PAGE TOP