勉強会

 

 

 

 

 

さくらインターネット株式会社で開催された「第2回 広報担当者勉強会」に参加してきました。
ロボットスタートの流郷さんによるロボホンコミュニティのお話、Web担当者Forum編集長安田さんのお話を伺ってきました。

RoBoHoN(ロボホン)コミュニティについて

ロボホンとは?

弊社サイトでも取り扱いのあるロボット型電話ロボホン。
愛くるしい姿をしたロボットで、電話ができる優れもの。
話しかける内容や頻度によって個体差が出てくるのも特徴のひとつ。

なぜ、コミュニティをつくったか?

  • 街を歩いていてもロボホンオーナーに会えない
  • 他のロボホンに会えなくて寂しい

そんな思いからオフ会を開いたことがコミュニティのはじまりだったということ。
ロボホンが好きな人は熱度が高いが、人数的には多くないため密度が高くなっている!という話が印象に残りました。

洋裁が得意な人がロボホンの洋服づくりについて教えたり、プログラミングが得意な人がプログラミングを教えたりと小さな派生コミュニティ活動も活発に行われているとか。

コミュニティ活動を続けていくために

協力を求める→情報提供→声に出す→行動する→きっかけづくり

このPDCAサイクルを回して、周りを巻き込んでいくとよいということでした。
お話しされていた流郷さんのロボホン大好き熱が高く、楽しんでコミュニティ活動をされているのが伝わりました。
また、登壇中に机の上に居たロボホンが流郷さんの言葉に反応し、おしゃべりする姿がとてもキュートでした!

Web担当者Forum編集長が教えるニュースリリース最適化ノウハウ

企業から送られてくるプレスリリースはこうすると選ばれやすい

毎日送られてくるリリース情報の中からどういったものがサイトで紹介されやすいかについて教えていただきました。

  • 件名に3秒見たらどんなリリースなのかわかるようにしておく
  • 本文の冒頭に社名とどんなリリースなのか分かるようにしておく
  • 件名や本文に詳細がなく、添付ファイルに詳細が書かれているものは見落とされやすい
  • フェイクリリースではないと確信をもちたいので、メール送信と同時に自社HPにもリリース内容を掲載してほしい
  • 送信者は個人名義ではなく会社名のほうがよい

これらを踏まえ実際に送られてきたリリースメールをもとに、仕分けを実践してくださいました。
メールの件名をぱーっと上から流し見て、即座に判断していく職人技を見せていただきました!

ダメリリース列伝

こんなリリースメールはいやだ!
実際に届くいけてないリリースメールについて紹介してくださいました。
あまり細かく書けないのが、残念!

Web担当者Forumの広報担当向けのおすすめ記事

ニュースリリースとプレスリリースは何が違うのか/リリースの書き方基礎講座#1

マーケの極意は「PDCAサイクル」でなく「知好楽」サイクルなのかもしれない!?

さいごに

懇親会では、色々な企業の広報担当者さんと有意義なお話ができました。
広報と一口にいっても会社によって色が違うのが面白いなと感じました。

また機会があれば勉強会に参加してみようと思います!

イベント

JANOG40ミーティング早くも最終日ですね。

DMM.comラボでは、Break SponsorsとStreaming Supportersとして協賛しています!

Break Sponsorsとして会場にお越しいただいた皆さまへお菓子を提供しています。

福島の色々なお菓子が揃っているようです。
これはおやつという量ではないですね。現地で食べられた参加者さんがうらやましい!!


※JANOG運営委員もにっこりな生どらやき

また、Streaming Supportersとして映像配信の機材提供をしています。

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog40/streaming

現地に行けなかったという方は、ぜひストリーミング配信をご覧ください!

イベント

日時:2017年08月27日(日) 10:00 〜 18:30
会場:産業技術大学院大学(https://2017.techfesta.jp/Map.pdf
内容:インフラエンジニアのための祭典

DMM Okan(おかん)でインフラを担当している加我が登壇します。
DMM.comラボに入社してからの話をします。

ご興味のある方、ぜひ足を運んでください。

詳細は下記のサイトから確認できます。
https://2017.techfesta.jp/

皆さまのご来場、お待ちしてますー!

イベント

金曜日から3日間に亘りDMM.comのイベントスペースで行われた、スタートアップウィークエンドのストリーミング配信を担当しました。

勉強会やカンファレンスのストリーミング配信を担当したことはありましたが、今回のようなイベントのストリーミング配信ははじめての試みでした。

ドタバタした3日間でしたが、ストリーミング配信について記事にします。

スタートアップウィークエンドとは?

ストリーミング配信の前に今回のイベントについて紹介します。
スタートアップウィークエンドは、起業家を生み出すための世界規模の起業家コミュニティーです。
金曜日の夜から日曜日までの54時間の間に、アイデアを形にする方法を学び、スタートアップをリアルに体験するイベントです。

今回のテーマは「トラベル」。
旅行をテーマに様々なアイデアを出し、チームを組んで進めていく様子を近くで見ることができて勉強になりました。

今回使用した機材

カメラ
ミキサー
 配信機材
 集音マイク (写真を撮り忘れました)

今回は、イベント参加者向けにYoutubeを使って配信を行いました。
機材はいつも使用しているものと変わりません。
(カメラは他所の部署からお借りしました!)

カンファレンスと今回のライブ配信のちがい

カンファレンスは、基本的に動きが静的です。
大きめのビジョンがある、その前にスピーカーが居る、その近くに司会がいる。
スピーカや司会は話ながら体を動かしても位置は固定で会が進むので比較的撮りやすいです。

今回のイベントでは司会者が会場をくるくる移動し、動きがありました。
参加者も会場のなかを前へ後へ移動しながら会が進んでいきます。

カメラの位置を固定し、カメラワークを切り替えながら動く絵を撮るところがカンファレンスのライブ配信との大きな違いでした。
また、場面によっては複数の人がマイク有り・無しが混在して話をすることもあり、音声をMIXさせるのが難しかったです。

やってみて

いつもと色味の違うイベントでライブ配信を行うことで、新しいタイプの方々と仕事ができたのは目新しかったです。
私は音声を担当しましたが、音のMIXが難しい。もっとうまくなりたいと思いました。

また、機会があれば色々なライブ配信にチャレンジしてみたいです!

イベント, インフォメーション, 勉強会

Workflow Engines Night

日時:2017年06月07日(水) 19:30 〜 21:30
会場:株式会社DMM.comラボオフィス内(http://office.sumitomo-rd.co.jp/63/)
内容:ワークフローエンジンをテーマにした勉強会

ゲストスピーカーにDigdagの開発者であるトレジャーデータ株式会社の古橋氏をお迎えして勉強会を開催します!

DMM.comラボから大山、鈴木も登壇します。

詳細は下記サイトをご覧ください。
https://atnd.org/events/88470

現在、当日のLT参加枠、勉強会の参加者を受付しています!
皆さまのご参加お待ちしてます♪

PAGE TOP