イベント, インフォメーション

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall

http://www.ospn.jp/osc2016-fall/

【開催概要】

日程 11月5日(土) 10:00~18:00(展示:11:00~17:30)
11月6日(日) 10:00~17:30(展示:10:00~16:00)
会場 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
(多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)
内容 オープンソースに関する最新情報の提供
・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー – オープンソースの最新情報を提供
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
大山 裕泰
登壇日時 11月5日(土)13:00~13:45
登壇内容 マイクロサービスを支える MQ を考える
マイクロサービスアーキテクチャに見られるような、分散したシステムを有機的に結びつけ、一つの大きなサービスを提供するシステムにおいて MessageQueue (MQ) は非常に重要な役割を果たします。
MQ は単なる各システム間のメッセージの仲介役としてだけではなく、負荷平準、可用性の向上、スケーラビリティを担保するといった役割も同時に果たすことができます。
ただサービスの形態が異なるように、システムも様々な形態が存在し、システムの形態によってMQ に求められる要件も異なります。例えば、冒頭で述べたような認証や決済、コンテンツサービスなど様々なシステムと連携したアプリケーションや、様々なサービスから送られるログを集計し分析する基盤、または大量のサーバのメトリクスを集計するパフォーマンス監視基盤など、様々な形態の仕組みにおいて、それぞれ MQ に共められる要件は異なり、それらの要件を満たす様々な MQ の実装が存在します。
本セッションでは、こうした MQ の実装の一つとして開発した NewtMQ について、これが一体どういうものかについての紹介と、どういったユースケースで効果を発揮するかについて議論してみたいと思います。

 

 

Scality Japan SDS Day 2016 Tokyo

https://omniattend.com/seminar/scality-jp/sds-day-2016

 

【開催概要】

日程 11月22日10:30-17:30(受付開始 10:00)
会場 コングレスクエア日本橋
内容 国内・海外の事例公演多数。
SDSとオブジェクトストレージの今とこれからが1日で分かる。
主催 スキャリティ・ジャパン株式会社

【登壇情報】

登壇者 配信インフラ構築運用部
渡辺宣彦
登壇日時 11月22日(火)10:30-12:10
登壇内容 国内ユーザー企業様による成功事例講演②
弊社の動画配信で導入した事例を紹介します。

Internet Week 2016

https://internetweek.jp/

【開催概要】

日程 2016年11月29日(火)から12月2日(金)の4日間
会場 ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス
内容 インターネットの発展を推進する
インターネットに関する議論の場・交流の場を提供する
セミナー開催によるインターネット基盤技術の普及を図る
主催 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
高嶋隆一
登壇日時 12月1日(木)11:10 ~ 12:00
登壇内容 ネットワーク機器の本当のスペックを見抜く
ユーザー企業における機器検証とは、

サービスに必要な機器を選定する過程で実施されるケース
それらに先立って情報収集する段階で実施されるケース
等が考えられます。

本セッションではどんなプロセスの中でどんな機器検証が必要になってくるのか、 ユースケースをまじえてお話しできればと思います。

登壇日時 12月1日(木)13:15 ~ 18:45
登壇内容 DNS DAY
コンテンツプロバイダから見た権威DNSサーバ

・想定されるユースケース
・ユースケース毎に用いられる実装
・ユースケース毎の注意点

について共有し、議論できればと思います。

登壇者 ツチノコ企画室
熊谷 暁
登壇日時 12月1日(木)13:15~15:45
登壇内容 Wi-Fi”再”入門 見えない電波を知識で見抜く~社会的課題も交えて~
Wi-Fiの基礎技術と電波の知識
Wi-Fiの応用ノウハウと最新技術トピック
Wi-Fiを取り巻く課題

最後に

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/FallとInternet Week 2016はイベントに協賛しているのでブースを出します!
ぜひ、ブースにも遊びに来てくださいね。

また、phpcon 2016では、会場ネットワークを構築するメンバーに弊社エンジニアも参加しております!
イベントに参加される皆さまは、ぜひ!会場WiFi使用してくださいね(^o^)

 

記事掲載

開発者のための実装系WebマガジンであるCodeZineにインフラ本部大山の記事が掲載されました!
アプリケーションエンジニアが活用できるOpenStackプロジェクト「oslo」の紹介、RPCと通知機能を提供するライブラリ「oslo.messaging」の機能と使い方について徹底解説しています。

ぜひ、ご覧ください!!

20161028

 

アプリケーションエンジニアのためのOpenStackライブラリ「oslo.messaging」徹底解説

 

JANOG, イベント, インフォメーション, ツチノコNOC

こちらの記事で募集をかけさせていただいたツチノコNOC(仮)のメンバーが決まりました!
ご応募いただいた皆さまありがとうございました٩( ‘ω’ )وツチノコNOCは、来年1月のJANOG39ミーティングの会場ネットワークを構築するために、社内・社外・学生を含めて27名のメンバーで構成されたチームです。

キックオフミーティングを開催しました

先週末、キックオフミーティングが開催されました!
テレビ会議を使用して金沢や仙台からも会議に参加していただきました。

20161006_210722img_9285img_9290

ミーティングでは、JANOG39ミーティングの会場ネットワークをどんなものにしたいかを共有しました。
”すぐ動いて、すぐ壊せるやつを作りたい!” から ”OpenStackでやりたい”
など、たくさんのやりたいこと案が出てきました。

チーム分けをしました

今回は、チームを4つに分けました。
チームの役割について説明をし、自身が携わりたいチームを選んでもらいました。
サーバもネットワークもやりたい!という人は、どちらにも所属していいルールです。

役割 仕事内容
ネットワーク
  • ネットワークの物理設計、論理設計を行なう
  • アドレス管理、VLAN管理を行なう
  • ネットワーク機材の設定を行なう
WiFi
  • 機器(無線AP, スイッチ)の配置場所を決める
  • 会場内の配線図を作成する
  • ケーブルを準備する
  • WLC、AP等のWiFI機器の設定を行なう
サーバ
  • サーバ(DHCP, DNS cache, 監視など) の設計と設定と行なう
サポート
  • 外部との調整を行なう
  • 内部スケジュール調整を行なう
  • ドキュメント管理責任者
  • ツチノコNOCのPR, SNS係, 撮影係

img_9289

どのチームも満遍なく人が振り分けられていい感じ♪
なかなか「サポート」に手が挙がらなかったのはご愛敬です。

暫定リーダを決めてチーム分けは完了し、この日は解散となりました。
続きはオンライン上でチームに分けれて意見を出し合いながら、どんな構成でいくかを決めていいきます。

さいごに

普段の業務はiOSアプリの開発、社内SEといったインフラ寄りではないメンバー、学生、インフラエンジニア
とバラエティ豊かなメンバーで構成されたツチノコNOCがどんな会場ネットワークを作ってくれるのか今から楽しみです!

今後もツチノコNOCについて情報を発信していければと思っております!
どうぞ、ご期待ください。

イベント, インフォメーション

来年1月に開催されるJANOG39 ミーティングのホスト企業をDMM.comラボが務めさせていただきます!
少しずつですが、準備を進めていますよー!

さてさて、9月7日よりJANOG運営スタッフの募集が始まっていますが、本日はツチノコNOC(仮)と称した会場ネットワークを構築する部隊のメンバーを募集します!

JANOG39 ミーティングについて

名称 JANOG39ミーティング
日時 2017年1月18日(水)~20日(金)
※1月19日(木)の本会議終了後に、懇親会が開催されます。
会場 本会議:金沢市文化ホール (http://www.bunka-h.gr.jp/)
懇親会:ホテル金沢 (http://www.hotelkanazawa.co.jp/)
主催 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
ホスト 株式会社DMM.comラボ (http://labo.dmm.com/)
参加費 本会議:無料
懇親会:有料 (金額未定)

来年1月18日から3日間に亘り、日本中のネットワークオペレータが一堂に集い、情報交換や議論を行うことを目的とした会です。

JANOG39の詳細や、スタッフ・プログラム募集については下記のページをご覧ください!
https://www.janog.gr.jp/meeting/janog39/

ツチノコNOC(仮)について

ツチノコNOC(仮)は、JANOG39本会議中に使用する会場ネットワークを構築するチームです。
JANOG39 ミーティングの運営スタッフとは異なりますのでご留意ください。

求める人材像と具体的な作業内容について

求める人材像

– イベントネットワーク構築に興味がある
– 大規模WiFi環境を作ってみたい
– イベント運営の裏側が見たい

具体的な作業内容(すべてを1人で行っていただくことはありません)

– 会場下見・ネットワーク回線の手配
– ネットワーク設計・当日作業手順所作成
– 監視(設計・設定・セキュリティ含む)
– 無線AP、無線コントローラ・L2/L3スイッチ設定
– ケーブルアサイン・タグ作り

構築経験は問いません!
学生の方、面白い事をしたいエンジニアの方など大歓迎です!
なお、応募多数の場合はバランスを考慮し選考させていただく場合がございます。

大まかなスケジュールについて

9月 メンバー募集→メンバー確定
10月 キックオフミーティング、チーム分け、アイディア出し、機材手配
11月 システム設計、機材準備
12月 東京にてホットステージ、システム仮組み、動作テスト
1月 金沢にて本番環境構築
2月 クローズミーティング

応募方法

応募は、以下のフォームよりお願いいたします。
締め切り:10月3日(月)10:00まで

https://goo.gl/forms/vbA5MeDEFI35ExBa2

 

最後に

ご質問、ご要望、疑問などございましたら、お気軽にご連絡ください!
冬の金沢で一緒に会場ネットワークを構築しましょう!皆さまからのご応募お待ちしております!!

イベント, 勉強会

過去の関連記事:今週末(8/23)はお台場(LL Diver)に行こう

Lightweight Language of Things
http://ll.jus.or.jp/2016/

8月27日(土)に日本電子専門学校で行われた、真夏のプログラミング言語イベントこと、LLイベントのお手伝いに行ってきました。入り口で受付のお手伝いをしたのですが Peatix とっても便利ですね。イベント参加者として使用したことはあったのですが、イベント運営側で使用するのが初めてだったのでちょっとテンションが上がりました。QRコードをかざすだけで、さくっとイベント申込者を確認できる仕様、便利でしたー!

LLイベントとは

Lightweight Language (軽量プログラミング言語)をテーマとして1年に1回開催しているイベントです。
今年は、Lightweight Language of Thingsというタイトルに掲げ、LLらしい言語、LLらしいプログラミングとは何かを議論するカンファレンスでした。

これまでのイベントについてはこちらをご覧ください。
http://ll.jus.or.jp/2016/history

個人的に面白かったセッション

IMG_8729

LL言語の話でないところをフォーカスして大変恐縮ですが、キーボードにこだわろうについて書きます。

今回のセッションでは、Happy Hacking Keyboard、Realforceのメーカの方、ErgoDox、Kinesis愛用者さんが登壇して、キーボードについて熱い議論が繰り広げられていました。
私は、ThinkPad X1 CarbonのノートPCのキーボードを利用している所謂「キーボード0円勢」ですが、会場アンケートで2万円以上のキーボードを使用している方が多くてびっくりしました。

印象に残っている話をざっくりと

・Happy Hacking Keyboardを当時、秋葉原の小売店で販売したら32000円であっという間に売れた、無刻印キーボードはエンジニアの自尊心をくすぐった。当初、イベント販売だった物が定番商品になった。
・ErgoDoxは、ろくろを回す姿勢は疲れないので、近いポーズでキーボードが打てるように作った。
・東プレの静電容量無接点キーボードは接点がないので摩耗せず、壊れにくい。
・アームレストにはバナナの高さがちょうどよい。バナナが悪くなる前に食べて次のバナナに交換するオペレーションが必要。

展示ブースにて

展示会場では、各キーボードが展示してあり、個人的には東プレの静電容量無接点キーボードがすごくしっくりきて欲しい!となりました。Happy Hacking Keyboardは総漆塗りの試作機から、実際に発売された50万円のキーボードも!漆塗りでもキーの打ち具合はHappy Hacking Keyboardそのものでした。大変お高いのですが、漆塗りは耐久性が高くコーディングがはげることもないとのことでしっかりしたお品でした…!触れて感動!(現在、購入することはできません!)
IMG_8732

本当にすこしだけ言語の話

Dynamic Typing再考を聞いて、印象的だった発言を少しだけ。ちなみに、最高と再考をかけているそうです…。

・6月は毎年来る!クリスマスとは違う!(毎年6月にES20xxとしてリリース)
・型がなくても動くのに型をかくのは冗長
・本当はテストも書きたくない

”型がなくても動くのに型をかくのは冗長”というお話を、まつもとゆきひろさんが何度もお話しされていたのがとても印象的でした。これを心から理解できるように言語の勉強を少し始めようと思います。

 

最後に

JTF2016の懇親会にてひょんなことから、今回お手伝いに行くことになりました。いつもとは異なる界隈の話が聞けて有意義でした。個人的なこととしては3Fの控室兼展示ブースで、前田さんに見せていただいたTコード芸(芸ではないですね、失礼しました。)が素晴らしすぎました。変換なしですらすらと漢字を入力する様を見せつけられました。常人にはまねができない。

ご興味のある方はこちらをお読みください。
Tコードについて

PAGE TOP