インフォメーション, 勉強会

先日、ツチノコブログにアップされた「第二回 StackStorm 勉強会参加報告」の記事がStackStorm 勉強会 第2回 Blog Awardグランプリを受賞しました!
StackStorm の AWS 拡張モジュールのコミッタでもある大山の今後の記事が楽しみです♪

 

StackStorm, 勉強会

 こんにちは、インフラ本部の大山裕泰です。
 2017/03/23 に開催された StackStorm勉強会 第2回 に参加してきました。以下で各セッションの紹介と感想を書かせていただきます。

Event-driven automation, DevOps way


(Speaker: Dmitri Zimine 氏 [Brocade (StackStorm Founder & CTO)])

セッション概要

    * StackStorm は何なのかという話。一言で言うと ‘IFTTT for DevOps’
    * StackStorm のワークフローエンジンの解説。
    * ユースケース・利用事例 (Mirantis, NETFLIX など)。運用プラットフォームとして StackStorm を利用し、更に従来のオペレーションをサービス化した話など

所感

 StackStorm は様々な使い方ができてしまうため、これが一体どういったもので、どういった使い方をするのがベストなのかはっきりとはわかりませんでしたが、各社の利用事例を踏まえ、StackStorm が最大限効果を発揮する使い方について理解できました。

“If 自動化するなら Then StackStorm を使おう!


(Speaker: 小島一憲 氏 [SoftBank])

セッション概要

 従来の運用を StackStorm で一部置き換えた事例と教訓話。人間がオペレーションする前提で組まれたマニュアルをそのまま自動化させると無理が生じるケースがある(ex. “手順:アラートが上がった際の機器の時間と標準時間の誤差を出す” など) ため、自動化を前提とした運用設計を組み直す必要があるかもしれない。
 構成管理システムと連携することでよりパワフルに使える話。イベントに対して構成管理システムを参照して、オペレーションを制御するような使い方など。

所感

 とても実践的で聞き応えのある内容でした。特に構成管理システムとの連携で話では、それぞれのシステムの特性を理解したうえで使い分ける運用技法は参考になりました。

インターネット・エクスチェンジで運用自動化に StackStorm を導入した話


(Speaker: 杉本周 氏 [インターネットマルチフィード])

セッション概要

 以前はマニュアルとスクリプトで機器のオペレーションを行っていた。これを共通のフォーマットで記述されたワークフローで運用手法を定義し、構成管理システムなどの外部システムと連携して、複雑な運用を自動化させるチャレンジを実施。
 StackStorm v1.5 から使用し、最新版 (2.2) まで逐次アップデートを問題なく行って来れた。

所感

 かなり初期から StackStorm を導入し、運用しながらのアップデートを随時行ってきており StackStorm 自体の運用ノウハウは相当溜まっているのではないかと思います。

StackStormを用いたネットワーク機器の制御


(Speaker: 北川裕介 氏 [日商エレクトロニクス])

セッション概要

 Excel で記入された NW 機器設定の指示書を読んで、機器の設定を行う仕組みを StackStorm + Ansible で作った話 (Ansible を利用した理由は、既に機器の構築用の Playbook 資産を活用するためとのこと)。

所感

 斬新な使い方でした。StackStorm のアクション/ワークフローの機能は一切使わずに、単に Excel パラメータを読んで Ansible に渡すだけの処理に StackStorm を使うという妙。

おわりに

 インターネットマルチフィードや SoftBank をはじめ、前回の勉強会で登壇されたリクルートテクノロジーズなど、国内に様々なユーザが居る事実に驚きました。
 我々も StackStorm による運用改善を試みており、こうした取り組みについて OpenStack 最新情報セミナーJANOG39.5 Interim Meeting で発表するので、是非いらしてください。

おまけ

 StackStorm 公式 Slack では、1,300 人以上の StackStorm ユーザが参加し、日々情報が交わされていますが、2017/03/28 から公式の日本語チャンネルが開設されました。

 (写真の ‘dzimine’ が StackStorm CTO のアカウントです)

イベント, 勉強会

過去の関連記事:今週末(8/23)はお台場(LL Diver)に行こう

Lightweight Language of Things
http://ll.jus.or.jp/2016/

8月27日(土)に日本電子専門学校で行われた、真夏のプログラミング言語イベントこと、LLイベントのお手伝いに行ってきました。入り口で受付のお手伝いをしたのですが Peatix とっても便利ですね。イベント参加者として使用したことはあったのですが、イベント運営側で使用するのが初めてだったのでちょっとテンションが上がりました。QRコードをかざすだけで、さくっとイベント申込者を確認できる仕様、便利でしたー!

LLイベントとは

Lightweight Language (軽量プログラミング言語)をテーマとして1年に1回開催しているイベントです。
今年は、Lightweight Language of Thingsというタイトルに掲げ、LLらしい言語、LLらしいプログラミングとは何かを議論するカンファレンスでした。

これまでのイベントについてはこちらをご覧ください。
http://ll.jus.or.jp/2016/history

個人的に面白かったセッション

IMG_8729

LL言語の話でないところをフォーカスして大変恐縮ですが、キーボードにこだわろうについて書きます。

今回のセッションでは、Happy Hacking Keyboard、Realforceのメーカの方、ErgoDox、Kinesis愛用者さんが登壇して、キーボードについて熱い議論が繰り広げられていました。
私は、ThinkPad X1 CarbonのノートPCのキーボードを利用している所謂「キーボード0円勢」ですが、会場アンケートで2万円以上のキーボードを使用している方が多くてびっくりしました。

印象に残っている話をざっくりと

・Happy Hacking Keyboardを当時、秋葉原の小売店で販売したら32000円であっという間に売れた、無刻印キーボードはエンジニアの自尊心をくすぐった。当初、イベント販売だった物が定番商品になった。
・ErgoDoxは、ろくろを回す姿勢は疲れないので、近いポーズでキーボードが打てるように作った。
・東プレの静電容量無接点キーボードは接点がないので摩耗せず、壊れにくい。
・アームレストにはバナナの高さがちょうどよい。バナナが悪くなる前に食べて次のバナナに交換するオペレーションが必要。

展示ブースにて

展示会場では、各キーボードが展示してあり、個人的には東プレの静電容量無接点キーボードがすごくしっくりきて欲しい!となりました。Happy Hacking Keyboardは総漆塗りの試作機から、実際に発売された50万円のキーボードも!漆塗りでもキーの打ち具合はHappy Hacking Keyboardそのものでした。大変お高いのですが、漆塗りは耐久性が高くコーディングがはげることもないとのことでしっかりしたお品でした…!触れて感動!(現在、購入することはできません!)
IMG_8732

本当にすこしだけ言語の話

Dynamic Typing再考を聞いて、印象的だった発言を少しだけ。ちなみに、最高と再考をかけているそうです…。

・6月は毎年来る!クリスマスとは違う!(毎年6月にES20xxとしてリリース)
・型がなくても動くのに型をかくのは冗長
・本当はテストも書きたくない

”型がなくても動くのに型をかくのは冗長”というお話を、まつもとゆきひろさんが何度もお話しされていたのがとても印象的でした。これを心から理解できるように言語の勉強を少し始めようと思います。

 

最後に

JTF2016の懇親会にてひょんなことから、今回お手伝いに行くことになりました。いつもとは異なる界隈の話が聞けて有意義でした。個人的なこととしては3Fの控室兼展示ブースで、前田さんに見せていただいたTコード芸(芸ではないですね、失礼しました。)が素晴らしすぎました。変換なしですらすらと漢字を入力する様を見せつけられました。常人にはまねができない。

ご興味のある方はこちらをお読みください。
Tコードについて

イベント, ツール, デザイン, 勉強会

SONY DSC

ドーモ、arimoです。

このたびステッカー作成大使に任命されまして、IllustratorというAdobeのソフトを駆使して発注するまでのまとめをつづります。

今回発注した商品はこれです。http://www.graphic.jp/lineup/ondemand/sticker.php
入稿から5営業日で発送してくれるのですごいです。
作り方の注意はhttp://www.graphic.jp/technical/data_goods/sticker.phpに書いてありますがよくわからない。

0,準備編

スクリーンショット 2016-06-29 16.03.19

まずステッカーにしたいロゴのaiデータがあります。ない場合はどうしようもないのでがんばって発掘するか、ご自身で作ってください。

スクリーンショット 2016-06-29 16.03.57

ウィンドウ>レイヤーでレイヤーウィンドウを表示させて、右下のゴミ箱の隣の新規レイヤー作成ボタンを2回押してレイヤーを2つ作ります。

レイヤー名のところをダブルクリックして、デザイン(元のai)、ホワイト版、カットパスと名前を変えてわかりやすくします。

透明塩ビのステッカーを作る際にホワイト版というものがないと、白くしたいところが透明になってしまうので作る必要があります。たとえばチーノくんの目玉とかです。チーノくんの目玉が透明になると貼ったときにかなり恐ろしい仕上がりになります。ホワイト版といいつつ黒いシルエットのような画像のレイヤーです。

カットパスというのはシールをはがすときの切り込み線です。

1,ホワイト版レイヤーにロゴをコピーします

スクリーンショット 2016-06-29 16.06.53

デザインレイヤーにいる状態で、command+Aで全選択するか、左上の黒い矢印(選択ツール)をクリックして全体を囲うようにドラッグします。
すると全部のオブジェクトが選択されている状態になるので、command+Cまたは編集>コピーでコピーします。

レイヤーパネルで「ホワイト版」をクリックして、編集>同じ位置にペーストをすると、同じ位置にロゴがコピーされます。

2,ごちゃごちゃしたところをくっつけて、黒くしてホワイト版を作る

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.09

ごちゃごちゃしたチーノくんのところを黒い矢印(選択ツール)で選択します。

線とか色とかがいっぱいあってわけがわからないところはとりあえず選択します。shiftを押しながらクリックすると選択が追加されたり、選択が解除されたりします。

スクリーンショット 2016-06-29 17.46.01

ウィンドウ>パスファインダーでパスファインダーパネルを表示させて、一番左上の四角が2個くっついているアイコンをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.42

選択したところがくっつきました。色を黒にしなければならないので左下の色四角と白斜線があるところの色四角(ここではピンク)の部分をダブルクリックします。カラーピッカーで黒にします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.15.56

「ツチノコブログ」の部分も選択ツールで選択して先ほどと同じようにカラーピッカーから黒にします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.16.22

3,ホワイト版をグレースケールに変換して確認します

グレースケールでないとダメだとサイトに書いてあったのでいちおうグレースケールに変換します。
黒い部分を全部選択した状態で、編集>カラーを編集>グレースケールに変換

スクリーンショット 2016-06-29 16.17.43

ウィンドウ>カラーでカラーウィンドウを表示させ、

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.06

カラーの下の四角が斜線と黒と白のみになっていることを確認します。

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.15

レイヤーの順番をカットパス、デザイン、ホワイト版の順にします。ドラッグで重なり順が変えられます。

スクリーンショット 2016-06-29 16.18.46

チーノくんとロゴを別々に処理しないで、最初から全部選択してパスファインダーでくっつければいいじゃんと思っていたのですが、そうするとDMMのDの穴とブログのロの穴も埋まってしまうので、分けています。(Dとロの穴は透明にしたいためホワイト版がいらない)

4,地道にカットパスを作ってシールの切れ込みを指定する

スクリーンショット 2016-06-29 16.19.22

手順1と同様に、「カットパス」レイヤーに「ホワイト版」レイヤーを全選択したものをコピー、同じ位置にペーストをします。

わかりやすいように「デザイン」と「ホワイト版」のレイヤーの左側にある目玉アイコンをクリックして、非表示にしておきます。

スクリーンショット 2016-06-29 18.03.34

オブジェクト>パス>パスのオフセットを選択し、

スクリーンショット 2016-06-29 16.25.45

オフセット2mm(ロゴの位置から2mmぐらいのところを切り取り線にしたいため。用途に応じて変えてください)

角の形状をラウンドにしてOKを押します。

スクリーンショット 2016-06-29 16.25.53

モコモコしたのができます。

左下の色四角と白斜線があるところの入れ替え矢印を押します。

スクリーンショット 2016-06-29 18.08.15

モコモコの何かが線と中身に分かれます。再度選択ツールで全選択して、オブジェクト>グループ解除をします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.26.23

中身だけを選択ツールで選択し、deleteボタンで削除していきます。

スクリーンショット 2016-06-29 16.27.00

ポチポチ消していって、こんなかんじでモコモコの線だけになります。線は削除しないように気をつけてください。

線だけになったら全選択して、パスファインダーで一番左上の四角が2個くっついているアイコンをクリックします。

スクリーンショット 2016-06-29 17.46.01

スクリーンショット 2016-06-29 16.27.44

カットパスの原型ができました。

5,カットパスの整形をする

Dのところに余分な線があるので「アンカーポイントの削除ツール」で削除します。

選択ツールの2つ下にあるペンツールを長押しするとマイナスのついたペン先が出てくるのでそれでアンカーポイントをクリックして消していきます。

image1

白い四角を探して、ポチポチ。いずれ消えます。

 

スクリーンショット 2016-06-29 16.29.59

こういう鋭利なところや込み入ったところがあると、うまくカットできないのでアンカーポイントの削除ツールでなめらかにします。

スクリーンショット 2016-06-29 16.30.19

数個アンカーポイントを削除するとこんな感じでなめらかになります。

気になる部分を削除してきれいにします。

スクリーンショット 2016-06-29 18.27.31

「デザイン」レイヤーと「ホワイト版」レイヤーの左にある目玉を表示させて保存して、完成です!

 

イベント, セキュリティ, 勉強会

久しぶりにツチノコBLOG書いてみたとうまつです。こんにちは。

先日、セキュリティ競技イベントである「Hardening 100 Value x Value」 に参加・協賛してきましたので、その様子を紹介いたします。

DSC_1531

 

Hardening ってなに?

Hardeningとは、セキュリティを軸にしたECサイトのディフェンスに特化の競技です。

ひとことで言うと・・・
「仮想の資金と脆弱性てんこ盛りなECサイトを渡されたチームが、そのECサイトのシステムを8時間の競技時間内に堅牢化(Hardening)してECサイトの売上を競い合う」
となります。

このため、単なるセキュリティの競技ではなく、ECサイト運営で如何にして売上を上げていくかにフォーカスされるので以下を要領よく処理していかなければなりません。

単に脆弱性対策をするだけでなく、以下への対応が求められるため、テンヤワンヤするというタフな競技内容となっています。

  • チームマネジメント
    • メンバーをタスクにアサイン
    • 意思決定
  • 販売
    • 売上管理
    • 在庫管理・発注
    • 商品価格設定
    • クレーム対応
  • ECサイトの堅牢化
    • ECサイト のOSやDaemonの管理
    • 各システムのバックアップ
    • パスワード管理
    • 定期的に実施される「kuromame6」というセキュリティの専門家チームによる容赦無いサイバー攻撃への対応
    • 攻撃された際にはJPCERTへの報告(本格的ですよね!)

などなど・・・・・

DSC_1791
競技中に無慈悲な暗躍をしていた kuromame6 のみなさん

競技内容

開催1日目は競技日です。殆どのチームが競技日までにチームビルディングを行い、作戦を練って競技に挑んでいる様子。興味深かったのは各チームごとのタスク管理で、たいていのチームは付箋(ポストイット等)を用いたアナログな管理を実践していました。

DSC_1545
奮闘中の各チーム

また、会場に設置されたディスプレイにてリアルタイムで各チームの健闘状況が表示されており、各チームの状態が一目瞭然でした。

各チームの成績が一目瞭然
各チームの成績が一目瞭然

 

足らないものは買え!

チームで足らないもの、例えばサービスや製品、そして各分野のエキスパートエンジニアを仮想の資金で調達できるマーケットプレイスが設置されています。
これにより、チームに足らないものを補うことができます。特に面白いかったのはエンジニアを時間単位で購入する制度で、ハイレベルなエンジニアを競技中に買うことが可能です。
というわけで、様々なチームが必要な物をどんどんアウトソースしていました。また、マーケットプレイスで調達できるエンジニアは有限であるため、戦略的にエンジニアを長時間確保して他チームに関わらせないような作戦も展開されたこともあったとか。

DSC_1530
マーケットプレイスに並ぶ「商品」のみなさま

会場全体を巻き込んでいく・・・

エンジニア調達の手段として、マーケットプレイスだけで良いのかとおもいきや、実は競技観覧者にコネがある人はそれを駆使して観覧者をエンジニアとして狩りだすことが可能だそうです。かくいう自分も、DNS周りの設定を何件かお手伝いさせていただきました。

DSC_1535
競技観覧者も巻き込んでいくの図

タフな勝負を勝ち抜いたのはTeam8の「No.Bee」

無慈悲なkuromame6の攻撃に耐え続けつつ売上をグイグイ伸ばしてグランプリを勝ち取ったのは チーム8「No.Bee」でした。

売上金額としては2億円以上を達成しており、他のチームを大きく引き離していました。No.Beeのチームメンバーには副賞としてDMM.comポイントカードを贈らせて頂きました。

DSC_1708
グランプリを勝ち取った超タフチームの No.Bee

全体を通して

Hardeningはチームメンバーのスキルが勝敗を大きく左右すると思いきや、実はスキルドリブンではなく、チームの結束力と意思決定の競技であるような印象を持ちました。というのも足らないスキルはマーケットプレイスで購入できるため、「スキルがないから・・・」といって尻込みする必要は無いという印象を持ちましたので興味ある方は遠慮せずHardening競技者に応募してみてはどうでしょう?

引き続き、11月に開催されるHardeningもDMM.comラボが協賛いたします。冬の沖縄でまたお会いしましょう。

DSC_1766
奮闘後の参加者

 

PAGE TOP