イベント, インフォメーション

本日は、品川で行なわれている、JAIPA Cloud Conference 2016 にお邪魔しています。

JAIPA Cloud Conference 2016
https://cloudconference.jaipa.or.jp/

JAIPA Cloud Conference 2016 午前の部レポートの続きです。

 

海外におけるクラウド/ホスティング市場と今後の方向性

サンドウィッチを食べながらのランチセッション。
海外の事例等、興味深い数字、興味深い話が沢山の面白いセッションでした。
ホスティング会社の国際シェアを見ると、日本の会社は10位に入ってこない。
日本が落ちたのではなく、他が上がってきている、等々。
でも、ごめんなさい、午前の部のレポートを書いたりして、ちゃんとメモを取れなかったので、後で資料を見てもらうと良いかと思います。
とても良い資料でした。

SESSION4: Googleスケールの機械学習テクノロジー

デモの詳細については、本日公開のブログを見てくださいとのこと。

ニューラルネットワークの仕組みがわかりやすく書いてあってすごく参考になるエントリだと思います。

 

Googleではディープラーニング技術を用いて

  • RankBrain : ディープラーニングによる検索最適化
  • GooglePhoto
  • 英語版のGmailのスマートリプライ : 10%がディープラーニングがそのまま返事
  • Google翻訳

等をサービスとして提供しているとのこと。
Googleではディープラーニングはすでに枯れた技術として、60を超えるプロダクションで使われている、と。

APIも提供していて、

  • Cloud Vision API : 画像認識のためのAPI

により画像認識をしたり、まだ limited版だけど、音声認識ができたりする。

 

それ以外の機械学習については、ライブラリを公開していて、

このライブラリを使えば、機械学習システムを以下のようにわりと簡単に実装できるぞ、と。

  • TensorFlow で簡単設計 → 単体マシンで学習 → クラウドで分散学習 → 学習結果をクラウドで実運用

数理モデルを理解し実装する、という最初のハードルを低くして、分散システムを作る、という最後のハードルがなくなる、とのこと。
TensorFlowを使った例としては、以下のようなものが取り上げられてました。

  • 唐揚げロボット
  • きゅうり仕分け機
  • アイドル顔認識
  • 漢字っぽいものを自動生成

誰でも簡単に作れる、ってことは多分言い過ぎなんだろうけど、楽に実装できるようになる、ってのは本当な気がした。

機械学習で問題になるのは、計算パワーなんだけど、Googleでは自社クラウドでそこも万全とのこと。

  • データセンターのインフラは、Jupiterネットワークで、10GbE x 100k = 1 Pbps のサーバ間接続
  • 個々のノードは、Tensor Processing Unit。これはすでにプロダクションになっているもので、AlphaGoにも使われたもの。

Googleクラウド+TensorFlowで高速な学習が可能になるので、それをもっと便利に利用できるような、Cloud Machine Learning (Cloud ML)を夏以降に公開予定、とのこと。

Google すごいわー、と思わせるセッションでした。

 

セッション中に、携帯網のパケット上限に逹してしまったっぽく、通信はできてるが、デモが動かない、ってことがあったけど、やっぱり会場ネットワークはあったほうが良いんだなあ、とちょっと思った。
誰にでも簡単にイベントネットワークを作れるようにしなきゃいけないよなあ、とちょっと思った。(※CONBUな帽子モード)

 

SESSION5: AIとフィジカルシステムを支えるクラウドと法

IoTに関わる法律の話。

メモったこと↓

  • IoTは物理世界から捉えているので、サイバーフィジカルシステム(CPS)という捉え方のほうが法的にはしっくりくる。
  • IoTの法律は、法的には民法85条の有体物の問題として考えるべき。
  • 安全は、Security(CIA) と Safety の概念で考えるべき。
  • 車の場合は、今の法制度の枠組みである程度捉えることができる。
    保安基準を作り、ソフトウェアに瑕疵があればリコール対象。
  • 法律や制度は具体的な事案を積み重ねて作っていかなければいけない。
  • センサーネットワークに関してはプライバシー的な考慮も必要。
  • 権利、義務の体系に機械が入ってくることがあるのではないか?
  • 体系の決定権が移行する可能性もある。自動化された兵器とか。

JAIPAの紹介
ライトニングトーク: IoTにもの申す2016

メモ↓

  • JAIPAに入ろう、明日はモバイル部会がある、今入会して明日部会に出よう、という話でした。
  • EDAC の紹介
    http://www.edac.jp/
    最先端のテクノロジーを命を救うために活用する組織。
    今やってるのは、時間短縮。救急車が来るのは早けば早いほうが良い。搬送も早ければ早いほうが良い。
  • IoTは、ITのカンブリア大爆発。
    IoT、は、Internetと同じぐらいのインパクトがある。

 

SESSION6: 工場・製品・重要インフラの安全を守るIoTセキュリティ技術の開発に向けて

メモ↓

  • IoTシステムを構築する際には、開発指針にセキュリティを盛りこんでおく必要がある。
  • IEC62443という標準があるが、日本企業は5年遅れてるんじゃないか、と言われている。IoTで世界に打って出るのであれば準拠する必要がある。
  • 将来的には、インダストリー4.0向けのネットワークを見守るネットワークプラットフォームを提供したい。

参考URL↓

 

パネルディスカッション: もはや爆発直前 IoTビッグバン!

パネルディスカッションなのでまずは登壇者の自己紹介。その中での、佐藤さんの話が興味深かった↓

  • FPGAでMIPSぐらいなら実装できてしまう
  • FluentdをFPGAで処理することも普通にできてしまう。
  • ソフトウェアでできることがどんどんハードウェアでやる、という流れになっている。
  • Googleは実際にすべてハードウェア処理でやっている。
  • 笑顔になつくロボットを作ってみたが、300行ぐらいのPythonコードで書けてしまう。世の中になっている。
  • クラウドで学習が終わったら、学習結果を Rasberry Pi に載せて活用することもできる。

小笠原さんはABBA Labの帽子で、面白いプロダクトに出資している、という話をした中で、秋葉原のDMM.makeで見せてもらったプロトタイプがちゃんとプロダクトに成長しているのを紹介していたのが、なんか嬉しかった。

自己紹介の後はパネルセッション。
「IoTが引き起こすパラダイムシフト」というテーマで出た話は以下。

  • IoTは業界を壊す破壊力がある。
    通貨も仮想通貨にならないと対応できなくなる。
  • IoTをAIを絡めたものが簡単に作れてしまうのは驚き。
  • 最近の子供はテレビに向かってスワイプ動作をする。子供にとってはスワイプするのは普通のこと。チェンジはいきなり来る。その準備ができてきただけ。
  • 次のテーマは「IoTはぶっちゃけ儲かるのか?。単に破壊されて終わりなのか?」。
  • 小笠原さんによる2040年の予測数値が面白い。IoTは商売になりそう、という仮説もちゃんと作れている。
  • IoTは通信事業者は儲からない。なにかをやる人が儲かる。あと犯罪者も儲かるかも。
  • 医療系だと人の命が助かるようになる。最終的に儲かるかもしれないが、儲かるとは違う観点で良いこともある。
  • IoTでお金がいただけるのであれば、安全、健康、等の人に関わるところじゃないか。

次のテーマは「IoTの普及を阻害する要因は何?セキュリティって大丈夫?」。

  • 勇気がない。やったことがありません、と言って前に進んでいない。
  • デモをしていてRasberry Piが良く壊れることに遭遇する。ハードが壊れるのはソフトウェアだとなかったこと。壊れない Rasberry Pi を3000円ぐらいで日本のメーカーに作って欲しい。
  • ハードウェアは不思議なことはある。でも阻害要因じゃないかも。
  • パラダイムシフトが発生すれば、勇気がない、って言ってる人も変わらざる得ないのではないかと。
  • インターネットのときに経験したパラダイムシフトと一緒で、IoT化も気付かずにやってくるものじゃないか。
  • 失敗を許容できるのが大事。昔は失敗を繰り返して良いものができてきた。その時代を知ってる人と組めば良いのじゃないか。
  • 悪がはびこればIoTは普及する。
  • 日本だけUberが使いにくい。日本大丈夫かな、と思う。
  • ドローンを飛ばせる場所が東京にない。そんな規制をしていると発展しないまま、他の国で発展したものがやってくるだけになる。
  • 学校教育が良くない。正解を探すだけの教育だと駄目。

「IoTにはどのように取り組めばよいか?」に対する以下の回答は良かった。

  • 60年70年頃の子供の頃に見たSFをもう一度見たほうが良いんじゃないか。漫画とか読もう。

次のテーマは「2年後・5年後・10年後、IoTにはどうなってるか?」「人間はIoTで進化するのか?」

  • ロボットの支援があって便利になっていく、そういうのを前提に考えていく必要がある。
  • すでにカーナビ様の言うとおりに運転している。
  • ニューラルネットは何をやってるかわからないところが怖いといえば怖い。理由が説明ができない、デバッグができない。
  • 人間は道具と言葉を使うようになってから退化し続けてるから、それが速くなるだけじゃないか。
  • 悪いAIができると大変なので、良いAIを作って欲しい。
  • 医療がすごく進むというイメージはある。5年後には予防医療というのが大きなジャンルになってる気がする。
  • 製造業、輸送、についてはIoTを駆使されていく。寡占が進んでコスト削減が進んで一部の企業が支配するイメージ。
  • FPGAのインパクトがもっと出てくる。CPUはもう性能が上がらないんじゃないか。専用LSIがいろいろなところで使われるようになってくるはず。エッジとデータセンターの両方でハードウェア処理が同時多発的におきている。
  • 今3年目、10人ぐらいの企業が2年後に大企業になってる、というのもあると思う。人数はいないかもしれないけど売上がすごい、とか。

最後に「IoTという切り口での会場へのメッセージ」

  • いっぱい失敗して、その上にノウハウが蓄積されるので、失敗コストを引き下げていくのは絶対にやらなきゃいけない。立場で避けるのでなく、自分の立場で支援することを考えて欲しい。
  • 悪者も良い者もIoTを使うので進めるべき。資源エネルギーは2020年から減産に転じる見込み。そこの問題はお金を産むかもしれない。
  • 趣味が仕事にいつのまにか仕事になっている。趣味から始めてみてはいかがでしょう。
  • 何か起こる、と思ってるのであれば、何かアクションをしてみたほうが良いと思う。それが1年後の自分を助けてくれる。

 

いやはや、濃いセッションでした。

 

まとめ

とても内容の濃いカンファレスだったので、資料が公開されたら見ると良いと思いますよー。

さて、懇親会に行ってきます!!

イベント, インフォメーション

本日は、品川で行なわれている、JAIPA Cloud Conference 2016 にお邪魔しています。

JAIPA Cloud Conference 2016
https://cloudconference.jaipa.or.jp/

 

さくらインターネットの田中社長の挨拶で開会。
最初のセッションは、総務省と経済産業省の方々が、順番に、国としての現状と施策の説明がされました。

SESSION1: IoT/ビッグデータ時代に向けた情報通信政策
SESSION2: 企業価値の向上に向けた「攻めのIT」

思ったことは以下。

  • IoT、ロボット等を推進することは施政方針演説にも入っている。
  • NICTに関する法律も改正されてて、IoTもスコープに入っている。
  • 総務省の答申は良くまとまっているので、定期的に見ておくほうが良さそう。
  • 国がどのように税金を投入するかがわかるので、それをビジネスに対する情報にできそう。
  • 今はダウンロードトラフィックが多いが、今後はIoTが流行るとアップロードが増えてくる。
  • 日本はプラットフォーム競争の第一幕で負けた。IoTならまだ勝てるのではないか?
  • 攻めのIT投資をするべき。
  • 企業トップのITに対する関与が少なすぎる。ITの重要性を認識できていない。IT技術に対する理解が少ない。
  • 攻めのIT経営銘柄を策定。目的は経営者への意識を変えるため。同業他社や投資家の目は気にするんじゃないかと。

関連しそうなURLも上げときます。
このへんから掘っていくといろいろ勉強できると思われます。

平成28年1月22日第百九十回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20160122siseihousin.html

「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」(平成27年諮問第23号)に関する情報通信審議会からの第二次中間答申
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000137.html

「攻めのIT経営銘柄2016」を発表しました~企業価値の向上に向け「攻めのIT経営」に取り組む上場会社26社を選定!!~
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160609002/20160609002.html

 

SESSION3: IoT、CPS時代のセキュリティガバナンス

このセッションはとても面白かった。
資料が出たら是非見て欲しいと思います。

メモったこと↓

  • IoTはプロトタイプは簡単に作れる。マスプロダクションにするといろいろ大変。
    コストもセキュリティの範疇。
  • 歴史も大事。インダストリー4.0というのが何かをちゃんと認識する必要がある。
    1.0:石炭と蒸気
    2.0:電気と石油
    3.0:IT(情報)によりどこでも作れるようになった。人件費が安い海外での製造。
    4.0:人が不要になる。人件費がゼロになるので自国で安く作れるようになる。
  • クラウドはそんなに事故は起きていない。世界で一番大きいクラウド事故はファーストサーバ。
  • IoTになるとデバイスの管理がとにかく大変。
  • スペインの大規模停電の原因は個体管理ができていなかったこと。安い電力メーターを買ったら、すべて同じ証明書で個体管理ができなかった。
  • デバイスに問題があったらどう対応するか、デバイスの状態をどう知るか、が重要になってくる。
  • やってないことを証明する必要が出てくる。悪魔の証明なので大変。
  • まずは、ID管理をちゃんとやろう。
  • パスワード管理の方法も変わっている。たとえばパスワードを使わない認証が主流になってきている。
  • 端末認証をどうするか、というのもちゃんと考えないといけない。
  • 認証、認可、をちゃんと区別して考えていく必要がある。
  • マイクロソフトのID基盤が良さそう。
  • 以前は使うのが大変だった。お金もかかる。Active Directory を自前で立てるのがつらい。
  • でも今は Office とかを買えばクラウド上での認証基盤が付いてくる時代。
  • 現状で 2400アプリがActive Directoryでペネトレーションできる。
  • 常時接続が前提なので、管理できるようになった。以前は繋がっていない端末のことを考える必要があった。
  • 子供にはPCをわりと自由に使わせているが、レポートにより子供が何してるかわかるからそれができている。
  • 情報セキュリティは普段は何をしなくても良い。何か事故があったときにいちはやく検知して対応する。大事なのは封じこめ。
  • そのためには情報をちゃんと取得しておかないと駄目。情報がないと対応もできない。充分な情報を持てば、安心して、様々な作業ができ、様々なデバイスを使えるようになる。
  • セキュリティ対応で怒られた企業は、そもそも情報を持っていなかったのが悪い。
    JTB、ベネッセ、等も初期対応で十分な説明ができなかった。

セッションの後はランチセッション。
配布されたサンドイッチはとても美味しかったです。

午後も面白い内容が多いので、今からでも聴きに来ると良いと思いますよー。

IoT, イベント, インフォメーション, お知らせ

バズワードウォッチ、楽しんでますかー?
実体が曖昧なのに、なぜか盛り上がってる分野で、良く使われるキーワードがいわゆるバズワードです。
バズワードを追いかけると、ビジネス的な大当たりを引くこともあり、ITに関わる経営者は大体バズワードに踊らされています。
踊るのも楽しいですしね。

とはいえ、もちろん踊るだけでなく、確実にバズワードをビジネスに役立てている企業もちゃんとあります。
たとえば「クラウド」というキーワードで儲けてる企業もいくつかありまして、そのうちのいくつかの企業が、情報交換する場の一つとして活用しているのが、「日本インターネットプロバイダー協会クラウド部会」(略称:JAIPA Cloud部会)です。
そのクラウド部会では、2013年から毎年1回「JAIPA Cloud Conference」というイベントを開催しています。
2016年のイベントも明日開催されます。

 

JAIPA Cloud Conference 2016 (略称: クラコン 2016)

 

プログラムの中身を見るとびっくりするのですが「クラウド」で踊っていたはずの企業が、みんな揃って別のバズワードである「IoT」で踊っています。
おそらく IoT ビジネスになりそうなんでしょうねえ。
とはいえ IoT でのビジネスははクラウド以上に知恵と勇気が試される世界のような気がします。
知人がこう言ってました。

「IoT。無邪気な大人の本気総合格闘技」

明日のイベントも無邪気な格闘が見られると思いますので、時間がある方は出掛けてみてはいかがでしょうか?
私も朝から会場入りする予定です。

以上、メディアスポンサーとしてのツチノコブログがお送りしました。

イベント

こちらでもお知らせしていましたJANOG38に参加してきました。

結論を先に書くと、JANOG38はとっても楽しく有意義でした!

本会議・運営スタッフともに初参加してきた私の目線で色々書いてみます。

スタッフ業務について

まず、運営スタッフについてお話しします。

JANOG Meetingのスタッフは有志で構成されたチームで運営しています。
チーム構成は、ORG(企画編成委員)、PC(プログラム委員)、各チームを統括する実行委員長、それらを統括するSC(実行委員長)で成り立っています。

今回の運営スタッフ一覧は下記ページからご確認いただけます。
https://www.janog.gr.jp/meeting/janog38/stafflist

スタッフの募集は3月に開始され、4月の1週目には1回目のスタッフミーティングが開催されます。
募集からスタートまでがとってもスピーディー!
(スタッフ募集の告知は、JANOGのホームページやツイッター、Facebook、メーリングリストで行われるのでご興味のある方は要チェック!)

さて、私が所属していたのはORGチームなので、ORGチームについての情報を展開していきます!

ORGの仕事は大きく分けて「広報」・「会場設営」・「ものづくり」になります。

・広報の仕事…Webによる広報・SNS広報・ML(attendees等)・写真を撮る・ニュースレターを書く
・会場設営の仕事…会場ファシリティ、懇親会開催、動線アテンド、音響・照明、空調、ストリーミング配信
・ものづくりの仕事…アンケート、ランチ企画、グッズ制作、サイネージ

いずれの仕事も手を挙げればすべて関わることが可能ですし、本職との兼ね合いをみてやれるところだけ対応することもできました。
本会議当日以外は、各々の仕事の合間を見つけて作業を進めていくので、リモートでの調整が必須です。
そのため、Slack、Confluenceが大活躍!

私が主に関わったのは、Webによる広報、SNS広報、ストリーミング配信、会場設営、ランチ企画、グッズ制作あたりです。

広報では、準備期間中からTwitterやFacebookを使って、開催前の情報をUPしていきました。
事前ミーティングの様子を報告したり、今回からアンケートの方法が変わったのでそのアナウンスなどを中心に情報展開を行いました。

本会議中は、会場の様子や注意アナウンスだけでなく、おやつはここにありますよ!などなど現地にいる方、また、ストリーミングでご覧になっている方向けに情報発信を行いました。

グッズ制作では、Tシャツとアロハを作りました。
こちらは、スタッフや司会者が本会議中に着るユニフォームになります。

image (1)image (3)

絵が描けず、デザイン応募に参加できなかったのが無念でした。
次にチャンスがあればやってみたいヾ(*´∀`*)ノ

本会議中のメインタスクは会場設営!
たくさんある協賛ブースの荷物仕分けから始まり、サイネージの設置、張り紙を貼ったり、目まぐるしく動き回っていた気がします…ドタバタし過ぎてあまり覚えていなかったり><

DAY1では会場諸注意を担当しました。
たくさんの人の前で壇上に立ち、会場諸注意をするのはとっても緊張しましたが、いい経験になりました。

IMG_1147
↑懸命に会場諸注意をする私の図

ランチ企画はDAY2に参加しました。
本会議に参加しているエンジニアさん、営業さん、若者支援で参加した学生さんなど様々な人と一緒にランチをしつつ交流しました。

本会場の近くに会場を借り、想定以上の人入りで盛況でした!

IMG_8248IMG_8251

ツチノコブログを見てます!と言ってくださった方もいて、ほっこりしました。

スタッフ仕事をして感じたこと

・「これいいかも!」と提案したらすぐさまGOを出してくれる動きやすい環境!
・たくさんの企業の方々とお仕事ができ、いろんな考えややり方を学べたたのが有意義!
・Facebookの友達がべらぼうに増えた!!

少しだけプログラムのはなし

多品種少量サービス運用について その2

 

ネットワークサービス開始時やユーザ数が多いサービスはオペレータの対応回数が多く、ナレッジを貯めやすくその後も運用がスムーズにいくことが多い。一方、サービスの円熟期でもユーザが少ないままのサービスは、オペレータ対応回数が少なく以下の問題を抱えがちとなる。

1.ナレッジが無いため、一度起こると対応に多くの稼働が使われる
2.サービス開始後に新たに着任した人の習熟が難しく、人事異動が難しい
3.多品種少量サービスだけを纏められ、守備範囲が広くなる

ネットワーク運用部門はこの悩みを抱えていることが多いと思われる。この悩みについてどのように運用対応しているか、JANOGの各オペレータに意見交換、知恵だしを行い、少しでも解消できるようにしていきたい。

ORGスタッフとして上記BoFのお手伝いをしつつ、お話を聞いたのでちょこっとだけですが書きます。

・多品種少量サービスの運用はドキュメントが貯まりにくい
・そもそもドキュメントを書くのが大変
・俗人化してしまう

あるあるな内容で終始うんうんうなずいてしまいました。
みんなで解決していこうよ!という趣旨だったので一緒にまざりたかったのですが、後ろから眺めるだけで終わりました。どこかで続きが聞けると思うので個人的に追いかける所存です!

協賛ブースについて

DMM.comラボとして協賛しブース出展をしました。

IMG_1218IMG_1222

私自身は長い時間ブースに立つことができませんでしたが、それでも少しの時間ブースに立ち寄ってくれた方とお話しすることができました。

若者支援を利用してJANOGに参加されていた学生さんから「刀剣乱舞」で遊んでいます!とキラキラした目で声をかけていただき、こちらもにこにこしてしまいました。
弊社のステッカーを貼って「刀剣乱舞」で遊びます!と話してくださり、DAY3ではステッカーを貼ったスマートフォンを見せに来てくれました。

また、アフリカ事業に興味を示された方も多かった印象です。

持て余してしまうかな?と、心配していたノベルティのひえひえも沖縄で焼いた肌をクールダウンするのに活用していただけたようで、無事に配り終えました。
ブースに来てくださった皆様、ありがとうございました!

最後に

スタッフとして参加したのでなかなかセッションをゆっくり聞くことができませんでしたが、スタッフとして働いたことで学べたこともあり有意義でした。
これから就活をはじめる学生さんから「やりたいことは特別にないし、お金もそこまで稼ぎたいわけじゃない、でも楽しく働きたい場合、どういう会社を選べばいいんだろう?」と、質問されていた運営スタッフの横で話を聞いていたのですが、「JANOGに限らず、こういうイベントに業務として参加させてくれる会社は少なからず働きやすい会社だと思うよ」と回答されていたのが印象に残りました。
直接利益につながるわけではないですが、業務としてスタッフ参加させてくれた会社に感謝します。

業務としてスタッフに参加するチャンスが巡ってきた方はぜひ参加してみると新しい発見があるかもしれませんよ!

次回のJANOG39はDMM.comラボがホストとして、JANOGに関わります。
今回の経験を活かし皆様にとって有意義な会になるように尽力いたします!

イベント

JANOG38 Meeting 2日目が終わりました。

2日目はIPv6やゼロレーティングを支える技術、九州地震などの災害時のインターネットについてや沖縄県のIT戦略などなど、沖縄という土地ならではの講演もありました。

2日目のプログラム終了後には懇親会が催され、発表者を始め、色々な業種の方と交流することができました。

IMG_3487

 

ミス沖縄と泡盛の女王も応援に駆けつけて、沖縄らしい華やかな懇親会でした。

IMG_3495 IMG_3489

IMG_3493 IMG_3491

残すところは最終日。JANOG38 3日目はDMM.comラボのメンバーが4つのセッションに登壇します!

PAGE TOP