linux

bondingについてはここで説明するよりも過去の先人たちの記事のほうが参考になるかと思いますので割愛します。

bondingを利用するということはsofをなくすための構成をとるということになりますが、そのためには

動作が把握しやすいactive-backupモード(mode=1)を利用し、
同一L2スイッチ内で接続が完結する場合は「miiリンク監視」
その他は「arp監視」を選択するのが冗長性を担保するために良い選択となると思います。

が、

dmmでは基本的には設定が簡単で運用が楽なmiiリンク監視をどの場面でも利用しています。

miiを冗長構成できちんと構成するためにはspanningtreeなどの駆使する必要があるのですが、dmmではspanningtreeは原則使っていないので、
ポート障害を防ぐためのスイッチ間リンクの二重化で耐障害性を高めるなどの措置をとっています。

なるべく状況が把握しやすく確実にコントロールが可能なコントローラブル設計が基本となります。

どうしても落としたくないサービスは別の構成を考えますが、
現在はそんな場合でもスイッチドファブリック技術(vcs fabricpath,qfabric,vena)を投入し冗長性を保ちます。

意識せずともmiiリンク監視が標準となる日が近くなっています。

arp監視:無駄なパケットがブロードキャストドメイン内に流れます。mii監視より切り替わりに時間がかかる。arpの監視先のメンテナンス性が損なわれる。監視先で障害が発生すると全面的に断となる。監視先を設定しなくてはいけない。

mii監視:リンクのアップダウンだけで切り替えができるので切り替えが早い。hsrp、vrrp、nsrpなどのL3レベルの切り替えがわからない。gsrpなどのl2レベルでの切り替えもわからない。自身以外のリンクの状態がわからない。接続するスイッチでスパニングツリーもしくはファブリック技術やopenflowなどのSDNソフトウェアによる制御が冗長の条件となる。

PAGE TOP