CDN, DNS

パブリックDNSはGoogle Public DNSやNTT Americaが提供しているものが有名です。

Googleなどの提供しているDNSキャッシュサーバはプロバイダのDNSキャッシュよりもレスポンスが良い場合があるので、

こちらのDNSを設定しているユーザも多く見受けられます。

googleだと8.8.8.8と8.8.4.4となっていて非常に覚えやすく使いやすくなっています。

実は私も8.8.8.8を使用しています。

ただ、下記は留意しておいたほうがいいと思っています。

CDNの名前解決の仕組みとして

DNSキャッシュサーバのIPアドレスを元に問い合わせのあったサーバのIPアドレスを返答するようになっています。

このDNSキャッシュサーバが海外判定されてしまうと、

ユーザが接続するサーバのIPアドレスも海外のIPアドレスで返答されてしまう事になります。

googleのDNSキャッシュサーバはエニキャストアドレスで、

かつ、国内にも設置されているようですので、

基本的には国内判定となり問題となることはなさそうですが

一部のユーザから「突然遅くなったんだけど」といったような問い合わせがあった際には

このあたりを留意しておくとよいと思います。

そういえば、

2年前くらいだったかgoogleの8.8.8.8が国内に設置されるまでは通信の品質が悪いという問題が頻繁に発生していました。

日本では、いま現在はそんなこともなく順調です。

それにしても、

Google Public DNSは便利です。

自分のところのサーバのresolv.confを

[8.8.8.8][8.8.4.4]に置き換えたいくらい。

実践している方いるのでしょうかね?

 

ネットワーク, 歴史

 

第一世代(スイッチ)

インフラが東京進出した当初。

家電量販店で購入していました。

プラネックス社やバッファロー社のギガの24ポートもののスイッチを購入していました。

確か2万円くらいだったと思います。

2年くらいは家電量販店を使っていたんです。

理由はですね。

コンシューマーのスイッチのほうが壊れないという理由でした。
※ほんとなんですよ。壊れなかったんですよー

使用メーカー:バッファロー、プラネックス

第二世代(管理が可能なスイッチ)

マネジメントポート経由でリモートでの管理が可能なスイッチを選択する必要性が出てきました。

余分に在庫を持つことで保守には入らず壊れたら交換という形をとりました。

使用メーカー:アライドテレシス,dell,hp,alcatel,force10

第三世代(管理が可能で電源冗長化&ホットスワップ)

電源の故障による障害を回避するために、電源の冗長化でかつホットスワップが可能な機種を選択するようになりました。

また、このころから48ポートものやフル10Gbpsモデルも投入されていきました。

電源の交換があるため保守には入るようになりました。

使用メーカー:force10,dell

第四世代(管理が可能で電源冗長化&ホットスワップ&ファブリック)

ファブリック系スイッチの選択

すべてがファブリック系へというわけではないのですが、

サービス系の経路はファブリック系へ移行していく予定です。

保守には入っています。

使用メーカー:juniper,brocade,ibm,hp,cisco

超解釈

 

ビッグデータの活用とは、

収集する情報を分析し活用することで価値を創出することだと解釈しています。

そして、インフラにおける最大の価値とは顧客満足度だと考えています。
※クレームのない世界は結果我々エンジニアも幸せになれるという事。

だとすると、顧客満足度を向上させてこそビッグデータを活用したとみなすことができる。

そこで、この価値を創出するためにはなにをすればいいのか考えてみます。

まず、インフラにおける顧客満足度の向上とは何が考えられるでしょうか?

1.サービスの可用性の向上
2.アプリケーションの高速化
3.セキュリティの堅牢性の向上

となると考えています。

上記を向上させるためのあらゆる情報を収集分析すれば良いということになります。

どのような情報があるかは下記に示します。

1.サーバリソース情報
2.サーバログ
3.アプリケーションログ
4.アプリケーションパフォーマンスログ
5.ネットワーク関連ログ

ちなみに、

収集分析のアイデアとしては

ログをfluentdで収集hadoopもしくはmongodbなどで保存しておいて、
ログを見ながら問題のありそうなものに対して一つずつ対応していくという形。

もしくは、

fluentdでzabbixやsplunkへログを送り付けこれらのツールによって分析を実現する形

です。

私の知らない、使えるツールがあれば教えていただけると助かりります。

まだdmmでもここまではたどり着いておらず、
いろんなツールを探さなくてはいけないなと考えているところです。

akb48サービス

 

切に願います。

ウィンブルドンへ連れて行って(渡辺麻友※ピンク、向田茉夏※青、木本花音※黄)

狼とプライド(木崎ゆりあ、島崎遥香)

フィンランドミラクル(小嶋陽、古畑、菅)

マツムラブ!(かおたん)

とか、やばい。見たくてたまらんです。

非公認ブログなんで言っちゃおう「明日youtubeで配信してくれないかなあ。dmmでもいいけど。」

東京ドームはいきますよ。

 

 

co-location

東京都が都立の271施設を10月1日から東京電力から中部電力系のダイヤモンドパワーからの供給に切り替えるらしい。

これにより3億円の経費が節約できるとのこと。

このニュースにより、昨年から値上がりしている電気料金の下げ圧力に期待したい。

中電系を使うとデータセンターとしては希少価値+付加価値になるので、

データセンター側の対応としては今のうちにアンテナを広げておいて場合によっては新電力を準備しておいたほうが良いかもしれませんね。

dmmとしてもデータセンターを新規でとなると中電系からの供給であるという優先順位は高くなると思います。

外資系も東電以外を指定してきそうですし、このムーブメントは面白いかもしれません。

月曜日の中部電力の株価が気になりますね。

 

PAGE TOP