クラウド

 

比較するクラウドは6つ

idcf cloud: http://www.idcf.jp/cloud/
sakura cloud: http://cloud.sakura.ad.jp/
nifty cloud: http://cloud.nifty.com/
amazon aws: http://aws.amazon.com/jp/※1ドル100円換算、1か月を30日として計算
nttcom cloudn: http://www.ntt.com/cloudn/
g
mo apli cloud: http://cloud.gmo.jp/

自分としてはパブリッククラウド環境を選択する上で一つの指標として使う事にしようかなと考えてます。

ここでは1000円あたりの性能比でも比較します。

参考までに物理サーバの結果も載せています。

ベンチマークソフトはUnixBenchを利用。価格に関しては定価で比較しています。ボリュームやリザーブによるディスカウントについては考慮していません。
また、UnixBenchによるスコアを重要視するのではなく各社が相対的にどの位置づけになるのかだけでも確認できればと考えています。

company type core memory cpu type score 月額 価格性能比
idcf
cloud
s2 1 1G E5-2670 2.60GHz 1012 5,760 175
s4 1 2G E5-2670 2.60GHz 1035 12,240 85
m4 2 4G E5-2670 2.60GHz 1763 15,840 111
m8 2 8G E5-2670 2.60GHz 1786 22,320 80
sakura
no cloud
1 1G E5-2640 2.50GHz 1407 1,900 741
1 2G E5-2640 2.50GHz 1403 2,500 561
1 4G E5-2640 2.50GHz 1403 4,075 344
2 4G E5-2640 2.50GHz 2186 8,145 268
4 8G E5-2640 2.50GHz 3481 11,445 304
12 48G E5-2640 2.50GHz 5897 55,545 106
nifty
cloud
small 1 1G E5-2690 2.90GHz 1636 13,335 123
midium4 2 4G X5680 3.33GHz 2821 35,070 80
extra-large16 6 16G X5680  3.33GHz 5930 106,470 56
amazon
aws
m1.small 1 1.7G E5645 2.40GHz 153 11,160 14
m1.large 2 7.5G E5645 2.40GHz 649 30,168 22
m3.2xlarge 8 30G E5-2670  2.60GHz 1542 107,856 14
ntt com
cloudn
m1.small 1 2G QEMU rhel6 2GHz 1306 3,780 346
m1.midium  2  4G QEMU rhel6 2GHz  1632  7,560  216
m2.4xlarge 16 64G QEMU rhel6 2GHz 5056 87,780 58
GMO
アプリクラウド
XS 1 4G QEMU rhel6 1146 11,970 96
XS
High-CPU
2 4G QEMU rhel6 1676 17,640 95
SS 2 8G QEMU rhel6 1679 23,310 72
SS
High-CPU
4 8G QEMU rhel6 2962 33,690 88
S 16G QEMU rhel6 3063 44,100 69
M 6 30G QEMU rhel6 3519 81,900 43
L 10 60G QEMU rhel6 4362 157,500 28
XL 12 120G QEMU rhel6 4550 258,300 18
物理サーバ
localdisk @DMM
参考ベンチ
 – 32 32G E5-2450L 1.80GHz  6289  11,000 571
 XenServer
iSCSI @DMM
参考ベンチ
–  4G X5650 2.67GHz  1415   3,500 404 

パフォーマンススコアが高い順(1Core)

nifty(1600) > sakura(1400) > ncom(1306) > gmo(1146) > idcf(1000) > aws(153)

niftyが強い。awsは不得意な項目により足を引っ張ってスコアが低いのではなく全体的に低い。
※niftyは3.33GHzなので電気代が半端ないんだろうなあと想像がつきます。

1000円あたりの性能で比較してみよう。
※価格性能比=スコア/月額利用料*1000

sakura(741) > ncom(346) > idcf(175) > nifty(123) > gmo(96) > aws(14)

特筆すべきはniftyではないでしょうか、順位が3つも下がっています。
この基準だとさくらの圧勝で機能を絞ることによって別の顧客層へアプローチできるのではないかと思います。ncomも優秀

では、2Coreではどうでしょうか

nifty(2800) > sakura(2186) > idcf(1763) > gmo(1676) > ncom(1632) > aws(649)

こちらもniftyが強い。awsは1Coreの時と同じような状況です。

1000円あたりの性能も見てみましょう。

sakura(268) > ncom(216) > gmo(112) > idcf(111) > gmo(95) > nifty(80) > aws(22)

基本的にはスペックが上がるとコスパが悪化する傾向ですかね。
先ほどと同様niftyについてはsakura、nttやidcfに逆転されています。ここでもNTTは意外と優秀です。

1コアあたりの性能スコアが1400以下で良いなら、さくらのクラウドが一番コスパが高い

1600以上が必要ならniftyの一択でもいいかな。

ただ、1600以上の性能が必要な環境はあまりないような気もしますので、性能2番手でコスパ1番のsakuraが個人的には好きです。

性能のNIFTYクラウド。コスパのsakuraといったところでしょうか。

 

散布図はこちら。
これを見ると物理サーバはおいておいてsakuraとncomがバランスが良いように見えます。

clouccompare

※ 重要ポイント

最適なサイジングから価格性能比で選択

あとは信頼性、高機能、直観的なインターフェースやサポート体制などで選択するわけですが、
一部を除いて横並びのようにも思います。なのでクラウドストレージプロバイダのNirvanixのように事業停止のリスクが低い会社というのも判断基準としても良いかもしれません。

p.s.

niftyクラウドはゾーンによってCPUの型番が違うようです。

ゾーンが新しければ新しいほど新型のCPUになるようなので、気にされる方はゾーンの選択から考えたほうが良いかもしれません。

古いゾーンは将来的には価格で差別化しないと誰も使ってくれなくなる恐れがあるかも。償却が終われば圧倒的な安さで提供する業者も出てきそうですが。

 

RackTables, 運用管理

みなさん、racktablesをご存知でしょうか?

http://www.racktables.org/

racktablesとはデータセンター、ラック、サーバ資産やアドレスの管理などさまざまなインフラのリソースを管理するソフトウェアです。

デモが用意されているようですので一度試してみてはいかがでしょうか?

ラボでは、つい先日、racktablesへデータの移行がようやく完了し使い始めました。

いままでは自社開発のツールを使っていたのですが、仮想インスタンス情報の管理が苦手なシステムだったのでracktablesへの移行を決断した次第です。

IPアドレスの管理や、VLANの管理、負荷分散装置配下のリソースプールの管理なども便利で助かっています。

DMMラボでも使い始めたばかりですので試行錯誤しながらですが、

少しずつ情報を公開できたらなと思っています。

とりあえず、今回はラックの管理部分についての画像をお見せしたいと思います。

まずはラックの全体像

racktablesラック一覧

 

上記のラックをクリックすると、下記のようそれぞれのラックの機器搭載状況が確認できます。

racktablesラック単体

 

ラックの全体像を見れば空いているラックが一目瞭然で確認でき効率性が向上するのではと期待しています。

使っている電力もここで管理できるようになると面白いかなと思っていてipmi経由で現在利用している電力を取得し表示するプラグインを作成したいなと考えています。

艦これ

みなさん興味があるかどうかわかりませんが、艦これのメンテナンス明けでトラフィックがどのように集中するのか

一部サーバのMRTGグラフをお見せしたいと思います。

普段のピークを軽く越えていきます。

艦これメンテあけ

 

人数を絞って30分単位で段階的にメンテナンスを解除しているため、このようなグラフになっています。段階的じゃないと受けきれないかもしれません。

ちなみに、艦これの記事をアップした時のツチノコブログサーバのMRTGも面白かったので共有します。

httpd_process_count-week

 

メンテ明けみたい。。。

 

 

PAGE TOP