クラウド, コラム, 仮想化

はじめまして。若そうに見えて実はおっさんツチノコ、naoshizです。

今年も残すところあと少しとなりました。紅白も始まっちゃいましたね。黒柳さんテンション高いなw
というわけでぎりぎりのタイミングですが、私自身と、私の所属するXaaS部の1年をざっくり振り返ってみたいと思います。

つうかXaaS部って何するところよ?

Job Descriptionから引用しますと、

・現行基盤の運用、構築
CloudStack, vSphere を始めとする現行仮想化基盤に対する運用、構築を行います。
デプロイ、設定の自動化やドキュメントの作成等の運用改善も含みます。
・次期仮想化基盤の開発、実装
現行基盤の”次”となるシステムの開発、実装を行ないます。
要件の定義、必要な技術の調査・選定、検証から実際の環境構築まで担当して頂きます。
・仮想化に関連した技術の調査、研究
現行基盤へのフィードバックや、将来の仮想化基盤へ有用な要素技術の調査、
研究を行います。
対象範囲は、仮想化技術、オーケストレーション、運用自動化、ストレージ、
ネットワーク仮想化等、広範囲に及びます。
必要に応じて海外を含む出張による情報調査も行って頂きます。

と、こんな感じです。

当初は部としてあまり機能していませんでした。8月頃まで私とラノベの人の2名しかおらず、さらにそれぞれ他部署と兼務する形でした。

その後マネージャーに酔っ払い.jp(@r_takashima)を迎え、運用スペシャリストしろぺん先生、スーパーハカー大山くんが相次いでJoin、海を愛する頼れるSESも加わり6名のチーム編成となり、今月になって何とか体制が整いつつあります。

あとどうでもいいですが、XaaS部の挨拶は「あざーす」です。どうでもいいですね。

1~4月

仮想化基盤構築 (通称:ツチノコクラウドV(クラウドじゃないけど))

「vSphere環境100node、naoshizくんよろしくー」
ツチノコの親分から、共通の仮想化基盤構築の指示がありました。さあ困った。
それまではプロジェクト毎に、都度IAサーバを調達していました。仮想化基盤も、各自でCentOSをインストール、ローカルディスク上にvirt-installでKVM VM作成といった具合。大きな方針転換になります。

vSphereのノウハウが無いこと、少ないメンバーで確実に運用していくことを考慮して、サーバにCisco UCS、ストレージにTintriを選定。なるべくリファレンスやベストプラクティスに沿うように構築しました。

このあたりの経緯はラノベの人VIOPS10で発表しています。

5月

OpenStack Summit Vancouver & Silicon Valley視察

DSC_1728_1

初の海外出張。
当時別部署にいた@r_takashimaと若者shirokumaの3名で参加してきました。
同行した方々に迷惑をかけまくる、残念な海外デビューとなりました。その節は大変ご迷惑おかけしました。

  • 出発30分前にぎりぎり羽田到着
    いやほんと間に合ってよかった。羽田って思ってるより遠いんですねえ。。。
  • イミグレ抜けられない
    これは初心者あるある、かもしれません。おまえは具体的に何の目的でどこに行って誰と会うんだよ説明しろよ。と言われた、ような気がしましたが全く答えられず。別室行きは免れましたが、辛かった。。。
  • まさかのロストバゲージ
    Vancouver からSFO へのフライトでの話。
    Silicon Valley視察ツアーに参加するため、Vancouverを後にしSFOに向かったのですが、バゲージクレーム、待てども来ません。
    なぜか私のだけDelayedだという。。。

とまあ散々でしたが、Vancouverの美しさに感動、トラウマにならずに済みました。

6月~7月

XaaS部のお仕事と並行して、他部署のミッションクリティカルなシステムのインフラ構築を担当することになりました。
ここではNutanixを採用。やはり運用面で手がかからないことを重視しました。

8月

ツチノコクラウドVにサービスがものすごい勢いで乗り始めたため、急遽運用メンバーを増強することになりました。

この呼びかけに応じて、後にしろぺん先生がJoinしてくれることになります。

9月

VMworld 2015 US

DSC_1973_1

立て続けに2度目の海外出張。そしてまたもやらかしてしまいました。
レストランに荷物を忘れてしまったり、ホテルのカードキー落としてしまったり。その節は大変ご迷惑おかけしました。
内容については秀逸なサマリが多数ありますので割愛します。

VMwareがクラウドネイティブを強く打ち出した(Photon Platform)のがやや意外で印象に残りました。また、NSXの重要度がさらに増しているように感じました。

10月

OpenStack Summit Tokyo

我らが@r_takashima鏡割りデビュー!

11~12月

しろぺん先生中心にツチノコVのドキュメント整備、運用体制の強化に取り組みつつ、VMware Integrated OpenstackやAzurePackの検証を始めています。忘年会は@r_takashima宅にて。

来年にむけて

現行基盤の運用と改善を着実に進めることとあわせて、当社を支えるべく次世代のIaaS基盤を、引き続きフラットに模索していきます。

左隣の席では大山くんがVIO2.0+NSXを触り始めています。vMotionすげー!HAすげー!エンタープライズすげー!とかいってます。

右隣の席ではラノベの人がAzure Stackを待ち遠しそうにしています。

そんな若者に囲まれて、刺激を受けまくっております。

現行基盤の運用に軸足を置きつつ、次世代のあるべき基盤、考えていきたいと思います。

 

今年1年関わって頂いた皆様、ありがとうございました。
良いお年を!

イベント, コラム

大晦日です。
今年1年の振り返りをしましょう。
と思ったのですが、DMMはいろいろなことがありすぎて書く前から無理ゲー感半端ない感じです。
サービスも沢山増えたし、機材もどんどん増えてるし、障害もいろいろあったし、データセンターも増えてるし、組織も変わってるし、、、、

あー、去年は部内勉強会の振り返りでお茶を濁したので、今年はイベント協賛の状況でも振り返ってお茶を濁そうと思います。

とりあえずインフラチームで関わった大きめのイベントだけ列挙してみます。

JANOG35 Meeting

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog35/

1/14-16に静岡で開催されたイベントです。
スポンサー、イベントスタッフとして関わりつつ登壇もしています。
またCONBUチームと協力して会場ネットワーク構築にも関わりました。

関連エントリ:JANOG35 Meetingで登壇してきます

CROSS 2015

http://2015.cross-party.com/

1/29に横浜で開催されたイベントです。
スポンサーをさせていただきつつ、CONBUチームと協力して会場ネットワーク構築も行なっています。
アンカンファレンス枠で登壇もさせていただきました。

関連エントリ:CROSS2015にいらっしゃいませんか?

JANOG35.5 Meeting

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog35.5/

4/17に行なわれたイベントです。
配信協力をさせていただきました。

関連エントリ:1分間で生中継できるLiveShell.PROの威力j

ホワイトボックススイッチユーザ会 第一回勉強会

https://atnd.org/events/65122

5/13に行なわれたイベントです。
会場提供をさせていただきました。

関連エントリ:ホワイトボックススイッチ概要、および第一回勉強会のお知らせ

JAIPA Cloud Conference 2015

https://cloudconference.jaipa.or.jp/

5/27に行なわれたイベントです。
スポンサーをさせていただきました。

MySQL・PostgreSQLユーザグループ(MyNA・JPUG)合同DB勉強会 in 東京

https://dbstudychugoku.doorkeeper.jp/events/25804

6/26に行なわれたイベントです。
会場提供をさせていただきました。

JTF2015(July Tech Festa)

http://2015.techfesta.jp/

7/26に行なわれたイベントです。
スポンサーをさせていただきつつ、登壇もしています。

関連エントリ:JTF2015でスキルパターンを作った話をしてきました

JANOG36 Meeting

https://www.janog.gr.jp/meeting/janog36/

7/15-17に北九州で行なわれたイベントです。
スポンサー、イベントスタッフとして関わりつつ、登壇もしています。

YAPC::Asia Tokyo 2015

http://yapcasia.org/2015/

8/20-22にビッグサイトで行なわれたイベントです。
CONBUチームと協力して会場ネットワーク構築を行なっています。

関連エントリ: YAPC::Asia Tokyo2015 カンファレンス無線ホットステージ YAPC::Asia Tokyo2015の会場ネットワークをCONBUが構築しました

JANOG LT night#1

http://www.janog.gr.jp/meeting/lt-night-1/

8/27に行なわれたイベントです。
配信協力をさせていただきました。

DMM.com Labo ツチノコ杯 第4回 ICTトラブルシューティングコンテスト

http://icttoracon.net/archives/1200

8/29-30に行なわれたイベントです。
スポンサーをさせていただきました。

関連エントリ:
学生による学生のためのトラブルシューティングコンテスト
コンテスト始まりました
1日目午前の部終了
2日目
結果発表
DMM.comラボ発表資料
トラブルシューティングコンテストを支える技術〜サーバ編〜
ICTトラブルシューティングコンテストを終えましてVPN編
問題解説「Redmineの意図しない挙動の調査について」
ICTトラブルシューティングコンテストを終えまして 冗長化編
ドキュメンタリー「ICTサマーウォーズ2015」前編
ドキュメンタリー「ICTサマーウォーズ2015」後編

LL Ring Recursive

http://ll.jus.or.jp/2015/

9/5に行なわれたイベントです。
CONBUチームと協力して会場ネットワーク構築を行なっています。

PHPカンファレンス2015

http://phpcon.php.gr.jp/2015/

10/3に行なわれたイベントです。
CONBUチームと協力して会場ネットワーク構築を行なっています。

PyCon JP 2015 in Tokyo

https://pycon.jp/2015/ja/

10/9-10に行なわれたイベントです。
会場ネットワーク機材提供をさせていただきました。

JANOG US Regional Meeting

https://www.janog.gr.jp/meeting/regional-us-1/

10/23(現地時間)にアメリカで行なわれたイベントです。
登壇させていただきました。

関連エントリ: JANOG US Regional Meeting

CODE BLUE 2015

http://codeblue.jp/2015/

10/28-29に行なわれたイベントです。
会場ネットワーク機材提供をさせていただきました。

Internet Week 2015

https://internetweek.jp/

11/17-20に秋葉原で行なわれたイベントです。
スポンサー、イベントスタッフとして関わりつつ、登壇もさせていただきました。
またCONBUチームと協力して会場ネットワーク構築を行なっています。

関連エントリ: Internt Week 2015で無線LANについて話してきました&車載動画


 

以上17イベント。1ヶ月に1.5回のペースですね。
これ以外にも、ベンダーのクローズドなイベントで喋ったり、小さめの勉強会で喋ったりもしています。
また、ここに書いたのはインフラチームが関わったものだけですが、他のチームや各事業部も沢山のイベントに協賛しています。
たとえば大きなイベントではデブサミとかですね。これはシステムチームが主体となって関わっているものになります。

数年前は、DMMの中のエンジニアはまったく外に出ることはなくツチノコ扱いされていました。
(このブログの名前の由来だったりしますね)
でも、今では沢山外に出るようになり、DMMの印象も良くなってきたんじゃないかな、と思っています。
おかげさまでツチノコの中の人もだいぶ増えました。
インフラチームだけでも、今年の頭は30人ほどの人数だったのが、先日50人を超えました。
きっともっと増えるのでしょう。
というか増えないと困る状況だったりもします。
ツチノコは引き続き仲間を募集しております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

huawei, コラム, 雑感

2日目は本社見学。

ホテルからHuaweiの社用車で移動。
その社用車というのが豪華仕様なのですよ。
マイクロバスを改造して革張りのシートを2列にゆったりと設置し袖机付き。
接待用に同じような車が沢山あるとのことでした。

IMG_0836

道路を走ってる車はやっぱり多い。
片側7車線が車で埋まってのとかを見ると中国すごいわーと思うしかない。
しかも高そうな車ばかりなのよね。
コンパクトカーは中国では売れないそうですよ。

IMG_0837IMG_0842IMG_0844

高層マンションやら、ばかでかいバスターミナルやらを眺めつつ本社に到着。
本社の敷地は東京ドーム42個分。
R&Dだけで4万6000人が働いているんだとか。
すごいねえ。

IMG_0849IMG_0850

まずは地下のショールームを見学。
ここはビジョン的な展示が多いせいか残念ながら撮影禁止。

最初の展示は、Huaweiが考える2020年の携帯端末の仕様。
こんな数字が書いてありました。

  • 10Gbpsのスピード
  • 1msのレイテンシー
  • 1ミリオンコネクション/km^2

なんか現状と桁が間違ってる感がある。
(実は5G通信の要求事項とほぼ一緒です)
この仕様を実現するために技術開発をしています、とのこと。

展示を見ていくと、このビジョンのために着々と技術開発している様子が良くわかるのよね。
基地局を統合したり、大容量転送技術を開発したり、データ分析をして電波の利用状況を可視化をしてみたり、データセンターアーキテクチャを提案してみたり、端末を作ってみたり。
要素技術をちゃんと開発しつつ、それらを組み合わせて製品化してるんだなあ、という印象を持ちましたよ。

 

地下のショールームの次はエンタープライズビジネス向けのショールームを見学。
ここは今ある製品の展示が主なので撮影もOK。
写真を貼っていきますね。

入口を入ると、Welcomeボードでお出迎え。ちょっと嬉しい。

IMG_0857

1Fショールームの全体像。かなり広い。

IMG_0874

壁を埋めつくす特許。

IMG_0860

各年の売上と地域別の売上比率。中国とヨーロッパでの売上が高いらしい。アメリカ向けは少ない。

IMG_0863

170カ国以上でビジネスをしていて、R&Dの拠点は16箇所、17万人以上が働いている。

IMG_0865

64Tbpsのデータプレーンを持つスイッチ。データプレーンのボードは縦に刺す構造になっている。

IMG_0897IMG_0909

400Gのラインカード(一番右)。

IMG_0907

ミッションクリティカルサーバ、KunLun。

IMG_0918IMG_0919

データセンター間のDRデモ。
右側と左側を100kmのファイバの実物で接続していて、左側のブレーカーを落とすと自動的に右側のデータセンターでサービスが引き継がれる。

IMG_0929IMG_0956

IMG_0957IMG_0958

モジュール型データセンターのデモブース。
UPSやジェネレータ等もラックに収容されている。

IMG_0932IMG_0946

IMG_0948IMG_0951

都市治安管理向けSafe Cityデモンストレーション。

IMG_0963IMG_0965IMG_0970

水没させても大丈夫な防水LTEトランシーバ。

IMG_0975

 

これ以外にも、サーバ、ストレージ、スイッチ、ルータ、セキュリティ機器、等、沢山の製品が展示されていました。
エンタープライズのビジネスに必要なものがフルラインナップで揃っている印象ですね。

もうすでにお腹いっぱいかもしれませんが、次回は、Huawei本社でのランチ風景をお届けする予定です。

クラウド, コラム

おはようございます。ライトノベル好きのツチノコです。 転生従者の悪政改革録読みましたよね?

さてAzure Stackの足音が聞こえてきました。

Microsoft Azure をお客様のデータセンターに
Microsoft Azure Stack は、マイクロソフトのハイパースケールのパブリック クラウドで実証済みのイノベーションを、お客様のデータ センターに展開し、アプリケーション所有者の俊敏性と生産性、IT の柔軟性と管理、および企業資産の保護を提供します。

Azure Stackを使うと、Public CloudのAzureのような機能をPrivate Cloudでも実現できるらしいです。
このAzure Stack Technical Preview(POC)のHW requirementが出てました。

Technical Preview(POC)なので今後変更になる可能性がありますが、気になるのはStorage considerationsです。
・Data disk drive configuration:
 全データドライブは同じタイプ(SAS/SATA)・同じ容量でなければいけない。SASドライブの場合、single pathで接続されていなければならない(MPIO, multi-pathのサポートは提供されない)
・HBA configuration options:
 1. Simple HBA
 2. RAID HBA, Adapterはpass-through modeで構成
 3. RAID HBA, AdapterはRAID-0構成(Single Disk)
・Supported bus and media type combinations:
 - SATA HDD
 - SAS HDD
 - RAID HDD
 - RAID SSD(*)
 - SATA SSD + SATA HDD(3HDD以上)
 - SAS SSD + SAS HDD(3HDD以上)
(*) pass-through capabilityを持たないRAID controllerは、media typeを認識できない。そのようなcontrollerはHDDとSSDをUnspecifiedとするので、Azure Stack POCをデプロイできる

どこかで見たような構成だなと思ったのですが、Open Computeで公開されているMicrosoftのサーバデザインでした。
Microsoftのサーバデザインには以下のものが含まれています。
・Open CloudServer OCS Blade:
 CPUの載っている0.5U Blade。4HDD + 4SSDをサポート。
・Open Cloud Server JBOD
 HDDの載っている0.5U Blade。10HDDをサポート。
このOCS BladeとServer JBODのデザインにあっているように見えます。大規模に展開されているであろうサーバと要件があってそうとなると、期待が高まりますね。Windows Server 2016でサポートされるStorage Space Directなどと合わせてRAID装置なしでクラウドが実現できる時代が来てしまうんでしょうか。

何か面白そうなのでとりあげてみました。
また関連した話題があればお知らせします。(おそらくAzure Stackを試してみたという記事で)

ちなみに、なんでこんな記事を書いているかというと、本当はAzure Stackの前身となるAzure Packの実験環境を作って記事を書こうと思っていましたが書けなくなったからです。
記事を書くのを放置してたら、自動更新onにしてたせい?でソフトウェアのバージョンが合わなくなって?環境が駄目になりました(調査・復旧中ですorz)
みなさんちゃんと実験環境は自動更新offにしたり、snapshotとったりしましょう。

それではみなさま、よいお年をー

12/28 18:00 Supported bus and media type combinationsのところを修正しました。修正後: SAS SSD + SAS HDD(3HDD以上), 修正前: SAS SSD + SATA HDD(3HDD以上)

p.s. 怪盗レッドおもしろいですね。

huawei, コラム

前回の続きです。

さて我々の目的地の深圳はどこにあるのでしょうか?。
Google Mapの地図で確認してみましょう。

shinsen-big

中国の南、香港の裏側にあることがわかります。

今は東京から深圳への直行便がないので、深圳に行くには、香港か広州への直行便を使うのが一般的です。
地図を拡大してみましょう。

shinsen-middle

香港のほうが深圳には距離的には近いけど入国審査が2回必要、広州は入国審査が1回で済むけど距離が遠い、悩ましいところです。
今回は広州経由を選択しました。
ちなみに来年には深圳までの直行便が就航するとのことです。

中国はパスポートの残存日数が半年以上あれば特に事前手続き不要で入国できて15日間ノービザで滞在することができます。
パスポートの残存日数には注意しましょう。

日本の出発前には自動化ゲートの登録をしておくと、日本からの入出国がちょっとだけ楽になりますよ。
指紋を取られるのがなんとなく抵抗はあるのですが、登録は5分程度でできて、帰国時に並ばずに入国できるようになります。

IMG_0690

羽田から広州までは往路は5時間半、復路はジェット気流に乗るので4時間かかります。
国際線なので食事も出ますし、各座席に付いているディスプレイで映画なんかも見れるので、それなりに時間は潰せます。

着陸前には広州の街並みが空から見渡せます。
でっかいビルが立ち並んでいて大都会なんですよね。
すげーなー、というのが第一印象でした。

広州と深圳の間の距離は東京と静岡の間と同じぐらい。
広州空港から深圳のホテルまでは車で移動。
高速道路を4時間ほど走ります。

〜次回に続く

PAGE TOP