SSD, コラム, 勉強会

おはようございます。ライトノベル好きの新人ツチノコです。オー・ドロボー!は読みましたか?

さて、本題ですが火曜日に開催している部内勉強会でSSD関連の話をしました。
そのうち、SSDの最近のtopicを話した部分をご紹介します。

SSDとは

SSD(Solid State Drive)は、Flashを用いてHDDの代わりに情報を記憶する装置として知られています。
コンピュータっぽい用語を使うと「半導体素子を用いた二次記憶装置」ということになります。

一昔前は大変高価なデバイスで利用方法も限定されていましたが、今ではノートPCからエンタープライズ向けのサーバまで幅広く利用されるようになりました。

HDDと比べると、SSDの利点と欠点は以下のようなものがあります:

  • 利点
    • ランダムアクセス性能がよいこと
    • 物理的な稼働箇所がないので、静音・壊れない
  • 欠点
    • 容量単価が高価
    • Writeしていくと性能が劣化

SSD最近のtopic

SSDはここ数年で大変進歩しており、現在でも次々と新製品・新仕様が出てきています。

  • PCIe-SSD
  • NVM Express
  • M.2(NGFF)
  • SATA Express
  • mSATA
  • などなど

このうちいくつかをピックアップします。

PCIe-SSD

厳密に定義された用語ではありませんが、PCI Express(以下PCIeと表記)で接続されたSSDの総称として、PCIe-SSDという表記を使うことにしてます(少なくとも関係者間で意味が通るので・・・)。

2007年Fusion-io社が最初の製品であるioDriveを発表しました(ご参考: 当時のPress Release(pdf/web archive))。
ioDriveはPCIe Card1枚で100k IOpsという性能でした(ご参考: HDDだと数100IOps, SAS SSDだと数10kIOps)。当時の従来製品であったSAS/SATA SSDと比較して高速でしたし、FC接続されたRAID装置に匹敵する性能を安価に実現できたことから一時代を築くこととなりました。

Fusion-io社のioDriveの成功以降、Virident社・Huawai社など各社がPCIe-SSD製品を出荷しています。
すでにDMM.comのインフラにも大量に投入されており、このブログでも性能評価結果を記事にしています。

NVM Express

NVM Express(以下NVMeと表記)の前に、まずVolatile MemoryとNon-Volatile Memoryの説明をしたいと思います:

  • Volatile Memory:
    電源を切ると内容が消える記憶装置のこと。いわゆるメモリなど。
  • Non-Volatile Memory:
    電源を切っても内容が消えない記憶装置のこと。いわゆるSSDなど。

さて前述のPCIe-SSDは標準化された仕様は無く、ベンダ各社が思い思いに仕様を決定していました。結果としてドライバがOSに標準で搭載されていなかったり、ツール類がベンダ独自のものだったりといった辛い状況を生みました。

そこで、2011年にPCIe-SSDを共通ドライバで扱うためにデバイス側も共通化しようという趣旨のNVMe仕様が策定されました(ご参考: NVMeの歴史)。

NVMe仕様とは「OS/ソフトウェアがNon-Volatile Memoryを扱うための、レジスタレベルのインターフェースの仕様」です。具体的にはレジスタマップ・Read/Write Commandのフォーマット・Commandを投入するためのQueueの構造などを定義しています。

逆にNVMe仕様では、デバイスの形状(Form Factor)やコネクタの形状は定義していません。ですので、NVMeに対応しているデバイスには、後述の製品のように、PCIe Cardの製品、2.5″ Small Form Factor(SFF)の製品、M.2形状の製品があったりします。
また、実はNVMe仕様はPCIe接続されたSSDに最適化されているものの、記憶素子も規定していなかったりもします。今はNANDの製品がほとんどですが、将来的には別の素子が利用されるかもしれません。

NVMe仕様に準拠したデバイスとしては以下のような製品があります:

Intel SSD 750など、2.5″ SFFの製品は従来のSATA/SAS SSDと同じ形状に見えますが、接続はPCIeになっています。

M.2(NGFF)

M.2仕様(以前はNGFF(Next Generation Form Factor)と呼ばれていました)は小型のデバイス用の形状・コネクタの仕様です。プロトコルとしてはPCIe/SATA/USBに対応しており、NVMe対応のSSDも実現可能です。

ノートPCやIntel NUCで採用されている他、サーバでの採用例も出てきました(ご参考: HP Moonshot, Microsoft OpenCloudServer)。

前述のようにM.2はPCIe/SATA両対応ですので、購入の際にはマザーボードとSSD両方がPCIeなのかSATAなのか確認しましょう。つながらないと大変かなしいことになります。

おわりに

それぞれのtopicについてもっと詳細に語りたい気持ちはやまやまですが、まずはざっくりSSD関連のtopicを紹介させていただきました。

各社のPCIe-SSDは今NVMe対応製品がちょうど出荷され始めたころです。今後はNVMeにシフトしていくはずですので、DMM.comのインフラに投入されているPCIe-SSDも順次NVMeに置き換わっていくはずです。

他にもSSDは新製品・新仕様が出てくると思いますので、引き続き関連動向に着目していこうと思います。

 

p.s. 最近おすすめのライトノベルはご注文はうさぎですか?のKoi先生が挿絵を描いている魔法少女禁止法です

OpenStack, コラム, 小ネタ

おはようございます。ライトノベル好きの新人ツチノコです。今後もよろしくお願いします。

さて本題ですが、こちらにあるOpenStack 各Distributionの概要を表にまとめました。
(ただ、CiscoのMetaCloud買収・Red HatのeNovance買収などは反映されていないようです)

何かのお役にたてば幸いです。

ネットワーク, 小ネタ

こんにちは。最近ようやく暖房器具とお別れできたトウマツです。花粉とお花見計画が乱舞する今日このごろ、みなさま体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて、今回もまたまた新兵器の紹介で、Cerevo社LiveShell.PROを導入してみたのでレビューをします。

LIVESHELL

勉強会やカンファレンスなどのイベントにおいて、発表プログラムをネットで生中継するケースが増えています。これはイベントの開催場所が遠方であったり、予定が合わないなど参加できない人に対する「おもてなし」や、参加経験がない方に対する宣伝が目的のようです。しかし、このネットでの生中継を行うには様々な機材をセットアップしたり、細かい調整が必要なためイベントを支えるスタッフの人は「配信は大変だからやりたくないんだよね・・・」という声も少なくありません。

そこでストリーミング配信をとても簡単に、かつ安定して出来ると評判の高い製品、Cerevo社のLiveShell.PROを導入してみることにしました。

haimen
ポータブルHDDくらいの大きさである筐体には、左から、電源用USBコネクタ、有線LANポート、無線LANUSBアダプタ、おなじみRCAの赤白黄色、そしてHDMIのコネクタが搭載され、一般的な映像や音声入力に用いられる端子を備えています。また、インターネット接続方法としては有線LANか無線LANを選べるので、柔軟な配信が可能です。

それでは早速、配信までの手順を確認したいと思います。

手順1. LiveShell.PROとカメラを接続して電源をON!
配信開始

 

手順2. スマフォから制御用のWebにアクセスして「配信開始」を押す!
IPHONE

これだけです。とっても簡単。始めて使う人でも説明書を見ずに直感的に操作することが出来ると思います。

従来は汎用PCや映像キャプチャのデバイスが必要でしたが、このLiveShell.PROを用いることで、機材や配線にかかる労力が劇的に減りました。この結果として、配線接続や電源ONを含め、配信開始までに必要な時間は実測で1分以下でした。

※「電源ケーブルはどこへいった?」 というツッコミがあるかもしれませんが、LiveShell.PROは充電池を内蔵しており、1~2時間の配信であれば電源ケーブルを接続しなくても良さそうです。このため、万が一の電源断時や電源が取れない場所での生中継に対応できます。

 

さて、こんなに便利な道具はすぐに使いたくなるのが人情というもの。ちょうど、JANOG35.5 Interim Meetingというカンファレンスが2015年4月17日に開催されます。JANOG35.5 Interim Meetingの活気あふれるプログラムを聞きに行くついでに生中継もしようというノリで、DMM.comラボはJANOG35.5 Interim Meetingの活気あふれる発表プログラムのストリーミング配信に協力することになりました。
残念ながら参加できない方は、LiveShell.PROによる中継でJANOG35.5 Interim Meetingの興味深く楽しい発表を聴講していただければ幸いです。

JANOG35.5 Interim Meeting 開催概要はコチラです。

PAGE TOP