IPv6, 勉強会, 雑感

1年ほど前、イケてないIPv6とどう付き合うか、という社内勉強会で、

  • レイヤを交換するとプログラムの挙動が変わるのはイケてない
  • IPv6は難しすぎてイケてない
  • 今すぐ対応する必要はないけど必要になったときのために勉強しときましょう

というような話をしたのですが、状況が変わってきたので、またIPv6の社内勉強会をやりました。

最近の状況をざっくり言うと以下のような感じでしょうか。

  • AppleがNAT64/DNS64環境でアプリを動作させることを要求してきた。
  • Google、Facebook、Apple等のハイパージャイアントがIPv6を強力に推進してきている。
  • IPv6を使ったインターネットの方向性についても共通見解が見えてきた。

IPv6は沢山の人の思い、時間、お金を費して、どんどんカオスになっていた感があるのですが、ハイパージャイアントという潤沢な資金力によって整理されようとしている、という現状はなんだか面白いなあ、とは思います。

コンテンツ事業者としては、その流れを見極めつつ、進む方向を考えなければいけないと思っています。

参考資料

スライド中のURLを書き出しておきます↓

DMM.comラボからの発信

ツチノコブログ イケてないIPv6とどう付き合うか
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=1662
IPv6について喋って、と無茶振りされた社内勉強会の資料とブログ。
エンジン形式、ジャニーズ、将棋棋士等の教養要素も加味。
レイヤを交換するだけでプログラムの挙動が変わるのは仕様がイケてないよと言ってみた。

JANOG35 Meeting – なぜ、IPv6 対応したくないのか
https://www.janog.gr.jp/meeting/janog35/program/ipv6/
上のブログを馬渡さんに補足されてJANOG35で喋った時の資料。
IPv6に関わった人々の前で、やりたくない、って言うのはかなりドキドキした。

Appleの動向

iOS Developer Library
Supporting IPv6 DNS64/NAT64 Networks
https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/documentation/NetworkingInternetWeb/Conceptual/NetworkingOverview/UnderstandingandPreparingfortheIPv6Transition/UnderstandingandPreparingfortheIPv6Transition.html
Appleによる iOS の IPv6 DNS64/NAT64 に関する説明資料。
環境の簡単な作り方についての説明もある。

海外の状況

諸外国におけるIPv6対応の状況
http://www.soumu.go.jp/main_content/000368565.pdf
総務省の資料。
これを見ると徐々にIPv6対応が進んでいるのがわかる。
原状はまだ比率としては多くないが、今後も増えていくのは見えてきた。
Google、Facebook、等のハイパージャイアントが積極的にIPv6対応を進めている。

GoogleによるIPv6の統計情報
https://www.google.com/intl/ja/ipv6/statistics.html
これを見ても原状はまだ比率としては多くないが、今後も増えていくのは見えてきた感じ。

AkamaiによるIPv6の統計情報
https://www.stateoftheinternet.com/trends-visualizations-ipv6-adoption-ipv4-exhaustion-global-heat-map-network-country-growth-data.html#countries
すごく対応している国もあれば、まったく対応してない国もあるのがわかる。

総務省からの勧告関連

IPv6によるインターネット利用高度化に関する研究会第29会会合議事概要(案) 2015/9/28
http://www.soumu.go.jp/main_content/000385661.pdf
IPv6を推進したい立場の人と、コストやセキュリティのことを考慮して推進に消極的な事業者とのやりとりが厳しくせつなくて泣けてきます。
みんなそれぞれ立場があって真摯にやってるのはとてもわかる。。。。

「全スマホでIPv6接続を」 総務省が携帯3社にアドレス新企画への対応要請 2015/11/10
http://www.sankei.com/economy/news/151111/ecn1511110004-n1.html
上記の会合が決裂のような状況になったので総務省が強行手段に出た?

IETFでの標準化の動き

IETF93報告会 IPv6関連WG
https://www.isoc.jp/wiki.cgi?action=ATTACH&file=20150827_IETF93_update_05_nishizuka.pdf&page=IETF93Update
IETF94 IPv6関連ホットトピック
https://www.isoc.jp/wiki.cgi?page=PreIETF94&action=ATTACH&file=ietf94study_03_hottopic_nishizuka.pdf
西塚さんによるまとめ資料。
IETFでの標準化が混乱しつつ、まとまりつつある様子が良くわかる。
「IPv4 as a Service」が提案された。

宅内端末状況

IPv6移行の現状 – 宅内端末から見たIPv6とIPv4 –
http://www.slideshare.net/akiranakagawa3/2015-summer-seminar
JPNEの中川さんによる資料。2015年夏時点の状況がまとまっている。

CEDEC-Net 2015 での IPv6 環境の話

CEDEC-Net 2015 で IPv6 の会場ネットワークを提供してきました
http://yuyarin.hatenablog.com/entry/2015/08/31/011205

CEDEC-Net 2015 テクニカルレビュー
http://www.slideshare.net/yuyarin/cedecnet-2015
「動作しないアプリ → 艦これ」と名指しされてしまったよ。

DMMについての情報、その他

[イベント]「やまもといちろう、あの『ウワサ』のDMM会長・亀山敬司に直撃!」というイベントに参加してきた
http://itevangelist.net/blog/yamamotoichirou-dmm-kameyamakeishi-event/
DMMがどんな会社かが良くわかる面白イベント記事。
中の人が読んでも面白かった。

【堀江×亀山】ファーストペンギンは血まみれになる
https://newspicks.com/news/1256434?ref=user_9250
有料記事だけどわりと面白かった記事。
スライド中のファーストペンギンという単語はこの記事から引用。

【DMM亀山敬司講演@船井総研】第1回:「衰退業界での生き残りかたとは?」
http://dailynewsonline.jp/article/1045440/
DMMの事業に対する考え方が汲み取れる記事。
言いすぎて、会場をどん引きさせちゃったらしい。
そのうちアフリカ出張とかもありそうだよなあ。アフリカは何が美味いんだろ。

たかがレシピサイトに何故こんなに技術力が必要なのか?
http://techlife.cookpad.com/entry/2015/11/27/194316
「技術がなければ価値なんか届けられない」という、良い言葉が書いてある。

ツール, 運用管理

最近ギックリ腰(筋膜炎)で腰の大切さ、ありがたさを実感したトウマツです。こんにちは。
今回は、便利ツールを見つけましたので、みなさまに紹介したいと思います。

DMM.comラボは、DMM.comのサービスを快適にご利用いただくために、毎日のようにサーバを増設しています。

このサーバ増設には、サーバに対してIPアドレス等の初期設定をする為に、キーボード、ディスプレイ、マウスの3点セットが必要となる場合があります。
しかし、これらは大きく、重く、そしてかさばるので持ち運びに適さず、ギックリ腰の僕には苦行です。また、ディスプレイは電源を必要とするため200V供給のみのラックでは電源の確保も一苦労なのです。

というわけで、そんな悩みを解決してくれそうなツールを探してみたところ、良さげなツールを発見したので実際にどんな使い方が出来るのかを試してみました。

ノートパソコン接続KVMコンソール
http://www.startech.com/jp/Server-Management/KVM-Switches/USB-Crash-Cart-Adapter~NOTECONS02

CrashCartAdapter単体

 

実際にMacBook Pro‎とノートパソコン接続KVMコンソールを接続し、サーバをセットアップしてみるの図

CrashCartAdapter全体

 

このノートパソコン接続KVMコンソールをノートパソコンに接続して専用アプリケーションを起動すると、ノートパソコンのキーボードとマウスの入力信号をサーバにそのまま転送し、サーバから出力されるビデオ出力をノートパソコンの画面上に表示します。
つまり、従来サーバの初期設定に必要であったキーボード、ディスプレイ、マウスは不要となり、ノートパソコン1台とこのノートパソコン接続KVMコンソールのみ持っていけば済むのです。

ノートパソコン接続KVMコンソールの専用アプリケーションは、Mac OS XやWindowsにはもちろん、Linuxにも対応しています。また操作画面の録画機能を搭載していたり、USB CD-ROMに見せかけてISOイメージを読み込ませたりできるなど、「現場」で必要な機能が詰まっており、DMM.comラボのサーバデータセンタチームでも評判のツールの一つです。

というわけで、今後も面白そう、便利そうなツールをどんどん紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

※こちらから購入しました@2015/12/02時点 $323.99
KVM Console to USB 2.0 Portable Laptop Crash Cart Adapter
(もちろんアフェリエイトではありません)

PAGE TOP