イベント, コラム, 数学

この記事は、数学カフェ_4次元コンテンツ出展の記録 Advent Calendar 2016 の、13日目となる記事です。
こんにちは。バーテンツチノコ(仮) の近藤です。
六本木のBARで夜な夜な、コードは書くけどカクテルは作れないバーテンダーをやっています。

私は今年、数学カフェのメンバーとして、11月5, 6日のサイエンスアゴラに出展をしてきました。
(※個人での参加であり、いかなる所属団体・DMMと関係ありません)
(※当記事は研究された事実を示すものではなく、実験中の試みになります)

こちらが展示の様子です。

何だか椅子に座ってヘッドマウントディスプレイを被っている人がいたり、
「4次元を見てみよう」というタイトルと、ポスターにたくさんの文字が書いてあったり。
ヘッドマウントディスプレイは、被ると立体が目の前に出現したりするのですが、それらだけ1人で見ても「???」ですよね。

コンテンツを展示するにあたっての口頭説明(接客)は必須です。

というわけで、本日は、「サイエンスアゴラ 出展当日の口頭説明」というテーマでブログを書きます。
実際にブースに遊びに来たようなつもりになってお付き合いいただければ幸いです。

====================

まず、「立体視」とは、どういう仕組みでしょうか。

私たちが目でものを見るときは、2次元の像しか見えないにも関わらず、目で見ているものがどんな立体なのかを知覚することが出来ます。

 

以下の像1枚だけを見ると、

赤で囲んだ面を手前と見た「立方体」か、黄色で囲んだ面を手前と見た「ちょっと歪んだ6面体」かの2通りに見えてしまいます。

これを「立方体」に見るためにはどうすれば良いでしょうか。

ものが立体に見える要因はいくつかありますが、影響が大きい要因を紹介します。


■左右の目の視差

試しに、何か物体を目の数十cm前に用意して、右目と左目を片目ずつパチパチつぶって見てみると、目の位置のズレから、同じものを見ているのに違う像が見えるはずです。

たとえばサイコロであったら、同じ場所にあってもそれぞれの目にはこんな風に違う像に見えたのではないでしょうか。

    

(※ちなみに、↑の画像で、「交差法」での立体視ができます)

私たちは、その2つの視点の差から情報を得て、頭の中で奥行きを認識します。

★ポイント: 左目と右目でそれぞれで別の角度から立体の像を見ると、脳内ではひとつの立体に見えます
では、同じように2つの目でものを見るときに。
現実に両目で見た時のように3次元上の距離の視差を作るだけではなく、4次元の方向(!)にも少しだけ視差を作ってものを見たとしたらどうなるでしょうか。

4次元な立体視(!?)が出来るのでは?

そんな仮説も入れ、今回の展示物は作成されました。

======

では、4次元の方向に傾けるというのはどういうことでしょう。

 

まずこちらの折り紙。

壁(2次元)に画鋲ではりつけてくるくると回すと。
角度が変わっていくけど、形は変わらず正方形ですね。

では同じ折り紙を、1次元上げて3次元空間上でくるくる回すとどうなるでしょうか。

正方形だった折紙が、ゆがんで台形になっていきます

(※↑の画像でも、「交差法」での立体視ができます)

 

次に1次元あげてこちらのサイコロ。

3次元上でくるくると回すと。
角度は変わっていくけど、形は変わらず立方体ですね。

では同じサイコロを、1次元あげて4次元空間上でくるくる回すとどうなるでしょうか。

折り紙のときと同じように、
立方体だったサイコロが、ゆがんで四角錐台になっていきます

(※↑の画像のように立体物が並んでいれば、「交差法」での四次元立体視が・・・出来るかも!?)

 

今回の展示物であるOculus Riftは、装着すると3次元の物体と4次元の物体が表示され、そのとき視点があたっている物体をゲームコントローラで操作してぐりぐり回転させることが出来るというものでした。

「回転」とは。先ほどサイコロをくるくる回したような3次元空間上での回転ボタンとは別に、今回は四次元の方向へ回転させるためのボタンと、左目と右目それぞれに見える物体を変化させ、四次元の立体感を出していくためのレバーを準備しました。

レバーは、NINTENDO 3DSの右についている、立体感を調節するためのレバーをご想像いただくと、わかりやすいかと思います。両目の距離を、4次元の方向に離していきます。

レバーを調節することで、従来の立体視とは違い、左目と右目にそれぞれ、「同じ形なんだけど4次元の方向にずれていく物体」が見えます。

4次元の方向にずれる時のサイコロが立方体から四角錐台になるような動きは、3次元仕様の脳をもつ私たちには直感的ではない動きですし、明らかに別の物体である「立方体」と「四角錐台」を両目ばらばらに見ることも大分気持ち悪い感じです。

ですが、その四次元方向にずれた「左目に見える物体」と「右目に見える物体」を無理やり同じ物体と思いこんで見てみることで、四次元のずれはこういうことなんだな、と認識することが出来れば・・・そんな期待を持って開発しました。

実物は、現在どこかに展示しているわけではないので見ることは出来ませんが、また発表の機会がありましたら、是非体験しに来てください。

以上、視覚から4次元を体感してみよう!といった展示での口頭説明でした。
たまたま持っていた小道具(折り紙やルービックキューブ)を使って、なるべく理解しやすく説明するよう努めました。

最後に個人の感想を書きますと、両眼の視差で四次元立体視が本当に出来るのかどうかは、いまだに半信半疑ではありますが、
VRを用いて4次元物体や3次元物体を4次元空間上で眺め続けること、自分で自由に操作することで、高次元への理解がより深まったと感じております。

素敵な企画に関わることが出来てよかったです!

ご協力いただいた方、ご来場くださった方、どうもありがとうございました!!!

JANOG, ツチノコNOC

先日、こちらのブログでもお話ししましたが、会場下見に行ってきました!
会場ネットワークを構築する上で外せないタスクである会場下見について、詳しくお話しします!

会場について

JANOG39ミーティングが開催されるのは、金沢市文化ホールです。
この会場は公共建設百選に選ばれたこともあるコンサートホールで、本会議が行われるメインホールの収容人数は約900席。

tsu75_micmotute_tp_v

上記の写真の通り、通路を挟んで建物が2つに分かれています。
今回はメイン会場のあるホール、別棟どちらも使うため下見をする箇所も多いです。

会場の外にある電柱から外部回線を引き込むために、どこを通せばいいのか?
別棟には、どうやって回線を取りまわせばいいのか?が今回の下見のポイントになります。

事前に準備すること

  • 下見に合わせて、回線業者に現地調査をお願いする

現地調査について

ご自宅に光回線を引く場合も、設備調査が必要なことがあると思います。
カンファレンス会場にネットワークを構築する際、会場に使用できる回線がない場合は、都度、回線工事を行います。
外にある電信柱から会場のどこに線が引けるかなど、実際に会場を一緒に見て目星をつける作業になります。

会場に持って行くもの

  • 会場図面
  • UTPケーブルの切れ端
  • ウォーキングメジャー
  • チェックリスト
  • カメラ

当日のチェックリスト

  • 回線の引き込みができる箇所の確認
  •  引き込んだ回線をどう配線できるか
    • ホールの舞台上への引き込み方法
    • 大集会室など各部屋への引き込み方法
    • 地下配線が可能かどうかの確認
  • 配線できるポイントの確認
  • ケーブル養生のやりかたの確認
  • 電源を取れる場所の確認
  • それぞれの長さの確認

当日会場でチェックするポイントを書き出してみました。
続いてチェックポイントについて細かく書き出してみます。

回線の引き込みができる箇所の確認

現地調査についてでも記載しましたが、もう少し補足します。

今回のツチノコNOCでは、会場に光回線を引き込みます。
会場は2棟に分かれているのですが、施設のHPを見ると地下でつながっているように見えます。

floor_3

地下で会場が繋がっている、もしくは構内配線が行える場合、会場に引き込む線は1回線ですみます。
コスト的にも、配線引き回しを考えるうえでも、1回線のほうが楽なのですが…。

現地調査の結果、今回はそれぞれの棟に回線を引き込むことになりました。
地下から通したり、構内配線を行うことは会場の構成上できないそうです。

この辺りのお話しは、回線業者さんではなく会場の担当者の方とお話ししてわかりました。

引き込んだ回線をどう配線できるか

現地調査で確認した回線引き込みのポイントから必要な場所へ、配線をどう出すかを確認します。
今回の会場では、メインホールの舞台から繋がる場所から回線を引き込みます。
廊下を経由してホールの舞台袖までどうやってUTPケーブルを配線できるか
別棟の引き込み口からギャラリー、2Fにある各部屋にどうUTPケーブルを配線できるかを確認します。

こちらは、下見後に会場見取り図に引いたUTPケーブルの配線予定図です。

%e4%bc%9a%e5%a0%b401 %e4%bc%9a%e5%a0%b402

配線できるポイントの確認

配線経路上にあるドアや階段などの障害物にどうやって配線できるかを確認します。
当日使用する予定のケーブルの切れ端を持参し、ケーブルを引いた状態で、ドアの開け閉めが可能かを確認します。

img_4886 img_4874

ドア下を通せない場合、回避手段があるかも合わせて確認しておくとよいです!
今回の会場は、写真の通りドアの隙間を通すことができました。

ケーブル養生のやり方の確認

会場内にきれいにケーブルを配線してもむき出しのままでは足を引っかけて抜いてしまう恐れがあります。
そのため、這わせたケーブルは養生しましょう。

養生にはいくつかやり方があるのですが、会場によっては床に養生テープNG!!という会場もあります。
養生テープを床に貼っていいか、否かについて確認しておきましょう。

今回の会場では養生テープOK、壁に養生テープはNGという回答をいただいたので、盛り込んで計画を立てます。

電源を取れる場所の確認

ホールや各部屋に置くWi-FiのAP(アクセスポイント)はPoE(Power over Ethernet)で給電されます。
PoE給電とは、イーサネットケーブルを用いて給電する技術ですが、電源供給元のスイッチにはコンセントで給電する必要があります。

そのため、電源コンセントの位置を確認する必要があります。

それぞれの長さの確認

なぜ、長さを図る必要があると思いますか?
会場ネットワークの構築では、会場の開催時間までに準備を終わらせる必要があります。
長めのケーブルを準備して、当日に長さを合わせて養生して…なんてことをしていたらカンファレンスが始まってしまいます。

前もって適切な長さのケーブルを準備するためにも、会場を隅々まで採寸しておく必要があります。
採寸時に必要なアイテムが「ウォーキングメジャー」です!

img_4889 img_4890

コロコロ転がすと長さが測れてとっても便利です!

下見が終わったらやること

  • 人海戦術で手分けをして色々な場所を確認しているので、情報はきちっとまとめましょう!
    • 撮った写真をまとめてUPして情報共有
    • 下見チェックリストに沿って、確認結果を埋めましょう!
  • 漏れチェック
    • 会場下見に参加してない人から見て、分からないところがないかを確認しましょう

下見の情報をもとに、いよいよ構成を決め、必要な機材・消耗品を洗い出していく作業が始まります。
このあたりのお話も少しずつブログにUPしていきますので、お楽しみに!

下見の後は

チャンピオンカレー(通称チャンカレ)で、金沢カレーを食べました。
金沢カレーのあれやこれや話も聞けておもしろ・おいしかったです!

slack-for-ios-upload-4

JANOG, ツチノコNOC

こんにちは(/・ω・)/

hayatanです。

普段はスマホアプリ作ってるツチノコです。

ちょっと前の話になってしまいましたが、
先日、JANOG39のNOCチームで会場下見に行ってきました。(11月15日の出来事です)

場所は金沢市文化ホール

dsc_0484

逆ピラミッドが特徴的な建物です。
(なんか似たようなのどっかで見たことある気がするけど・・・笑)

 

img_4786

中はこんな感じ

今回の下見の目的は設計を踏まえ、
どうやって回線を引くのか、どのくらいのケーブルが必要なのか、何処に機材を置けそうか・・・などなど
を実際に見て必要なデータや写真を集めることです(たぶん!)。

 

ネットワークど素人の私は会場の測距を担当させて頂きました!
ケーブルの長さなどを出すために、会場の至る所の距離を測る必要があるそうな。

img_4890

これ、はじめて触りました!!

基本的な使い方を教えてもらい、あとはひたすら
歩く・・・歩く・・・歩く・・・

普段は席に座っての仕事なので、久々に身体を動かすお仕事をして、とても新鮮でした。

dsc_0485

肉体労働後のご飯はとてもおいしかったです!

DNS, wifi, イベント

Internet Week 2016に参加してます!

15171040_236303366783504_4489887932392932020_n

インターネットの技術者たちが集まり、最新技術から基礎の話しを持ち寄って喧々諤々するイベントです。
DMM.comラボもインターネットを通じてサービスを提供していることもあり、チームメンバーも興味あるセッションを聞いたり、弊社で使用しているネットワークについてお話しをさせていただきました。

・Wi-Fi”再”入門 見えない電波を知識で見抜く~社会的課題も交えて~
登壇者:熊谷暁

slack-for-ios-upload-1slack-for-ios-upload-2

会場は、ほぼ満員!!
電波を光にたとえWi-Fiの基礎知識から、細かいプロトコルの話、本当は怖いWi-Fiセキュリティ知識について話をしてきました。
とてもボリューミーな内容で、話しきれない!といった様子が印象的でした。
登壇後も参加者さんから質問が飛び交い、盛り上がったセッションでした。

・ネットワーク機器の本当のスペックを見抜く
・DNS DAY
登壇者:高嶋 隆一

slack-for-ios-upload-3

こちらもほぼ満席!
弊社のDNS構成について、お話をさせていただきました。
掴みはもちろん、艦これの秋イベントについて。
会場から笑いが沸き、弊社コンテンツの知名度の高さに驚きました。
セッションは、昨今のセキュリティ問題や、オリンピックなども話題に上がり盛り上がりました。

今回は有料セッションということで、発表資料をすぐに公開することができないのが残念ですが、公開可能になった際は、こちらのブログでお知らせさせていただきます。

また、DMM.comラボでは協賛ブースも出しております。
15284053_236303373450170_116789358700428722_n

会場にいらした際には、お立ち寄りください!

JANOG, ツチノコNOC

こんにちは!
学生ツチノコのsaiです。

今回、JANOG39に向けてのラックマウント大会(以下、体験会)がDMM.comラボにて開催されました!

※ラックマウント大会と称されていますが、正しいラックマウント方法を体験したり、NOC同士の親睦を深めるイベントです。

 

また、皆さん御存知かとは思いますが、改めてJANOG39についてご紹介します。

JANOG39とは

JANOGミーティングは、日本中のネットワークオペレータが一堂に集い、活発に情報交換と議論を行うことを目的と しています。
今回39回目を迎えたJANOGミーティングを開催するにあたり、私たちは『見つける、そして動きだす』というテーマ を掲げました。
参考 : https://www.janog.gr.jp/meeting/janog39/

 

まず、体験会ではケガのないように軍手の装着を推奨しています。

ラックマウントの際、いつの間にか切れてる!なんて事もあるそうなので、作業をする際は注意が必要です。
↓ 軍手集合写真

軍手集合写真

 

 

その後、本作業を行う前には、使用するサーバ内部の鑑賞会も開かれました。

鑑賞会

第一印象は「メモリの数やばい!」でしたが

まじまじと色んなところを見てみると、カバーの背面に取り外し説明書がついていたりと親切な設計になっています。

また、パーツはがっちり固定され取りずらいイメージだったのですが、思いのほか取り外ししやすかったのも印象的でした!

 

さて、この後はお楽しみの本作業です。

二人一組でレールを取り付け、サーバを取り付け、最後に裏をナットとネジで止め・・・まるでプラモデルを作る少年になったかのように夢中になっていました。

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e5%a4%a7%e4%bc%9a1-2 %e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e5%a4%a7%e4%bc%9a2-2

そして、どの作業でも
「装着する前はレールを一回引く」
「レールは折れやすいから蹴らないように気をつける」
など、今後のラックマウント作業に役立つアドバイスを頂けたのでどこかのイベントでも活かしていこうかなと思っています。

 

皆さんも何かのイベントでラックマウントをする機会があれば、超楽しいので是非やってみてください!
(配線もオススメです!!)

 

PAGE TOP