HTTP ステータスコード 5xx

HTTPステータスコード(5xx)についての超解釈です。

5xxはサーバ事由のエラーによるものでオリジンサーバもしくはプロクシサーバから返されますが、自分に分りやすいように一番問題になりそうな部分だけフォーカスして表にしています。

その中でも500/502/503/504はよく目にすると思いますので、そのあたりに注目しておけばよいと思います。

ステータス番号 説明 調査箇所 返答元サーバ
500 プログラムエラー オリジンサーバのプログラム オリジン
501 クライアントからのリクエストメソッド要求に対応していない場合 クライアントやオリジンサーバのリクエスト仕様の確認 オリジン
502 オリジンサーバからの正常な返答がなかった。4xx、5xxなど オリジンサーバとそこまでの経路 プロクシ
503 ごめん、ちょっと今無理。負荷が高いの オリジンサーバの負荷 オリジン
504 オリジンサーバからレスポンスがなかった オリジンサーバとそこまでの経路 プロクシ
505 クライアントが指定するHTTPプロトコルバージョンをオリジンサーバがサポートしていない 適切なHTTPプロトコルの選定 オリジン
506 コンテントネゴシエーション関連のエラー オリジンサーバのネゴシエーション関連の設定 オリジン
507 WebDAVサーバの容量不足 サーバの容量 オリジン
508 WebDAVでの無限ループ WebDAV設定 オリジン
509 帯域超過 オリジンサーバの設定と帯域 オリジン
510 クライアント側からのリクエストメソッド(Man)の不備 クライアント側の設定 オリジン
511  WiFiスポットにおける認証が行われていない場合。プロクシサーバがインターセプトしてステータスコード511を返答している。  クライアントのWiFiなどの認証 プロクシ

PAGE TOP