ping! pong! pang!

pingでsearchをかけるといろいろと出てくるpingライクなコマンド

みんなどんな役割を持っているんだろうか。

いわずと知れたpingのように各プロトコルで応答の確認を行うコマンドであり、

fping,httpingなど監視ツールと組み合わせて利用されることも多いんだと思いますが、

普段使いできそうなコマンドはあるのでしょうか。

さっそく、調べてみました。

fping:
複数のipにping
ioping:
簡易的なディスクレイテンシーモニタリング
omping:
マルチキャストとユニキャストで応答確認
hping:
icmp,udp,tcpなどいろんなパケットを生成し応答確認
arping:
イーサネットレベルの応答確認
2ping:
特定の2ホストでどちら側のホストに問題があるのか確認できる。
httping:
httpレスポンス詳細が確認できる。

結果、下記の三つのコマンドは覚えておいても損はないかなと思いました。

一つずつ確認していきます。

  1. httpingはウェブサーバで遅延しているときにどの部分で遅延が発生しているのかが確認できる。
  2. arpingはipバッティングがないかどうかの確認ができる
  3. iopingは実運用下の中でディスクのレイテンシーの悪化状況を確認できる。

1.httping

名前解決が完了するまでの時間
+サーバへ接続するまでの時間
+リクエストがサーバに受け付けられるまでの時間
+サーバが最初のデータをスタートするまでの時間
+データの転送が完了しコネクションがクローズされるまでの時間
=合計

がわかります。

これでどこの部分で遅延が発生しているのかが具体的にわかるようになります。

2.arping

このようにIPのconflictの確認が可能です。

このコマンドを運用に組み込んでIPバッティングを防いだりできます。


3.ioping

このように実稼働環境においてレイテンシーの変化を確認し増強のタイミングを見極めることができます。

ちなみに、pong2というOpenGLを利用した3Dゲームがあります。

3Dのピンポンゲームです。aptでサクっと入ります。画面はこんな感じ^^

pong2


PAGE TOP