イケてないIPv6とどう付き合うか

社内勉強会でIPv6について説明。

 

そもそもIPv6がイケてないなあ、ってところは以下なのよね。

  • インターネット・プロトコル・スイートがそもそもいけてない。IP層が交換可能になるように作られていない。
  • IPv6で解決したかった問題は他の手段で解決済み。空振りな感じ。
  • IPv4と互換性がないので、まったく別の新しいネットワークを作らなきゃいけない。
  • 新しいネットワークでは今までのやり方が使えないことがある。

IPv4からIPv6に移行させたい、というのであれば、IPの上に別のレイヤーをちゃんと定義して、IP層を交換可能な形に実装してやれば良い気がするんだよね。

そういうアイディアもスライド中にちょっと書いてみた。(19ページ目)

こういうのはIETFとかで議論されてたりしないのかしら?


(追記)

我々がIPv6をまったくやってない、ってことはなくて、パブリックミラーサーバはIPv6も喋ってます。まだそんなにトラフィックは出ていませんが、序々に増えてきてはいるようです。

関連記事↓

パブリックサーバ


PAGE TOP