Internet Week 2015 で無線 LAN について話してきました&車載動画

11/17〜19に行われた Internet Week 2015 にて「失敗から学ぶWi-Fi構築」というテーマで講演させていただきました。Wi-Fi で陥りがちなアンチパターンと、それがなぜ失敗してしまうのか、どうしたら改善できるのかというテーマのプログラムでした。

無線LANに限らず、トラブルシューティングでは「なんか変だぞ?」という直感が、理屈よりも先に働くことがあるかと思います。これは経験や、どういう仕組みで動いているかを知ることによって、なんとなく変だなという直感として意識に上がってくるようになるのではないかと思っています。

電波は見えないし聞こえないけど、それがどういったものかをなんとなく知ることで、無線独特の特性、電波の飛び方や干渉の起こり方をなんとなくでも想像できるようになればと思い、このプログラムでお話しました。資料はのちほど Internet Week 2015 のページに掲載される予定です。

オフィス街と郊外を測定しながら走ってみた動画

プログラムの最後に紹介しました車載動画です。都内繁華街で電波が非常に混み合っているエリアから、電波がクリーンなお台場まで、簡易測定器を積んだ車で移動しながら撮影してみました。

測定器には metageek Wi-Spy を利用しました。この測定器は つながらない無線LAN!?(2/3) 調査編 で紹介したものです。

waterfall_wifi
この画面(Chanalyzer4)は、左右が周波数 (無線LANのチャネル表示)です。上下に分かれていますが、上は現在の電波強度、下はその履歴です(記録したものがだんだん下に動いていくのでウォーターフォールグラフなどとも呼びます)。

このケースでは 1, 6, 11 ch でいわゆる Wi-Fi が利用されているように見えます。それぞれのチャネルの真ん中が凹んでいますが、これが IEEE802.11a/g の特徴です。

Wi-Fi で利用されている変調方式 OFDM は、ひとつの通信を複数のサブキャリアと呼ばれる電波に分割して伝送します。802.11g (20MHz幅) であれば52本のサブキャリアに分割し、ひとつの通信となっています。この真ん中の部分は実装上の都合で通信に利用するのが難しいため、使われていません。このため、中心に凹みが観察されます。

秋葉原から出発し、お台場の暁埠頭まで移動しました。これは2.4GHz帯を観測しています。

  • 無線LANではないと思われる電波がかなり多い(意外)
  • 無線LANだけを拾うアプリ(inSSIDer, WiFi Analyzer等のアプリ)だけでは状況を正しく判断できそうにない
  • 繁華街ではほんの少し移動しただけで状況が大きく変わり、この辺はこういう状況である、等といったことは言いにくい

waterfall2

移動した約50分間のウォーターフォールを一枚に圧縮してみました。繁華街を離れ、海に近づくに従って電波の密度が下がっていき、バンド全体がクリーンになっていくのがわかると思います。

とはいえ、海の倉庫街(特に税関のある辺り)から広域にわたって何だかわからない電波が出ていたりもしましたので、やはり実際に測定してみないとわからない、かつ、この瞬間ではこういう電波状況だったが今後どうなるかもわかりません。突然トラブったりすることもあり得ます。

今度、電波がクリーンそうな熊野に行ってきたいと思います(フレッツが来ていない限界集落)。測定したら面白そうな場所があったらぜひ教えてください! 


PAGE TOP