cloudpack杯第5回ICTトラブルシューティングコンテスト参加チーム紹介

お久しぶりです。ICTトラブルシューティング(以後トラコン)実行委員会の伊勢幸一です。このツチノコブログでも様々なブロガーによって何度か紹介されているので、ご存じの読者も多いと思いますが、学生による、学生のためのインフラ技術コンテストであるトラコンの第5回目が、来る2016年2月27日、28日に六本木ミッドタウン、シスコシステムズ合同会社にて開催されます。トラコンに関する過去のツチノコエントリーは以下をご参照ください。

ツチノコブログICTSCエントリ集

 

それでは「cloudpack杯 第5回ICTトラブルシューティングコンテスト」の参加チームをご紹介しましょう!

banar0-860x225

エントリーNO. 1 チーム「MOTHER4」 ECCコンピュータ専門学校

大阪市梅田にあるECCコンピュータ専門学校は第1回、第2回、第3回のトラコン出場実績があります。前回の第4回にもエントリーしていただいたのですが、残念ながら事前選考審査に洩れてしまい、出場がかないませんでした。ごめんなさい。今回は参加募集開始直後、真っ先にエントリーをしてきていただき、無事に事前選考審査を通過して再び出場していただくことになりました。前回参加できなかった無念を晴らしてください。

 

エントリーNO.2 チーム「WCDI」 日本工学院八王子専門学校

前回のチャンピオン校で関係者の記憶にも新しいチームです。今回はメンバーが一部入れ替わっているとはいえ、まぎれもなくディフェンディングチャンピオンとして、他チームの挑戦を受ける立場にあります。日本工学院八王子専門学校も第2回から参加し、続く第3回、第4回は同じチーム「WCDI」として参加しています。サーバ、ネットワーク、アプリケーションとバランスの良いチーム構成を特徴とし、今回も優勝めざして連覇を目指すと血気盛んです。

DSC_8560

エントリーNO.3 チーム「RabbitHouse」 東京電機大学

今回初出場のチームです。メンバー全員がコンピュータ大好き人間で、いままでコンピュータ技術に対し全力で取り組んできたとの事です。今回はもっとたのしい事、面白い事を知るために本コンテストにエントリしてきました。ちなみに東京電機大学は、調布にある電気通信大学、大阪電気通信大学それぞれと全く関係は無いそうです。

 

エントリーNO.4 チーム「FJB技術部」 船橋情報ビジネス専門学校

第2回に初出場。そして前回の第4回でも出場している千葉県にある専門学校です。今までチームメンバーは各回毎に入れ替わっていましたが、今回のメンバーの中の2名は前回コンテストにも参加したトラコン経験者、前回の結果は不本意に終わってしまったので、今回は納得できる結果を出したいとの事です。「結果を出す」。大事ですね。私も見習わなければなりません・・・

 

エントリーNO.5 チーム「WAN PUNK MAN’s」 東北電子専門学校

第2回に初出場、以後メンバーを変えながら第3回、第4回と連続出場している宮城県仙台市のチームです。リーダの門脇君は前回もリーダを務め、また東北電子専門学校の学内ネットワーク技術コンテストであるN-1の第2回大会実行委員長でもあります。N-1は第2回のトラコンに出場した同校のメンバが「こういうコンテストを学内でもやりたい!」と自分達で企画し学校の先生等にプレゼンテーションをして実現しました。同校のネットワークセキュリティ科の1年生を対象とし、2年生が問題作成と運営を行う競技です。第2回目のN-1は先日2016年2月13日に開催されました。学内でも学生が企画運営し学生が参加するというコンテストイベントが増えるといいですね。

DSC_0717 DSC_0720

エントリーNO.6チーム「KanaiLab」 法政大学

今回が初出場です。チーム名から想像すると理工学部応用情報工学科金井敦教授の研究室のメンバーだと思います。トラコン初体験なのですが、優勝目指して頑張るというコメントを頂いています。実は今回のコンテストで学生運営委員として参加している伊東道明君も法政大学なのですが、本人に聞いてみたところ特に誘った訳でも無いとの事。ただ伊東君はツィッターとかでトラコン情報をつぶやいていたのでそれを見て参加する事にしたのかも?おそるべしSNS。

 

エントリーNO.7チーム「麻生情報ビジネス専門学校 CN科」 麻生情報ビジネス専門学校

第1回に初出場、そしてしばらくお休みし一年ぶりに前回の第4回に出場し、今回は2回連続出場です。今回のトラコン運営委員をしている何力平(カ リキヘイ)君は前回の参加メンバーの一人です。麻生情報ビジネス専門学校には北九州校と福岡校がありますが、今回の出場メンバーは福岡校の生徒だそうです。九州からの出場はこのチームだけですので頑張ってもらいたいですね。

 

エントリーNO.8チーム「mi_chan」 神奈川総合産業高校

初出場かつ本コンテスト初の高校生チームです。事前情報は全くありません。募集要項では本来このコンテストの対象は高専、専門学校、大学、大学院と記載されていたので、最初自分たちには参加資格が無いと思っていたそうですが、直接運営委員に問い合わせて高校生でも参加できると知って応募したそうです。

応募要項の対象学生に高校生を入れて無かったのは、まさか高校生が参加するとは思っていなかっただけで、もちろん高校生チームでも参加可能です。次回からの参加対象には高校生も含めますね。

 

エントリーNO.9チーム「\U1F62A」 九州工業大学大学院

前回「端末なかったので一旦解散しました」というチーム名で参加した吉浜君と神武君に新メンバー3名を加えての再挑戦です。前回は上位グループに位置してはいましたが残念ながら入賞は果たせず。今回は前回の反省を含めネットワーク問題への対策を万全にしての参加です。メンバー全員が大学院2年生であり今年度で修士過程を終了するため、本トラコンで優勝し、有終の美を飾ろうと意気揚々です。ちなみにチーム名の「\U1F62A」というのはUnicodeでいうと「sleepy face」なのですが、なんで?

端末無かった

エントリーNO.10チーム「Yakisoba」 筑波大学

本コンテストには初出場ですが、メンバー全員がセキュリティ・キャンプの卒業生であり、アルバイトとしてエンジニアをしたり、危機管理コンテストや様々なハッカソンへの参加経験があるそうです。プログラミング、サーバ、セキュリティ問題等に強さを発揮しそうな予感。またこういったCTF系のエンジニアがサーバネットワークというインフラ問題にどう取り組むのか興味深々ですね。それにしても筑波大学の学食では「焼きそば」が人気メニューなのかしら?

 

エントリーNO.11チーム「かやはらパン」 専門学校穴吹コンピュータカレッジ

メンバー全員がネットワーク大好きというこのチームの通う学校は第1回、第3回と出場し、本大会では3回目の挑戦です。四国の香川県高松市にある穴吹コンピュータカレッジは学校法人穴吹学園グループのカレッジ校です。同学園の穴吹情報公務員カレッジも第1回から第4回まで連続出場しておりますが残念ながら今回は出場していません。穴吹情報公務員カレッジは第2回の優勝チームでもあります。穴吹コンピュータカレッジと穴吹情報公務員カレッジを合わせるとこの穴吹学園だけが唯一第1回から第5回まで連続出場している事になります。皆勤賞おめでとう!

穴吹

エントリーNO.12チーム「ぷちKAIT」 神奈川工科大学

前回「Qool-five」(クールファイブと読みます)というチーム名で初出場し、今回で2回連続出場となりますが、メンバーは総入れ替えされています。というより、メンバーの所属学科はQool-fiveと同じ情報ネットワークコミュニケーション学科なのですが全くの別チームなのでしょう。ということは初出場も同然なので緊張せず普段の力を存分に発揮してもらいたいです。

 

エントリーNO.13チーム「中川パブリック」 千葉工業大学

今回初出場です。若年者ものづくり競技大会や技能五輪のITネットワークシステム部門の出場を目指し、技術修得に取り組んでいる仲間が集まってチームを編成し、本トラコンに挑戦することになったそうです。これらのものづくり競技や技能五輪は実際にサーバやネットワーク機器などをケーブルで接続し、OSをインストールしたり環境パラメータを設定してシステムを構築したりする競技で、トラコンの競技スタイルと良く似ています。初出場ですがひょっとするとトラコン競技との相性は良いのかも。

 

エントリーNO.14チーム「MWC」 早稲田大学

今回が初出場です。学部4年生と大学院2年生による混成部隊となってます。どのような背景でトラコン参加に応募してきたのか全く情報が無いので、競技当日に聞いてみたいと思います。

 

エントリーNO.15チーム「kstm」 信州大学

今回が初出場であり、大学名から長野県にある学校であることがわかります(あたりまえ)。このチームは先輩からこのトラコンの事を教えられ、そして挑戦する事になったそうです。初出場チームであり、またその先輩という方にも私は面識無いのでそれ以外の情報は全くありません。こちらも競技当日に話を聞いてみたいと思います。

 

また、今回から運営学生達がブログを始めました。

http://icttoracon.net/tech-blog/

こちらも覗いてみてください。運営学生がどのようにコンテストを構成しようとしているのかの片鱗がうかがえます。

それでは運営側も選手側も風邪などひかないように体調管理を大切に。トラコン当日に六本木ミッドタウンで会いましょう!


PAGE TOP