WAN高速化ツール

WAN高速化ツール

自分に対しての備忘録です。

APPEX NETWORKSのWAN高速化のプロダクト

アプライアンス機器とソフトウェアの両方で有償で提供されています。

net.ipv4.tcp_available_congestion_controlで設定できるcubic、bicのようなアルゴリズム。

提供されている主な製品群はこちら

LotServer:コンテンツサーバにソフトウェアをインストールし高速化

LotWAN:コンテンツサーバの前段に専用のアプライアンスを挟み込み高速化

LotClient:クライアントPCにインストールしてアップロードを高速化

アプライアンスは提案のあった販社様より借りて評価するとして、

今回はLotServerを検証してみます。

LotServerはWindowsでもLinuxでも対応しているので小回りの利く使い方ができそうです。

では、早速試してみます。

まずはFreeTrialを申し込みます。

メアドと電話番号とパスワードの登録が必要です。

登録するとメールが届きますのでそこに記載されているURLへ飛んでアクティベーション化します。

次にLotServerをダウンロード

注意点

lotServerを起動するスクリプトにてtso gso gro lro sgがoffにされます。

ただ、私の環境ではlroをoffにしようとするとエラーになりlotServerが起動しませんでした。

bnx2xのnicではこれをオフするために下記の設定が必要でした。

こちらの設定でlroはoffとなります。

とりあえず、インストールはこれだけですので早速試してみます。

■zetatcpをON 米国バージニア州のec2環境より東京にあるサーバから1.2GBのファイルをダウンロード

15.0MB/sでした。

■zetatcpをOFF 米国バージニア州のec2環境より東京にあるサーバから1.2GBのファイルをダウンロード

こちらは4.65MB/s。ONの時の三分の一程度の速度でした。

ちなみに

ローカル同志でも高速化するのかも試してみました。

■zetatcpをON 隣接サーバから1.2GBのファイルをダウンロード

370M/sでした。

■zetatcpをOFF 隣接サーバから1.2GBのファイルをダウンロード

459M/sでした。逆にONのほうが遅い。

隣接なら輻輳等の制御などしなくていいので逆にないほうが高速ということでしょうかね。

検証結果から

世によくあるWAN高速化の製品とあまり変わらいように思います。

ただ、終端ノード側で設置、もしくはインストールするだけでも効果があるので、

金額や用途によっては検討できるかもしれません。

ちなみにawsのサンパウロリージョンのec2環境からも試しています。

ON:72Mbps
OFF:56Mbps

pingの応答時間は400ms程度なのですが、回線が安定しているのか地球の裏側からでも結構早いんですよね。

ツール

Posted by Akira


PAGE TOP