cronとanacronとRHEL5系6系

cronとanacronとRHEL5系6系についてですが

結構、適当に設定し、
はまることが多々あったので自分なりに簡単に解釈してみましたのでお話しします。

anacronについては同じものではあるのですが
5系と6系で解釈を変えるとすんなりと頭に入り込んでくるようになると思います。

では、始めます。

RHEL5系

cron
特定のプログラムなどの処理を定期的に実行してくれるプログラム

anacron
サーバ停止中のためcronが実行できなかった場合にジョブを再実行させるためのcronのヘルパープログラム

定期ジョブは下記の二つのうちのいずれかで設定を行う。

■/etc/crontab
cron処理の実行スケジュールを設定する。

■/etc/cron.{hourly,daily,weekly,monthly}
スケジュールごとに指定のディレクトリでプログラムを登録する。
上記の設定だけで定期スケジュールとプログラムの設置が完了する

■/etc/cron.d
自分ではさわらない。

ヘルパーのanacronを利用したい場合はcron.dailyなどのディレクトリでプログラムを登録し、
/etc/init.d/anacronで定期的にstartしてあげる。
設定ファイルは/etc/anacrontabを読み込みます。
標準で/etc/cron.{daily,weekly,monthly}配下に登録されたプログラムがanacronで動作していなかった場合に再実行してくれます。

RHEL6系

cron
特定のプログラムなどの処理を定期的に実行してくれるプログラム

anacron
仮想環境などのゲスト環境でcron処理が特定の時間に集中しないように定期ジョブをうまいこと分散してくれるプログラム
なので、サーバが稼働し続けていなくともRHELの5系の時のanacronのように、サーバが稼働した時点でジョブを実行してくれるようになります。

■/etc/crontab
確実にcronを指定時間に動かしたい場合はこちらを利用する。

■/etc/anacrontab
実行時間は変動するが確実にcronを実行させたい場合はこちらを利用する。

■/etc/cron.{daily,weekly,monthly}
こちらのディレクトリでプログラムを登録するとanacronのほうで実行されます。
※cron.hourlyを使いたい場合はanacrontabで設定を忘れずに

■/etc/cron.d
自分ではさわらない。

5系と同じようにcronを利用したい場合はcronie-nonanacronをインストールしてcronie-anacronをremoveするといいみたい。

p.s.
タイトルは「部屋とYシャツと私」を字余りで歌いながら書き込んでました^^;

linux, 超解釈

Posted by Akira


PAGE TOP