【AWSのプロビジョンドIOPS追記】パブリッククラウドIOPS比較【ボニプラ編】

 

fioに続きbonnie++での調査を行ってみました。

キャッシュが利いていて平等ではないとの指摘もあったので別のツールでも試します。

実態にそった現実的な数字が出てきたと思います。

コマンドの例はこちらです。

bonnie++ -d /mnt -c 32 -n 256:1024:1024:16 -u root -s 16000

※1Core/2GBメモリ/増設100GB
※価格性能比は1000円あたりのiops値

パブリッククラウド RandomSeeks
(iops)
type 月額 価格性能比 awsのプロビジョンドIOPSの価格で換算すると
idcf 1068 6,048 177 14,316
sakura 6392 ssd 3,675 1739 78,204
607 標準 2,100 289 8,784
nifty 1486 40 4,200 354 19,332
1493 200A 5,250 284 19,416
8177 ssd 25,200 324 99,624
ncom 120 1,050 114 2,940
aws
672(実測) iops
500
7,500 90
3684(実測) iops
2000
25,500 144

fioのベンチとはまったく違った結果ですよね。

これだとsakuraのssdタイプがコスパ的に圧倒的でパフォーマンスも申し分ないです。

iopsは保証されているわけではないようなので一概には比較できないんだなあと思っていますがSSDならある程度は維持できると予想しています。なのでsakuraとniftyのssdはめちゃくちゃお得かもしれません。

sakuraのssdタイプは300GBまでの選択しかできないようですがお願いすればそれ以上の割り当ても可能かもしれません。ダメだったとしてもいくつかをmdで束ねることでコスパを維持したまま大容量で高パフォーマンスを享受できるのではないかと思います。ちなみにniftyのssdタイプも300GBまでの容量です。

それにしても各社さん同じような機材を使っているように思うのですが、どこで差がつくのでしょうかね?

qos?混雑具合?

awsのようにプロビジョンドIOPSのように品質保証が可能となってくれば高くても選択肢の一つとして検討できるように思います。

各社さんの見解を聞いてみたいですね。

ちにみにawsのiops保証は16KBでの書き込みで設定されています。
プロビジョンドIOPSで2000IOPSでボリュームを作成したなら、1秒間に16KBの書き込みが2000回可能。32KBなら1000回/秒。64KBなら500回/秒とのことです。

価格設定は下記の通りです。

IOPS 月額 EBSボリューム(100GB) トータル月額(円)
100 1,200 1,500 2,700
500 6,000 1,500 7,500
1000 12,000 1,500 13,500
2000 24,000 1,500 25,500

※1ドル100円換算

プロビジョンドIOPS設定をしなければ100GBで1500円/月
100iops相当のパフォーマンスとのことです。

最後に誤解がなきよう付け加えます。

いろんな指標でawsが悪い結果となっていますが、
プロビジョンドIOPSやその他機能も多く揃っており今でも増え続けています。
自分にとって必要な機能を見極めた上で価格などの比較を行っていくべきかなと思います。

特に、グローバルに展開する企業やサービスにとっては唯一無二の存在で、
その他グローバルに展開する事業者があるのは確かですが、リージョンの多さとその情報量の違いは他を圧倒しているのではないでしょうか。

うちも海外向けサービスならAWS使っちゃうかなあ。

クラウド

Posted by Akira


PAGE TOP