日経NETWORKの手作りネット構築の便利ツールで取りあげられなかったもの 〜手段が目的になってはいけない〜

あけましておめでとうございます。実は今年初のブログです。
本年もよろしくお願いします。

先日CONBUの一員として取材を受けた内容が、日経NETWORKの最新号の「ネット管理のお助けツール」という特集記事で取りあげられています。

日経NETWORK2017年3月号
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NN0203.html

我々が紹介した、手作りネット構築の便利ツール、は以下になります。

  • 譜面台
  • トランシーバーアプリ
  • 静電気で貼り付くホワイトボードシート
  • カーペット用ケーブルガード
  • マグネットフック
  • ゴムシート
  • 六輪台車
  • 隙間用LANケーブル
  • はがしやすいラベルシール
  • 360度カメラ
  • 面ファスナーテープ
  • 深めの折り畳みコンテナー
  • タグ付きのケーブルバンド
  • 外付けのNIC
  • 無線LAN調査機器

ネットワーク技術情報紙とは思えないものが並んでますね。
場違い感半端ない感じです。
でもそれぞれ便利なんですってば!!
便利そうなグッズを街で見かけたら、それどこで買ったの?、その道具の名前は何?、と遠慮せずに聞いちゃうのが情報集めのコツです。
深めの折り畳みコンテナは電車の中で釣りに行くおじさんからアイリスオーヤマで買えることを教えてもらい、スーパーマーケットの中の人に六輪台車の品名を教えてもらいました。

実際にこれらの道具が使われている様子は、CONBUがお手伝いしているイベント会場で見ることができますので、良かったら足を運んでみてくださいませ。

直近だと、DroidKaigi 2017、Elixir Conf Japan 2017 でお手伝いをさせていただきます。

DroidKaigi 2017
https://droidkaigi.github.io/2017/

Elixir Conf Japan 2017
http://www.elixirconf.jp/

 

残念ながら紙面に載ってないけど使うと楽しい道具は他にもあります。
過去のツチノコブログにも登場したモノを2つほど上げておきます。


ガフガン(GAFFGUN)

長いケーブルを一気に床養生できる凄いヤツです。

ケーブル養生の秘密兵器、GAFFGUNを使ってみた
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=1708

CONBU ライブ設営 @ YAPPC:Assia Tokyo 2015
https://www.youtube.com/watch?v=C8KR9W5JPfQ

大きめの会場で長い距離を一気に養生するときにはとても便利なんですよね。

とはいえ問題点がいくつかあるので、今回の紙面からは落選しました。

  • 使うのにちょっとコツがいる。
  • ベタっと貼られちゃうので撤収がしにくい
  • 床養生禁止の会場等もあり、使える場所を選ぶ
  • 面養生が必要なケースはそれほど多くない
  • 人が通るような場所をしっかり養生する場合にはゴムシート等の別の道具で養生するほうが良い
  • 使ってると楽しくなってきちゃって、使うことが目的になってきちゃう。

ウォーキングメジャー

コロコロ転がすと距離が測定できる道具です。

ツチノコNOC JANOG39会場下見に行ってきました
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=4877

ツチノコNOC〜会場ネットワーク構築下見編〜
http://tsuchinoko.dmmlabs.com/?p=4839

これも以下の理由で今回の紙面からは落選してしまいました。

  • 会場から提供される図面に距離がきちんと入っていることが多く測定が必要ないことが多い
  • 使ってると楽しくなってきちゃって、測定に夢中になって他の大事なことを見落としちゃうことがある。

使って楽しい道具のほうがもちろん良いのですが、楽しすぎて手段が目的化しちゃうのは良くない、ってことですねえ。
我々は使って楽しい便利な道具を引き続き募集中です。

【登壇情報】まとめて3本お知らせします♪

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall

http://www.ospn.jp/osc2016-fall/

【開催概要】

日程 11月5日(土) 10:00~18:00(展示:11:00~17:30)
11月6日(日) 10:00~17:30(展示:10:00~16:00)
会場 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
(多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)
内容 オープンソースに関する最新情報の提供
・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー – オープンソースの最新情報を提供
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
大山 裕泰
登壇日時 11月5日(土)13:00~13:45
登壇内容 マイクロサービスを支える MQ を考える
マイクロサービスアーキテクチャに見られるような、分散したシステムを有機的に結びつけ、
一つの大きなサービスを提供するシステムにおいて MessageQueue (MQ) は非常に重要な役割を果たします。
MQ は単なる各システム間のメッセージの仲介役としてだけではなく、負荷平準、可用性の向上、
スケーラビリティを担保するといった役割も同時に果たすことができます。
ただサービスの形態が異なるように、システムも様々な形態が存在し、システムの形態によって
MQ に求められる要件も異なります。例えば、冒頭で述べたような認証や決済、コンテンツサービスなど様々な
システムと連携したアプリケーションや、様々なサービスから送られるログを集計し分析する基盤、または大量の
サーバのメトリクスを集計するパフォーマンス監視基盤など、様々な形態の仕組みにおいて、それぞれ MQ に
共められる要件は異なり、それらの要件を満たす様々な MQ の実装が存在します。
本セッションでは、こうした MQ の実装の一つとして開発した NewtMQ について、
これが一体どういうものかについての紹介と、どういったユースケースで効果を発揮するかについて議論してみたいと思います。

 

 

Scality Japan SDS Day 2016 Tokyo

https://omniattend.com/seminar/scality-jp/sds-day-2016

 

【開催概要】

日程 11月22日10:30-17:30(受付開始 10:00)
会場 コングレスクエア日本橋
内容 国内・海外の事例公演多数。
SDSとオブジェクトストレージの今とこれからが1日で分かる。
主催 スキャリティ・ジャパン株式会社

【登壇情報】

登壇者 配信インフラ構築運用部
渡辺宣彦
登壇日時 11月22日(火)10:30-12:10
登壇内容 国内ユーザー企業様による成功事例講演②
弊社の動画配信で導入した事例を紹介します。

Internet Week 2016

https://internetweek.jp/

【開催概要】

日程 2016年11月29日(火)から12月2日(金)の4日間
会場 ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス
内容 インターネットの発展を推進する
インターネットに関する議論の場・交流の場を提供する
セミナー開催によるインターネット基盤技術の普及を図る
主催 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

【登壇情報】

登壇者 XaaS部
高嶋隆一
登壇日時 12月1日(木)11:10 ~ 12:00
登壇内容 ネットワーク機器の本当のスペックを見抜く
ユーザー企業における機器検証とは、

サービスに必要な機器を選定する過程で実施されるケース
それらに先立って情報収集する段階で実施されるケース
等が考えられます。

本セッションではどんなプロセスの中でどんな機器検証が必要になってくるのか、 ユースケースをまじえてお話しできればと思います。

登壇日時 12月1日(木)13:15 ~ 18:45
登壇内容 DNS DAY
コンテンツプロバイダから見た権威DNSサーバ

・想定されるユースケース
・ユースケース毎に用いられる実装
・ユースケース毎の注意点

について共有し、議論できればと思います。

登壇者 ツチノコ企画室
熊谷 暁
登壇日時 12月1日(木)13:15~15:45
登壇内容 Wi-Fi”再”入門 見えない電波を知識で見抜く~社会的課題も交えて~
Wi-Fiの基礎技術と電波の知識
Wi-Fiの応用ノウハウと最新技術トピック
Wi-Fiを取り巻く課題

最後に

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/FallとInternet Week 2016はイベントに協賛しているのでブースを出します!
ぜひ、ブースにも遊びに来てくださいね。

また、phpcon 2016では、会場ネットワークを構築するメンバーに弊社エンジニアも参加しております!
イベントに参加される皆さまは、ぜひ!会場WiFi使用してくださいね(^o^)

 

ツチノコNOCのキックオフミーティングを開催しました

こちらの記事で募集をかけさせていただいたツチノコNOC(仮)のメンバーが決まりました!
ご応募いただいた皆さまありがとうございました٩( ‘ω’ )وツチノコNOCは、来年1月のJANOG39ミーティングの会場ネットワークを構築するために、社内・社外・学生を含めて27名のメンバーで構成されたチームです。

キックオフミーティングを開催しました

先週末、キックオフミーティングが開催されました!
テレビ会議を使用して金沢や仙台からも会議に参加していただきました。

20161006_210722img_9285img_9290

ミーティングでは、JANOG39ミーティングの会場ネットワークをどんなものにしたいかを共有しました。
”すぐ動いて、すぐ壊せるやつを作りたい!” から ”OpenStackでやりたい”
など、たくさんのやりたいこと案が出てきました。

チーム分けをしました

今回は、チームを4つに分けました。
チームの役割について説明をし、自身が携わりたいチームを選んでもらいました。
サーバもネットワークもやりたい!という人は、どちらにも所属していいルールです。

役割 仕事内容
ネットワーク
  • ネットワークの物理設計、論理設計を行なう
  • アドレス管理、VLAN管理を行なう
  • ネットワーク機材の設定を行なう
WiFi
  • 機器(無線AP, スイッチ)の配置場所を決める
  • 会場内の配線図を作成する
  • ケーブルを準備する
  • WLC、AP等のWiFI機器の設定を行なう
サーバ
  • サーバ(DHCP, DNS cache, 監視など) の設計と設定と行なう
サポート
  • 外部との調整を行なう
  • 内部スケジュール調整を行なう
  • ドキュメント管理責任者
  • ツチノコNOCのPR, SNS係, 撮影係

img_9289

どのチームも満遍なく人が振り分けられていい感じ♪
なかなか「サポート」に手が挙がらなかったのはご愛敬です。

暫定リーダを決めてチーム分けは完了し、この日は解散となりました。
続きはオンライン上でチームに分けれて意見を出し合いながら、どんな構成でいくかを決めていいきます。

さいごに

普段の業務はiOSアプリの開発、社内SEといったインフラ寄りではないメンバー、学生、インフラエンジニア
とバラエティ豊かなメンバーで構成されたツチノコNOCがどんな会場ネットワークを作ってくれるのか今から楽しみです!

今後もツチノコNOCについて情報を発信していければと思っております!
どうぞ、ご期待ください。

ツチノコNOC(仮)設立に伴うメンバー募集のお知らせ

来年1月に開催されるJANOG39 ミーティングのホスト企業をDMM.comラボが務めさせていただきます!
少しずつですが、準備を進めていますよー!

さてさて、9月7日よりJANOG運営スタッフの募集が始まっていますが、本日はツチノコNOC(仮)と称した会場ネットワークを構築する部隊のメンバーを募集します!

JANOG39 ミーティングについて

名称 JANOG39ミーティング
日時 2017年1月18日(水)~20日(金)
※1月19日(木)の本会議終了後に、懇親会が開催されます。
会場 本会議:金沢市文化ホール (http://www.bunka-h.gr.jp/)
懇親会:ホテル金沢 (http://www.hotelkanazawa.co.jp/)
主催 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
ホスト 株式会社DMM.comラボ (http://labo.dmm.com/)
参加費 本会議:無料
懇親会:有料 (金額未定)

来年1月18日から3日間に亘り、日本中のネットワークオペレータが一堂に集い、情報交換や議論を行うことを目的とした会です。

JANOG39の詳細や、スタッフ・プログラム募集については下記のページをご覧ください!
https://www.janog.gr.jp/meeting/janog39/

ツチノコNOC(仮)について

ツチノコNOC(仮)は、JANOG39本会議中に使用する会場ネットワークを構築するチームです。
JANOG39 ミーティングの運営スタッフとは異なりますのでご留意ください。

求める人材像と具体的な作業内容について

求める人材像

– イベントネットワーク構築に興味がある
– 大規模WiFi環境を作ってみたい
– イベント運営の裏側が見たい

具体的な作業内容(すべてを1人で行っていただくことはありません)

– 会場下見・ネットワーク回線の手配
– ネットワーク設計・当日作業手順所作成
– 監視(設計・設定・セキュリティ含む)
– 無線AP、無線コントローラ・L2/L3スイッチ設定
– ケーブルアサイン・タグ作り

構築経験は問いません!
学生の方、面白い事をしたいエンジニアの方など大歓迎です!
なお、応募多数の場合はバランスを考慮し選考させていただく場合がございます。

大まかなスケジュールについて

9月 メンバー募集→メンバー確定
10月 キックオフミーティング、チーム分け、アイディア出し、機材手配
11月 システム設計、機材準備
12月 東京にてホットステージ、システム仮組み、動作テスト
1月 金沢にて本番環境構築
2月 クローズミーティング

応募方法

応募は、以下のフォームよりお願いいたします。
締め切り:10月3日(月)10:00まで

https://goo.gl/forms/vbA5MeDEFI35ExBa2

 

最後に

ご質問、ご要望、疑問などございましたら、お気軽にご連絡ください!
冬の金沢で一緒に会場ネットワークを構築しましょう!皆さまからのご応募お待ちしております!!

JAIPA Cloud Conference 2016 午後の部レポート

本日は、品川で行なわれている、JAIPA Cloud Conference 2016 にお邪魔しています。

JAIPA Cloud Conference 2016
https://cloudconference.jaipa.or.jp/

JAIPA Cloud Conference 2016 午前の部レポートの続きです。

 

海外におけるクラウド/ホスティング市場と今後の方向性

サンドウィッチを食べながらのランチセッション。
海外の事例等、興味深い数字、興味深い話が沢山の面白いセッションでした。
ホスティング会社の国際シェアを見ると、日本の会社は10位に入ってこない。
日本が落ちたのではなく、他が上がってきている、等々。
でも、ごめんなさい、午前の部のレポートを書いたりして、ちゃんとメモを取れなかったので、後で資料を見てもらうと良いかと思います。
とても良い資料でした。

SESSION4: Googleスケールの機械学習テクノロジー

デモの詳細については、本日公開のブログを見てくださいとのこと。

ニューラルネットワークの仕組みがわかりやすく書いてあってすごく参考になるエントリだと思います。

 

Googleではディープラーニング技術を用いて

  • RankBrain : ディープラーニングによる検索最適化
  • GooglePhoto
  • 英語版のGmailのスマートリプライ : 10%がディープラーニングがそのまま返事
  • Google翻訳

等をサービスとして提供しているとのこと。
Googleではディープラーニングはすでに枯れた技術として、60を超えるプロダクションで使われている、と。

APIも提供していて、

  • Cloud Vision API : 画像認識のためのAPI

により画像認識をしたり、まだ limited版だけど、音声認識ができたりする。

 

それ以外の機械学習については、ライブラリを公開していて、

このライブラリを使えば、機械学習システムを以下のようにわりと簡単に実装できるぞ、と。

  • TensorFlow で簡単設計 → 単体マシンで学習 → クラウドで分散学習 → 学習結果をクラウドで実運用

数理モデルを理解し実装する、という最初のハードルを低くして、分散システムを作る、という最後のハードルがなくなる、とのこと。
TensorFlowを使った例としては、以下のようなものが取り上げられてました。

  • 唐揚げロボット
  • きゅうり仕分け機
  • アイドル顔認識
  • 漢字っぽいものを自動生成

誰でも簡単に作れる、ってことは多分言い過ぎなんだろうけど、楽に実装できるようになる、ってのは本当な気がした。

機械学習で問題になるのは、計算パワーなんだけど、Googleでは自社クラウドでそこも万全とのこと。

  • データセンターのインフラは、Jupiterネットワークで、10GbE x 100k = 1 Pbps のサーバ間接続
  • 個々のノードは、Tensor Processing Unit。これはすでにプロダクションになっているもので、AlphaGoにも使われたもの。

Googleクラウド+TensorFlowで高速な学習が可能になるので、それをもっと便利に利用できるような、Cloud Machine Learning (Cloud ML)を夏以降に公開予定、とのこと。

Google すごいわー、と思わせるセッションでした。

 

セッション中に、携帯網のパケット上限に逹してしまったっぽく、通信はできてるが、デモが動かない、ってことがあったけど、やっぱり会場ネットワークはあったほうが良いんだなあ、とちょっと思った。
誰にでも簡単にイベントネットワークを作れるようにしなきゃいけないよなあ、とちょっと思った。(※CONBUな帽子モード)

 

SESSION5: AIとフィジカルシステムを支えるクラウドと法

IoTに関わる法律の話。

メモったこと↓

  • IoTは物理世界から捉えているので、サイバーフィジカルシステム(CPS)という捉え方のほうが法的にはしっくりくる。
  • IoTの法律は、法的には民法85条の有体物の問題として考えるべき。
  • 安全は、Security(CIA) と Safety の概念で考えるべき。
  • 車の場合は、今の法制度の枠組みである程度捉えることができる。
    保安基準を作り、ソフトウェアに瑕疵があればリコール対象。
  • 法律や制度は具体的な事案を積み重ねて作っていかなければいけない。
  • センサーネットワークに関してはプライバシー的な考慮も必要。
  • 権利、義務の体系に機械が入ってくることがあるのではないか?
  • 体系の決定権が移行する可能性もある。自動化された兵器とか。

JAIPAの紹介
ライトニングトーク: IoTにもの申す2016

メモ↓

  • JAIPAに入ろう、明日はモバイル部会がある、今入会して明日部会に出よう、という話でした。
  • EDAC の紹介
    http://www.edac.jp/
    最先端のテクノロジーを命を救うために活用する組織。
    今やってるのは、時間短縮。救急車が来るのは早けば早いほうが良い。搬送も早ければ早いほうが良い。
  • IoTは、ITのカンブリア大爆発。
    IoT、は、Internetと同じぐらいのインパクトがある。

 

SESSION6: 工場・製品・重要インフラの安全を守るIoTセキュリティ技術の開発に向けて

メモ↓

  • IoTシステムを構築する際には、開発指針にセキュリティを盛りこんでおく必要がある。
  • IEC62443という標準があるが、日本企業は5年遅れてるんじゃないか、と言われている。IoTで世界に打って出るのであれば準拠する必要がある。
  • 将来的には、インダストリー4.0向けのネットワークを見守るネットワークプラットフォームを提供したい。

参考URL↓

 

パネルディスカッション: もはや爆発直前 IoTビッグバン!

パネルディスカッションなのでまずは登壇者の自己紹介。その中での、佐藤さんの話が興味深かった↓

  • FPGAでMIPSぐらいなら実装できてしまう
  • FluentdをFPGAで処理することも普通にできてしまう。
  • ソフトウェアでできることがどんどんハードウェアでやる、という流れになっている。
  • Googleは実際にすべてハードウェア処理でやっている。
  • 笑顔になつくロボットを作ってみたが、300行ぐらいのPythonコードで書けてしまう。世の中になっている。
  • クラウドで学習が終わったら、学習結果を Rasberry Pi に載せて活用することもできる。

小笠原さんはABBA Labの帽子で、面白いプロダクトに出資している、という話をした中で、秋葉原のDMM.makeで見せてもらったプロトタイプがちゃんとプロダクトに成長しているのを紹介していたのが、なんか嬉しかった。

自己紹介の後はパネルセッション。
「IoTが引き起こすパラダイムシフト」というテーマで出た話は以下。

  • IoTは業界を壊す破壊力がある。
    通貨も仮想通貨にならないと対応できなくなる。
  • IoTをAIを絡めたものが簡単に作れてしまうのは驚き。
  • 最近の子供はテレビに向かってスワイプ動作をする。子供にとってはスワイプするのは普通のこと。チェンジはいきなり来る。その準備ができてきただけ。
  • 次のテーマは「IoTはぶっちゃけ儲かるのか?。単に破壊されて終わりなのか?」。
  • 小笠原さんによる2040年の予測数値が面白い。IoTは商売になりそう、という仮説もちゃんと作れている。
  • IoTは通信事業者は儲からない。なにかをやる人が儲かる。あと犯罪者も儲かるかも。
  • 医療系だと人の命が助かるようになる。最終的に儲かるかもしれないが、儲かるとは違う観点で良いこともある。
  • IoTでお金がいただけるのであれば、安全、健康、等の人に関わるところじゃないか。

次のテーマは「IoTの普及を阻害する要因は何?セキュリティって大丈夫?」。

  • 勇気がない。やったことがありません、と言って前に進んでいない。
  • デモをしていてRasberry Piが良く壊れることに遭遇する。ハードが壊れるのはソフトウェアだとなかったこと。壊れない Rasberry Pi を3000円ぐらいで日本のメーカーに作って欲しい。
  • ハードウェアは不思議なことはある。でも阻害要因じゃないかも。
  • パラダイムシフトが発生すれば、勇気がない、って言ってる人も変わらざる得ないのではないかと。
  • インターネットのときに経験したパラダイムシフトと一緒で、IoT化も気付かずにやってくるものじゃないか。
  • 失敗を許容できるのが大事。昔は失敗を繰り返して良いものができてきた。その時代を知ってる人と組めば良いのじゃないか。
  • 悪がはびこればIoTは普及する。
  • 日本だけUberが使いにくい。日本大丈夫かな、と思う。
  • ドローンを飛ばせる場所が東京にない。そんな規制をしていると発展しないまま、他の国で発展したものがやってくるだけになる。
  • 学校教育が良くない。正解を探すだけの教育だと駄目。

「IoTにはどのように取り組めばよいか?」に対する以下の回答は良かった。

  • 60年70年頃の子供の頃に見たSFをもう一度見たほうが良いんじゃないか。漫画とか読もう。

次のテーマは「2年後・5年後・10年後、IoTにはどうなってるか?」「人間はIoTで進化するのか?」

  • ロボットの支援があって便利になっていく、そういうのを前提に考えていく必要がある。
  • すでにカーナビ様の言うとおりに運転している。
  • ニューラルネットは何をやってるかわからないところが怖いといえば怖い。理由が説明ができない、デバッグができない。
  • 人間は道具と言葉を使うようになってから退化し続けてるから、それが速くなるだけじゃないか。
  • 悪いAIができると大変なので、良いAIを作って欲しい。
  • 医療がすごく進むというイメージはある。5年後には予防医療というのが大きなジャンルになってる気がする。
  • 製造業、輸送、についてはIoTを駆使されていく。寡占が進んでコスト削減が進んで一部の企業が支配するイメージ。
  • FPGAのインパクトがもっと出てくる。CPUはもう性能が上がらないんじゃないか。専用LSIがいろいろなところで使われるようになってくるはず。エッジとデータセンターの両方でハードウェア処理が同時多発的におきている。
  • 今3年目、10人ぐらいの企業が2年後に大企業になってる、というのもあると思う。人数はいないかもしれないけど売上がすごい、とか。

最後に「IoTという切り口での会場へのメッセージ」

  • いっぱい失敗して、その上にノウハウが蓄積されるので、失敗コストを引き下げていくのは絶対にやらなきゃいけない。立場で避けるのでなく、自分の立場で支援することを考えて欲しい。
  • 悪者も良い者もIoTを使うので進めるべき。資源エネルギーは2020年から減産に転じる見込み。そこの問題はお金を産むかもしれない。
  • 趣味が仕事にいつのまにか仕事になっている。趣味から始めてみてはいかがでしょう。
  • 何か起こる、と思ってるのであれば、何かアクションをしてみたほうが良いと思う。それが1年後の自分を助けてくれる。

 

いやはや、濃いセッションでした。

 

まとめ

とても内容の濃いカンファレスだったので、資料が公開されたら見ると良いと思いますよー。

さて、懇親会に行ってきます!!