DEC 21140 (tulip.c)のおもいで


注意: 読んでも時間の無駄、思い出話です。35歳未満の方はそっと閉じていただければ幸いです。

15年前 「まぁまぁ」定番のNIC

 10年、いや15年以上前の Linux。コンピュータ屋さん以外にもやっと Linux というものが認知されはじめ、流行のディストリビューションは Slackware から Red Hat Linux へ。「どうやら最近の Linux は結構ちゃんと動くらしいね」という巷での噂 …そんな頃を思い出すモノが会社の廃棄物置き場で発見され、思わず救出しました。

dec21140
DEC 21140

 もしかしてこれは DMM が東京進出した際にはじめて導入されたサーバに入っていたNICかも…?

 これは DEC の 21140 というチップが載った 100BASE-TX の NIC です。tulip というコード名のほうが通りがよいでしょうか。当時 Linux での NIC といえば、カニ(Realtek RTL8139シリーズ), 3com 3c905シリーズ、Intel PRO/100(8255x), そしてこの DEC の 2114x 系列 (tulip/de4x5) がポピュラーでした。他にもあることにはありましたが、Linux においての選択肢は多くありませんでした。

  1. Intel eepro100, 3com 3c905: 高級、ちゃんと動く
  2. DEC 21140: そんなに高価じゃない(6,000円程度と記憶) まあまあちゃんと動く
  3. RTL8139C or lator: 安価(2,000円?), やたらCPUを食う、運が悪いとNICが止まってOS再起動、カーネル刺さる
  4. それ以外: 安価、動くかわからない、カーネル刺さる

 この中で “まぁまぁ” の NIC は DEC 21140, これが定番でした。

安いNICはよくカーネルがpanicした

 安いNICはろくなことがありませんでした。CPUを食う、kernel panic で死ぬのは高負荷時とも限らず再現性が謎、速度が超遅くなる、NICの存在ごと沈黙、たまたま動いていてもカーネルをアップデートするとおかしくなるなどなど。珍しいパターンでは ネットワークに何かしら流れていないとCPUが食われてしまう(トラフィックのグラフと CPU使用率のグラフが対称っぽい形を描く)、などなど、さまざまな珍現象に見舞われました。

 FreeBSDの rl, RTL8139 ドライバのソースに「史上最低のひどいチップだ」のようなコメントが書かれていたことも話題になりました。

dec21140_2
DEC 21140 裏 (ぷらっとホーム)

 なんと、ぷらっとホームのシールが貼られています。DMM が東京進出した際のサーバがぷらっとホームの3Uのものだと聞き及んでおりますので、それに入っていた NIC でしょうか。

 tulip 互換をうたうチップはいくつか存在し(NETGEAR, ADMtek, なんかがあったような), ドライバのソースは互換チップのバグ ワークアラウンドで肥大化していた記憶があります。でも互換チップもちゃんと動かなかったような…

 この頃の PC-UNIX はメジャーな製品(≒ブランド品)しか動かず、貧乏学生のお財布には厳しかったものです。今日 2016 年 では Linux でもだいたいドライバはあるし、カーネルを巻き込んで死ぬようなものはとても少なくなりました。仮想化もあるし。何かハードウェアを買おうとする前に、Linux で動くのかどうか調べまくる人も減ったでしょう。


 ――なんて話を同年代の方々にしたら「チューリップ? そんなのあったなー」「俺は BSD だったし 21140 に特に思いdeはない」など しょっぱい反応……。そんな方々にも以下のカードはお気に召していただけたようです。

adaptec AHA-2940U2W
adaptec AHA-2940U2W

写真を撮ったあとそっと廃棄物置き場へ戻しました…。Interop 2016 でインターネットの未来を見たあと、ちょっと昔の思い出に耽っていました。
「歴史って、人類や生命全体の “おもいで” に違いないのよ」

«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)