ShowNet 2016でのBGP Flowspec活用法まとめ [Interop Tokyo 2016]


こんにちは。あきみちです。Interop Tokyo 2016取材記事第二弾です。

特定のフローに対する設定情報をBGP(Border Gateway Protocol)のNLRI(Network Layer Reachability Information)で広告できるBGP FlowspecがShowNet 2016で活用されています。

BGP FlowspecのRFCは、RFC 5575として2009年に発行されていますが、その中では、ACL(Access Control List)やファイアウォール設定を行うために使うという用途が紹介されています。

BGP Flowspecの標準化は2009年に行われていましたが、ネットワーク機器への実装が増えてきたのは、ここ2年ぐらいです。ネットワーク機器への実装が増えてきた背景のひとつとして、大規模なDDoSトラフィックへの対処への要求が増え、それを行う要素技術のひとつとしてBGP Flowspecが注目されたことがあげられます。

今年のShowNetでのBGP Flowspec活用は、以下の5種類です。

  • ACLの配布
  • IPv6対応(Rate limit、Discard、Marking)
  • NFV(サービスチェーニング)へとVRFリダイレクト
  • セキュリティオーケストレータからの動的ACL設定
  • DDoS detection装置との連携

ACLの配布は、ShowNet外部からShowNet内部に対するtelnetなどのトラフィックを遮断するなどが行われています。

BGP FlowspecのIPv6対応は、いままさにIETFで標準化が行われていますが、RFC発行に先駆けて実装が登場しているので、今年のShowNetではそれらが活用されています。

今回のShowNetでは、dcwest内にNFV関連の展示をまとめたエリアが作られています。NFVを経由してからShowNet内の出展社ブースなどに転送されるべきトラフィックに関する設定がvMXで行われ、その設定をBGPルータに対して配布するためにBGP Flowspecが使われています。

flowspec-interop-2016

セキュリティオーケストレータからの動的ACL設定、DDoS detection装置との連携に関する話は、別途記事を書きます。

今回のShowNetでは、昨年と比べてBGP Flowspecの活用方法が増えていますが、これら意外にも様々な活用手法のひろがりがありそうです。もはやBorder Gatewayではなくなりつつあるぐらい、様々なものがBGPへと突っ込まれているような気がしている今日この頃です。

«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)